カテゴリー「舞台「パレード」」の3件の投稿

2021年1月31日 (日)

パレード1月27日(水)マチネ 

水曜日行ってきました。やはり傑作ですね。打たれます。圧倒される。

素晴らしかった。やはり最高傑作だと思います。真治くんが出てるからというだけではなく演目自体が奇跡です。

そして一人の役者さんのファンになり、その舞台を観続けることの醍醐味は、真治君は教えてくれました。

 

今日の彼のソロナンバー、ビックニュース。素晴らしくて。キレキレの動きに華やかな歌声。加えて妖艶で爬虫類系のあの独特の誘うような魔力も発動。この役でその色気を感じさせてくれる事に、少し驚いてしまいました。

ミュージカル初挑戦と言われた頃の舞台も、麗しく若くそれはそれは素敵でしたが、年々確実に実力を蓄え、この総実力派の歌のうまいミュージカルスター面々の中にいて、彼独特のオーラと華を武器に魅せてくれることに感激しました。麗しいままですし。むしろ今の方が実力もあってもっともっと色んな演目で観たい役者さんです。

歌も本当に上手くなっていて。こうやってお稽古重ねたミュージカルでの歌声が特に素晴らしいのです。それはやっぱり努力の賜物。演出の素晴らしさもあるのでしょうけど。この曲は彼のナンバーの中でも大好きです。

ステージの上の彼は裏切らない。そう思った帰り道です。素晴らしい作品に出続けてほしいです。

29f315db1fff4786a5b1d6367262cc89

 

 

そして一つの演目の初演、再演を見る事の面白さも味わってます。

法廷のシーン。ドーシーの証人尋問、ジムコンリーの歌声に震えてフェイガン夫人の歌に泣いてレオの歌声に耳を澄ます。結審。

稽古場訪問の時、このシーンの稽古見せてもらえた事、今改めてその価値を知るという。圧巻のドラマですね。

骨組みの段階から見てきたんだという、これは貴重な経験だったと改めて思います。

 

加えて今回はコロナ禍。色々といつもと違う体験の末、思い入れがまたなんだか特別なものになっています。

 

そしてクレイグについて。

初演ではどこかコミカルな部分を多く感じてたというかクレイグが今回すごく大人に感じます。線が太くなったように感じました。

ピクルスのシーンとか、「奥さん」って近づくシーン。前回はちょっとトビーすら思い出させるような幼さも感じたシーンなんですけど。
なんだか違う空気が出てるように感じました。


「無実とは言わないんですね」
「あなたにはここまでよ」

あのシーンでバチバチと見つめあうクレイグとのシーンの緊迫感に水曜はぞくぞくしました。
火花が散っていた。初演では受けなかった印象です。


パンフ届いたんですけど。今回、猥雑さを抑えて、知的に演じてるとあって。

なるほどと思いました。クレイグがよりセクシーに感じたんですよね。後で「新聞記者には近づくな」っていうレオの台詞のジェラシーを初演よりもグッと感じる。これは真治クレイグの知的な色気のせいでもあるかと。明日また味わってきます。

 

 

あと今日は、トークショー配信がありました。

内容共有あまりしてはいけないようなので、詳細レポは遠慮しますが。

 

真治君、自分の出演を楽しみにしていたお客様への謝罪と、田川さんへの感謝もすごく真摯に話してました。

早く復活できるよう真治君が黙々と稽古してた事にもグッときてしまいました。

本当に厳しい世界ですね。戻ってこれて良かった。

 

明日東京ラストですね。

東京楽、MY楽、大事に観てきます。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

ミュージカルパレード2021年が始まりました!

ミュージカルパレード

観てきました。1/17、1/20、そして今日1/24
3回目観劇してきました。

演劇そしてミュージカルの傑作だと思います。

初演よりもずっと心に迫ってきました。

 

本当に素晴らしかった。

鬼気迫る熱演。素晴らしい演出。素晴らしい役者。音楽。

舞台美術。脚本。テーマ。すべてが最高傑作。

今だからこそ心に突きつけられて。

もの凄く勇気貰えました。

届けてくれたことに感謝します。

初演よりも心に刺さりました。

素人だからどう演出が変わったのかはわからないんですけど。上手く言えないんですけど。

無駄というものが一切削ぎ取られたような完璧な舞台ってあるんだなと

もはや観劇できた奇跡に感謝。

これは多くの人に観てほしい。再演こそ見てほしい。強く思いました。

私はこれをはじめて観た時、あまりに重くて圧倒されてテーマ消化しきれなくて。

理解力とか色々自分の問題点もあるのですが2回目からはまったんです。

回を重ねるごとにどんどん引き込まれて。

だから少なくとも2回以上観てほしい作品だって人にも勧めてるんですけど。

 

やはり回を重ねるごとに感動も深まる。また観たいと思われる演目ですね。

これはなかなかない作品です。私ははまりました。

 

商業娯楽ってもう呼べない。芸術とかそういう言葉でいうのも何か違うのかな。

始まる前は、今回こういう演目を上演することに危惧する気持ちもあったんです。

今世の中っって、明るい題材を欲してるのではないかとも思い正直不安だった。でも杞憂でした。

 

今だからこそ観てよかったと思います。

石丸さん掘内さん坂本さん福井さん今井さんに禅さん岡健さん安斎さんはじめ書ききれないですけど。オールスターキャスト。

歌も芝居も素晴らしくて。誰が主役でもおかしくないスターが順番に歌と芝居でとにかく重厚で実力のあるパフォーマンスに圧倒されますし。

テーマは重いけど歌のナンバー明るいんですよね。視覚も聴覚も凄く心に鮮やかな力を与えてくれる。

彼らの鬼気迫るパフォーマンスに、さらに生で観ることの価値が上がってる気もしました。

今回は急な当日の変更にも関わらず真治君の代わりに代役を務めてくださった田川景一さんも素晴らしかったです。

すでにSNSで演目の感想も上がってきてると思うのですが。正直、この初日からの2回。この演目でこのキャストじゃなかったら…真治君のいない舞台、私は耐えられなかったと思う。救われました。

 

 

だけど私はここではやはり私の推しの話を……させてくださいね。

 

 

我らが武田真治様

 

復活の公演を今日観ることができて本当に嬉しかった。

 

素晴らしいパフォーマンスでした。病み上がりとは思えない。

舞台の台詞。歌声。何もかも。やはり武田真治でなきゃ出せない役者としての魅力。

実感してきました。やはり素晴らしいエンターティナーです。

あと少し心配もしていたのですが、真治くん肌艶も良く。歌声も動きも素晴らしく。

力強いパフォーマンス。なんなら役柄のせいもあってビューティフルの時より10歳くらい若返って見えましたよ。

もちろん眉目秀麗、色気も健在。とにかく安心した〜!!!

 

あと初演よりもクレイグがうんと素敵に魅力的に板の上にいて。驚きました。

なんていうか、モテる男になってました。またおいおい語らせてください。

舞台縦横無尽にダンサブルなナンバー「ビックニュース」相変わらずカッコ良かった。

伸びやかで粋な歌声。声がイケメンなんですよね。真治君の声って。このナンバーがそれを引き立ててくれる。

改めて真治君の歌の個性。めっちゃカッコよく引き出してくれるナンバーだと。大好きですね。

キザで華のある知的な存在感。照明受けて煌めく美しい瞳!美貌健在!台詞回し、眉や目やちょっとした動きにも惹きつけられて止まない。

この舞台に欠かせない。華のあるやはり素晴らしい役者です。

 

これを観れてこそ、やっと私の初日開けました!

色々また語らせてください。

 

3回目の観劇。真治の初日ですから。今日は真治君をずっとオペラグラスで追いかけてました!

 

めっちゃキザでかっこいいイケオジ代表みたいなクレイグ役の真治君ですが。

登場は群衆の中で精一杯旗振る民衆の1人として登場するんですよね。

もう腕ちぎれそうなくらい全力で旗ふってた。その姿まず確認して胸いっぱい。涙出そうになってたら、真治君、旗振りすぎて、やっぱり棒に巻きついちゃってた。もうなんかそれ観たらもう笑っちゃって。

 

あと、カテコは今回すごく落ち着いた厳粛なカテコで。緊急事態宣言中もあるのか短く挨拶もないんですけど。

でも今日も割れんばかりの拍手でした。圧倒された人の感動の空気って波のように伝わってきますね。その心地も感動だった。

 

真治君は凄く神妙な真面目な顔をして、堀内さんの横に静かに立っていて。

いつもカテコではニコニコの真治君が、今日はすごく真面目に厳粛な顔してました。

 

 

ごめんなさいね。こんなこと最後に言っちゃっていいですか。

 

なんか病欠でしばらくぶりに学級やってきた生徒を、先生が教壇の前に立たして優しく付き添って

「今日から武田君戻ります〜」って言われてる…バツ悪そうな図に見えちゃって。

ついこの構図になんだかニタニタしちゃったんですね〜。

 

ごめんなさいね。ほんとなんてファンだ。なんてこと言うんだ^_^

心配してたんだもん。これくらい言わせてくださいね。

 

お芝居素晴らしくて。心底ほっとしたんです。嬉しかった。

 

帰って来てくれてありがとうございます!

また観に行きます!

 

E6948a6f67634328821f951b80b6c9c3

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

ミュージカル「パレ―ド」楽しみですね☆

今日はなんだか午後から日差し変わって。
まるで春風が吹いたかのよう!






春といえば




まだまだ先だけど・・・




五月の「パレード」


楽しみですね!




トニー賞受賞作

演出は森新太郎氏。
『エドワード二世』の演出で芸術選奨新人賞で賞を取られてる


気鋭の演出家さんのようですね。






新しい演目!新しい演出家さん。




どんな新しい真治君が引き出されていくのか。。


どんな風に役に息を吹き込んでいくのか・・。




板の上の真治君に会える喜びが今からふつふつと・・・。






初日・・・ドキドキしそうです・・・。


まだ三ヶ月も先なのに!


今から楽しみです!








原作が読みたいんですけど・・・まだ見つからなくて。




海外版をご覧になった方の感想とか探して読んでるんですけど


真治君の役がストーリーの中でどんな印象を残す役なのか・・・


まだ詳しくはわからないですね。。




でも初日で驚かされるのもそれもいいかも










真治君の役は新聞記者!


ブリット・クレイグ






マスコミの方側ですね。


ジャーナリスト。。。






もうそれだけで風貌とか口調とか・・・


想像してときめいているっていう。。




すでに想像の翼が開いてしまっています。






「天の箱舟」の時のフリーのジャーナリスト・・・思い出しちゃって。


不正を糾弾していく姿。カッコよかったなあ~とか。熱いジャーナリストもいいなあ~とか。






またクールな感じでもかっこいいなあ~とか。
ちょっと忍んで調査とかしちゃうの。。


エリザのカフェシーンのトート想像しちゃったりとか。






それとも昨今流行の?もっとげすい感じのジャーナリズム象徴しちゃうんでしょうか。。








ってまだどんな役どころからも・・・話知らないですから・・・。




記者ってだけで、賢そうな若きジャーナリスト。
きびきびとした姿。機知にとんだ横顔。。
妄想して、わくわくしてます(笑)

蓋開けてみたら・・・おじいさんの記者だったりして。


老獪な。。。
どうしよう~(笑)真治君の場合・・・・ないとも限らない。誰だかわかんない姿だったこともありますものね。。


役柄にあわせて・・・ほんと人相まで変わっちゃうから・・・。




まあ、なんでも楽しみにしています。






やっぱり初めての演目って楽しみもまた格別ですね。
新しい役の真治君に会えるのが楽しみです!






稽古がはじまって、また真治君のインタビューが出てくるのも楽しみです。






番宣を賑わしてくれるのもきっと。。






見出しも賑わしちゃうんですかね(笑)






ジャーナリズムに追われる真治君も?


まあまあ・・・そっちは緩い瞳で見守って。。。
きっと楽しませてくれますね♪








春が楽しみですね!






FCのチケットの当選もでましたね!

人気の演目だと特にFCありがたいですね♪




東京楽ははずしちゃってたんですけど


無事ホリプロオンラインの予約抽選でそれも当たることができました。


初日。アフタートークショー。東京楽。揃いました♪


含めて通えます!


嬉しいです♪



楽しみにしています♪




今週は真治君は何かお仕事だったんでしょうか?
インスタ更新少なかったから・・・もしかして忙しいのかな?


また映像の仕事とかしてくれてるといいな♪


って期待してたりしてます。




またラジオで今週の報告してくれると嬉しいですね♪



とりあえず分かっているところでは
真治君のお芝居が見れるのは五月!

早く五月がこないかなあ~。




いつもこの時期・・・お正月明けたあたりから春まで・・・
なんだかちょっと寂しいんですよね。




まあ…私の場合・・・妄想でいつも忙しい・・・
年中、頭の中お花畑ですけど(笑)


真治冬眠から・・・早く目を覚まさせてほしい。




板の上の迫力。


スクリーンや映像でのワクワクした気持ち。


ステージでの興奮。

全部一度にやってこい~(笑)!!!


春が待ち遠しいです。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ