カテゴリー「ドラマ ハニートラップ」の8件の投稿

2014年4月22日 (火)

俺たちの明日舞台挨拶動画とかハニートラップDVD発売とかBJ新曲にラジオ情報

たくさん情報です。

まず、俺たちの明日、初日舞台挨拶動画です。
「編集してくださいね」と言って、編集されなかった真治君がいます♪
編集されなくてよかった(笑)見直してまた嬉しくなっちゃった。なんでしょうね。かっこいいんだけど、かわいい、っていうこの感じ。う~ん・・・・もう、大好き(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=Vt3q4fefPSk&feature=youtu.be&a

そして、年末の土曜の夜にあらわれた天使なのか悪魔なのか求道者なのか。
上の動画のねぇ・・・このキュートなお方がねえ・・・演じてたとはにわかに信じ難い・・・。空恐ろしいくらいの美しい悪魔がまたみれますね。「ハニートラップ」ブルーレイ、DVD発売です。
ブルーレイ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HF12ZI2/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00HF12ZI2&linkCode=as2&tag=reinkoro-22
DVD
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=reinkoro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00HF12ZIW&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr"

そして、BJ情報。アルバム「ULTRAS2014」にBLACK JAXXの新曲も収録されてます♪
面白そうなアルバムですね。新曲、どんどん出ますね。楽しみです。

初回限定タオル付
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=reinkoro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00INUYBYU&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr"
通常版
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=reinkoro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00INUYD1G&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr"


そして、ラジオ、ミラクル・サイクルライフ、真治君が参加した鹿児島への自転車の旅、そのルーツもルーツ、清志郎さんが自転車と出会うお話興味深かったです。鹿児島への旅の同行取材もされた疋田さんのお話、神様がくれた物語の中に真治君が巻き込まれていくさま・・・続きも気になりますね。先週分、前編を聞き逃した方も、番組HPポッドキャステイングから聞けますよ♪真治君が「清志郎さんと自転車」というテーマで語ってくれる放送は後編にて!今週末日曜日27日放送です!楽しみです!
http://www.tbsradio.jp/index.html
http://www.tbs.co.jp/radio/cycle-r/

 

| | コメント (2)

2013年12月22日 (日)

天音幸は、永遠に悪として君臨してほしい。(ハニートラップ最終回)

最終回、天音、ものすごいいい顔してましたね。どのショットもきりきり痺れました。
そして、逮捕シーン、ものすごい存在感だった!やっぱり圧巻。
逮捕されるときの、あの腕の上げ方。手の平に敗北感がしない。あの手の姿だけでも、ぞくぞくしました。やっぱりこの世のものとは思えない。
あの手の上げ方。歩き方。表情。繋がれてるように見えない。あんなことで天音の羽はもげない。サタンの羽は、もげないんだって、思えるような逮捕シーン。

真治君くらい、手錠の似合う役者はいないよ!って思いました。何度逮捕されても(あ、誤解ないよう・・・役の上で)そのつど、その映像に役の個性がでてくるっていうか。あ、もちろん褒め言葉のつもり。今年、真治君は(役の上で)ニックもだけど、呉井もだけど、天音も、合計、何回手錠かけられたんだろう(笑)またその度ごとにニュアンス違って・・・また年明け、真治研(ひさしぶりに)手錠シーンピックアップしたくなりました。ほんと、こんなにかっこよく連行されてくれる人、なかなかいないよっ、何度でも逮捕されてほしい・・・(て、何度もいいますが、役の上で・・・そして褒め言葉(笑))

ラストの低い笑い方のかっこいいこと。
手錠の手をみつめて。「こんなことで羽をもいだとでも?」
そしてあの顔。あの前髪の中の瞳。
ちょっと写真に焼き増しして、見つめていたくらい好きな顔で。。。
この逮捕シーン、巻き戻し、千回くらい観たいです(笑)

で、天音は、また現れますよね!きっと。
あの後、また彼は登場シーンの獄中のシーンに戻っていく気がしたの。また隣の牢から天音が聖書を予言のようにつぶやくところへ再び戻っていくような気がしています。

何度でも、現れる悪の象徴として、この際、いろんなドラマや映画に、この「天音幸」っていうキャラクターは現れてほしいと思いました。
いろんな神話や、寓話、そう、物語の中に形を変えてあらわれる、それこそサタンのように。「天音幸」というキャラクターが、映像の中に、何度でもあらわれる悪として。今後、長い間、ずっとドラマや映画の中に、君臨して居続けてほしいと本気で思ってます。
この世の物語のすべての悪があなたに繋がっている・・・・そんな次元なキャラクターとして君臨してほしい。だから、散らなくてよかった!また、天音に会えるのを、楽しみに待ってますね!本気で。
また役の虜になってしまいました。
頂上をいまだ知らない。真治君の作品に出会うたびに、心震えます。
ほんと、最高だよ、本物だよ!彼は本物をみせてくれるよ!って、また叫びたくなりました。見応えあったあ~!!!ありがとうございました!
次の作品も、きっと、何か動きだしてるんだと、想像しています。楽しみにしていますね!

| | コメント (0)

2013年12月19日 (木)

ダークナイトみたいに迫力な悪な、だけど前髪麗しい天音から目が離せない

すいません。今日はたまってた妄想いっぱい書きます(笑)
ハニートラップに現在私、だだはまり中です。
かっこよすぎます。前回、屋上で立つ後姿の、あの迫力。
ここ空撮して360度から天音を撮ってほしかったくらい。そのまま平気で飛びおりていけそうじゃない?なんだろ、なんだろ、このドラマ、何かを連想するって思ってたけど、「あ、ダークナイトみたいだ!」って、閃いて。邪悪な物凄い迫力が、後姿から伝わってくるの。震える。映画みたい。天音の全身の気迫。表情だけじゃなく、全身から黒い炎登らせるような立ち姿。背中の迫力もたまりません。ちょと、真治史上でも、最大級な悪の姿を、これでもかって魅せてくれるのがたまんない。。
スクルージで、優しい優しい子だくさんパパ観劇してきたあとに、すぐ天音が子供誘拐して平気で鬼怖いの見ると、ほんとにわけわかんなくなりそうなものなんですけど。こういうの、真治ファンになってから、慣れました。まったく両極端な役どころを同時進行で見せられるっていうの、真治君は、ほんと多いです。

だから、チャンネルひとつで、気持ち切り替えるのが、私も、ごくごく自然になってきたというか(笑)どれも、混ざることなくどっぷり楽しめてしまいます。このふり幅の広さが彼の魅力、凄さでもあります。で、スクルージの感想は、また、ゆっくり横浜楽終えたあとに書きたいと思います。今日は、ひたすら天音萌えです(笑)

8話のあの水の床のシーンのあの鬼の顔は、私の心の博物館の中の、国宝として、ちょっと心に収めました。そして、また先週も。屋上で立つ後姿。これも博物館に。

教会のシーンの、天音がまたいいですね。黒ミサの主催者みたいで。
台詞が好きすぎて、暗誦してしまいそうです。
「復讐するは我にあり・・・・我、これをむくい・・・。神の手を借りるまでもない。裏切りは私が裁く」もう、もう、もう。きゃああ~!!!ですよ。ひれ伏して裁かれたい(笑)

そして、穂積に対するどSっぷりがたまりません(笑)

あ・・・で、ここからは、内緒話です(笑)。




穂積は、天音に惚れてるでしょ・・・え?違う?たぶん惚れてますよね(笑)。
で、「あなたのために何かできないかと思ってるんですよ・・・」って言ってる穂積に対して、天音の、容赦ないどエスっぷりが、もう、わくわくしちゃって(笑)
天音がめちゃめちゃ上に立って、見下ろして皆を翻弄してる感じが、前髪の天音。前髪といえば、御法度。なにか別に願はかけておられるのですか?ってそんなとこまで妄想飛んじゃって(笑)・・・あ、また、大きくはずれましたね(笑)違います。ぜったい違いますね。
天音は、人間感がないのがいいんです。化け物か・・・化け物になってしまったのか・・・。やっぱり御法度が浮かんできた(笑)違いますね(笑)でも、天音のこの前髪の長さがいいんです。この前髪の中からのぞく瞳の強さがまたいいんです。前髪の勝利です。前髪になりたい(笑)

で、来週の予告の中国風寺院から出てくる姿とか、これは、やっぱり斑鳩宮の夢殿なのか?やっぱり天音は「日出処の天子」なのかあ~!って、予告で叫んでしまいました(笑)

もう和洋折衷ぜんぶ混ざった悪の権化っぷりがたまんない(笑)

って、なんか、思ったこと全部書いたら、読む人いっせいにドン引きさせてしまったような、妙な達成感があります(笑)でも、なんか気持ちいい(笑)

そんなわけで、今週最終回なんです~(涙)
ディナーショーな夜なの~。
ものすごく土曜が楽しみすぎるんだけど、終わったら茫然としそうです。
来てほしいような、ずっと先伸ばして楽しみにしていたいような、そんな気持ちです。

予告も、かっこいい。いちいち表情とか、襟元のクールな感じさえ、もうたまんないです。
http://www.fujitv.co.jp/honey-trap/trailer/index.html
7話~9話のダイジェストもかっこいいし、今まで観てなくても、すごくあらすじよくわかるように解説されてます。「天音幸」っていう名前の紹介の仕方と、この顔がたまんない。

って、また煩いですね(笑)私。また、我を忘れて騒いでます(笑)すいません、また天を仰いで懺悔です(笑)
最終回、前髪の天音が、どんなラストを迎えるのか。悪としてぬけぬけと存在したままなのか・・・はたまた壮絶に散るのか・・・原作ないだけに、余計わくわくしますね!
イメージとしては、壮絶に散って消えた後から黒い蝶がたくさん飛び立つみたいなイメージで観たい(笑)壮絶だけど美しいラストが観たいって、どんなイメージ(笑)
妄想先走ってます(笑)めちゃめちゃ楽しみです!


| | コメント (2)

2013年12月14日 (土)

スクルージまた観てきましたとか、今日はめちゃイケに、ハニートラップですよ♪

昨日もスクルージ観てきました。
昨日も平日なのに、カーテンコール、オールスタンディングでした。
真治君、すごくて・・・泣きながらのあの歌は、もう圧巻。心に刺さってくるようでした。
家族を見つめる瞳が、静かだけどものすごく熱く、思いの深さを舞台に顕してくれていて、ひとつひとつの台詞、視線、動作も、全身でクラチットで・・・心に響いてくるのですよね。また泣いてしまいました。コンサートの時の真治君なんて欠片もいない。ボブ・クラチットでしかない・・・そんな姿に圧倒されます。優しい役だけど、優しさとは強さ・・・。って彼をみていて思います。

なんだかね。昨日夜、帰り道、、スーツきた若いパパが会社帰り小さい子供連れて帰っていく姿みて(たぶん保育園のお迎えかなあ~)ちょっとキュンとしたり・・・(これは真治萌えではなく、完全にボブ、クラチット萌え(笑))。
ミッキーとゆっくり歩いて帰る帰り道、、自分はクラチットパパみたく強く優しい人ではないな~って自分を省りみたりしました。「思いやり」って、出し方によっては、「重い槍」になっちゃうのかな~って、私、ダメだなあ~って思ったりもしました。って、舞台の感想ではないですね(笑)

ボブ、クラチットは優しいけど、弱い人じゃないんですよね。
ティム坊やをみつめる瞳が、優しいだけじゃなく、ときどきものすごく深刻な強い瞳になるそんな瞬間があって。どきっとして。でも、ボブは、不安や悲しみをけっして他の人にはみせない・・・・家族の前では、笑ってほがらかに、そして、黙って手を添え背中を支え守っている・・・そんな姿、素敵だなって、また、思いました。

って、今日は、ハニートラップです!
最終回直前PR映像もあがってます。
http://www.youtube.com/watch?v=rBDkXDdS6ZU&sns=tw
「天音~!!!」って別タイプの声で悲鳴あげたくなりますね(笑)
寺院からでて行く天音がもう、ちょっと背景が似合いすぎて。また妄想に(笑)
クラチットパパのあの優しい顔、雰囲気、視線・・・思い出すと、ほんとうに同じ人とは思えない。でも、こちらも、見応えあります。

今日の予告もかっこいい。
http://www.fujitv.co.jp/honey-trap/trailer/index.html
斜め上見上げるこの瞳。ぞくぞくしますね。
今夜ははじまり遅くて、11時20分はじまりですよ♪楽しみです。

あと、めちゃイケも、真治君学生服きてるんですっけ?ちょっとそんな話を聞いたのですが、楽しみですね♪

また、母さん、shinji takedaみてきゃあきゃあ言ってるよっ、ほんと子供だな~って笑われながら、今日も観たいと思ってます(笑)

| | コメント (18)

2013年12月 7日 (土)

今夜はハニートラップです♪とか「二流小説家」届きましたとか!

今夜はハニートラップ♪もう、楽しみで楽しみで♪
http://www.fujitv.co.jp/honey-trap/index.html
トレーラーがすでに、もう、かっこよすぎて。ストーリーのとこにある写真も好き。
FNS歌謡祭で真治君観て「かっこいい!」って思った人が、このドラマも観たら・・・もう、ほんとに、完全に堕とされると思います。今回はとくに、予告だけ観てても、ハニ萌え?天音萌え、とどまることをしらず・・・(笑)ドラマ観たら、今夜も、眠れないかも(笑)また、ここで、騒いでると思います(笑)

あと、二流小説家のブルーレイ、家に帰ったら届いてました!

装丁の質感も好き。この横顔、なんか死刑囚っていうより、哲学者みたいな顔って、思って、はじめて見たときからめちゃめちゃ好きな写真で・・・だから、しばらく飾っておきたいです。ディスクにもこの横顔があるのが、また嬉しくて。

まだ観れてないんですが、メイキングだけ観たお友達が、「本編よりエロイかも・・・」と一言(笑)・・・・・映画だって、そうとう色っぽかったんですが・・・・あれよりエロいって・・・大丈夫かな(笑)いつ観よう(笑)・・・でも・・・めちゃめちゃ楽しみです(笑)
「二流小説家」の呉井・・・・・ハニートラップの真治君好きな方は、もう、ぜったい堪らない・・・っぜったい好きって・・思います。こちらもおすすめです♪ハニ萌えの真治萌えな方にはぜひ♪

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ES1OTZ4/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ES1OTZ4&linkCode=as2&tag=reinkoro-22

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ES1OUTY/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00ES1OUTY&linkCode=as2&tag=reinkoro-22

そして、明日は、スクルージ初日ですね!
ハニ萌えしたあと、クラチット萌えして、呉井萌えして、そしてコンサートで真治サックス萌え・・・って、この一週間・・・。大丈夫かな、耐えられるのか・・・私(笑)

| | コメント (13)

2013年12月 4日 (水)

靴と星のシーン。

またまた、感想書きます。ものすごいはまってます。
宗太郎でファンにならなかったとしても、私、ハニートラップの真治君に会ってたら、ここでファンになってたと思うくらい、はまってます(笑)ひさびさ、ころがしダイアリーあらため、しばらくハニトラダイアリーで(笑)ドラマでは珍しくカテゴリーつくってしまった(笑)

で、靴のシーンが、もう好きすぎて、放送以来巻き戻す巻き戻す(笑)
足ばかり巻き戻す巻き戻す(笑)
コンクリの道路ではなく石畳の上っていうのがまたいいんですよね。靴の色に似合って。
で、車のタイヤが止まるそのちょうど中心点に足先きてる感じとか、止まるタイミングと天音が一歩踏み出すタイミング、ドアの開くタイミング。なんか、もう、この絶妙の感じが、かっこよくって。、そこだけで何回も巻き戻しちゃってたまんない。スマートなキレのいい足の動きに、まるでスケートのステップを凝視するくらいのなにか様式美まで感じちゃって。足にはまる(笑)そういえば、最初の獄中のシーンでも、あの時は無防備な足にはまった(笑)今回は、隙のない美しい足にはまった(笑)足萌えですね(笑)

こういう映し方、ちょっと今までありましたっけ。。。思い出せないんだけど、部分から、全体にいくっていうカメラワークが好きすぎて、で、下から舐めるように見るっていうことは、普通はなかなか出来ないところででしょうが(笑)カメラさんがやってくれるっていう(笑)
靴とボタンの合わせ方とか、ネクタイとか、もうこれでもかっていうくらいの隙のない着こなし。それが、なぜか恐怖感をあおるっていうか。この人の怖ろしさをまた表しているようで、ぞくっとするというか。そして、ラストのあの笑顔。。。。
まだ何もしていない、靴を新調して、歩いて車乗って、参観日に行って、子供に笑いかけるっていうだけのことをやっている天音が、なによりも怖くみえるっていう。。
ぞくぞくしますよね。、あの笑顔。あの瞳。笑ってるけど、やっぱり鬼の目。
怖い怖い怖い・・・・。ホラー映画より怖い。。。怖くて、そして美しい。
水のシーン(鬼の目のとこ)でも思ったけど、真治君って、瞳に光線とか入れるCGなしで、その瞳のもつ力だけで、人間じゃない色を瞳にやどすことができるんだな~って、改めて思っちゃって。すごいなって、思っちゃって。

あと、星のシーン。(ビルの屋上のシーンを、もう星のシーンって言っちゃいますね。)
この場所の天音は、さらに美しい。凛とした横顔が王者の感醸していて。
穂積とのシーン繰り返して観てたら、エリザベートの「悪夢」思い出したんですね。なんか、これから指揮とりそうな気配っていうか。天音っていう人に、やっぱり黄泉の帝王と似た空気感感じて。あの握手した手をぬぐって去っていくとことかに、カフェで革命を扇動しようとしてるトート閣下とか、ルドルフにキスしたあと口拭ったことあったな~って、なぜかもう6年も前の舞台のその姿をふと思い出したり・・・。
最初観たときは、私、聖徳太子連想してたっけ(笑)やっぱりトート閣下の幻も見つけてしまて・・・星のシーン、妄想が止まりません。


そして、同じ場所?ビルの上、やはり夜景をバックに星の下だと思うのだけど。8話の予告の冒頭。仲間さん演じるなつみに近づいていくこの天音の静かな微笑み。これ観たら、もう、もう、もう・・・・。

私、すぐに、「御法度」の後半の、土方の妄想の中の川辺の沖田。あの幽玄な川辺の沖田の笑顔を思い出しちゃった。そう、やっぱりこの世の人とは思えない。
こういう感じ出されたら・・・・もう、無理です。もう、何も手につかないよ。
映画館通っちゃうよ。映画じゃないから、つい巻き戻しちゃうよ。

聖徳太子に、トートに、御法度に、好きな作品の真治君が、どんどんその上を超えていく感じで迫ってくる感じ。そして、なんか予告に「君の手」な笑顔が混じってるよ(笑)こんな笑顔向けられたら、誰だってもう、逃れられないでしょ。どうします?

「あなたと仲良くしたいんです」・・・・「私も~」ってつい予告再生しながら叫んじゃうじゃないか(笑)・・・・って失礼しました(笑)違いますね(笑)
あ、でも、ほんと、この天音語録、録音して聞きたい感じですね。
目覚ましに、「夢から覚める時間です」とか入れておいて起こしてもらって、眠る前は、「新しい星を探すなら、独りより二人のほうがいい」とか、聞きながらちょっと夜空眺めてみるとか(ひとりで(笑))
朝から夜から骨抜きですが(笑)楽しそう(笑)生活に潤いが・・・・お勧めします(笑)

って、煩いですね(笑)私、そうとう。
テンションあがったままでどうしよう(笑)今週も楽しみ!予告また貼っておきますね!畳み掛けるようにかっこいいシーンに声の連続攻撃。夢から醒められなくなるけど(笑)

http://www.fujitv.co.jp/honey-trap/trailer/index.html

| | コメント (2)

2013年12月 2日 (月)

鬼の目だと思った

ハニートラップの再生を、さっきから同じとこ何度も観てしまいました。
憑りつかれちゃって。
やめられない。


前回の、水を湛えた床をカメラが滑り撮って近づいていく、あの穂積と天音のシーン。
そして、ラストの、靴を履いてから教室へ向かう笑みのシーン。

この二つのシーンが、かっこよくてかっこよくて、真治ドラマ史上でも、かなり上位な好きなシーンとして心の掲示板に、ばしっと貼られちゃった感じです。
そういうシーンって、私、もう、はまると、巻き戻しやめられなくて、つい何度も(笑)

って、このドラマの真治君登場のシーンは、どこも、ちょっと「うわっ」ってなるくらい恰好いいんですよね。映像も台詞も効果音も、すべてすべて恰好いいの。
ちょっと何度もうざいとは思いつつ、ピックアップしつつお喋りさせてください(笑)

で、その穂積と天音のシーン。
無機質な画面の中の二人のシルエットはぞくぞくするほどかっこいい。遠景からスピード感あるカメラで近付いてきての立ち姿、そこからアップにって。なんだろ。ラストのシーンもだけど、期待値がぐんぐんあげられてきますね。そして、天音のあのアップ。ものすごい強い瞳をしたあの凄まじい顔。。。

ここ、何度観かえしても、そのアップにくると、ぞ~っとするんです。でね。悪魔なのか天使なのか、とかいろいろ書いてたけど、

何度もこの瞳を凝視していて、
「あ、これ、鬼の目だ」・・・・って、ふとおもったら、鬼にしか見えなくなっちゃって。そう思ったら、もっとぞくぞくして。。昼間なのに、寒気する感じで。怖くて。

って、悪口じゃないですよ(笑)この鬼のような物凄い強い瞳が、たまらなく好きなんです。
なんか、悪魔って言うより、「鬼」って言葉が似合う眼力だなって、今もそのアップを鑑賞してます。鑑賞って言葉が、なんか似合う顔なんです。
美術館とかお寺とかで、ものすごい怖ろしい顔した仏像とか彫刻とか鬼面とかに出会って、怖いけど魅入ってしまって離れられなくなることってあるでしょ。あれと同じ感覚で。魅入ってしまってるんです。

この人、鬼になってる。。。って。それも、国宝級の。。。。
もう、私、何時間でも鑑賞していられるんですけど。。。。
師走なので、そうもしていられませんが(笑)

またハニートラップは、ひとつひとつのシーンの感想書きたいくらいに嵌まってます。この感覚、舞台には毎回のようにそういう気持ちになるんだけど、ドラマにこんなに嵌ったの、ひさびさかもしれません。
エリザベートのトートを観た時、この感じを、ドラマとか映画で観ることができないんだろうか・・・この妖しい異次元な魅力を出せる、この人の物凄い色気と狂気とカリスマ性と美、強すぎるくらいのエネルギー。この何ともいえない魅力を、映像にそのまま写し出そうと思う人がいていいんじゃないかって。映像作る人ならぜったいこの魅力を映像にほしいって思うはずじゃないのかなって。その当時も物凄く思っていて。そういう役、映像でもやってほしいって思って。
で、今年、二流小説家もだけど、映像で魅せてもらってる気がして。私、やっぱ今年は、真治君、厄年じゃなくて、役年だったなって、思ってます。

って、靴のシーンも、星のシーンも。また別に感想書きます。
って、もうスクルージに気持ちいっておいた方がいいのかもしれませんが。どうしても今はハニートラップの甘い罠に気持ちが囚われてしまってます(笑)
今週は、土曜日の夜、ハニートラップ。そして二流小説家のブルーレイが届き、次の日曜日はスクルージの初日。どうしよう・・・真治チャージがありすぎて、心の容量が足りない(笑)こぼしてしまいそうです。もったいない(笑)

そんなわけで、一時停止にした国宝級に凄みのある天音の鬼の顔を鑑賞しながら、陰陽師に対決する、鬼の役もいいなあ。。。って、ちょとまたその鬼の顔をたくさん観たくなっています。

| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

ハニートラップが面白すぎて眠れなかった件

ドラマ、すっごいすっごい面白いですね。
いよいよ天音が正体を表して。

そして、カメラワークかっこいいかっこいい。
水の張った床をなめるように滑ってからの穂積と天音のシルエットがかっこいいかっこいい。穂積の視線のただならぬ感じから、その存在感の凄さを期待させておいての、あの天音のアップ。

凍りつくような、ものすごい凄みのある顏。

震えました。悪魔。

ラスト、靴の試足からはいるシーンも、ぞくぞくしました。
あの足にすらオーラっていうのか、妖気あるの。
そして、あの笑顔が、まさかこんなシーンで、子供に向けられた笑顔だったなんて。
空恐ろしすぎて。ホラー映画のお化け現れるシーンくらいに怖くて。
ほんと、悪魔が形になって地上に降りてきた感。
妖気あるんだもん。
悪を演じる時にこそ、完璧な美学をもって演じてくれるその感じもたまりません。


トート閣下の邪悪な表情を思い出したりしたけど。
もっとなんだろ。恋に落ちてない分、さらに邪悪で空恐ろしくて、強くて、不気味で。
映像が見せてくれる映像ゆえの効果、映像美もあいまって、さらなる畏怖を感じます。
邪悪なものにふれちゃった感じで。お化けみちゃった感じ。
怖かった。でも、美しかった。ぞくぞくして、もう、眠れなかった。

来週の予告がさらにまた、興奮を煽るというか。また謎を深めるというか。
天使の笑顔もみせる?天使なのか、悪魔なのか。もう、目が離せない。
「夢から覚める時間です」
無理だよォォォ~。あなたが悪いのです(笑)
連続ドラマをみる楽しみを久々に。
もう、虜です。
http://www.fujitv.co.jp/honey-trap/trailer/index.html

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ