カテゴリー「真治研・ホームルーム科」の10件の投稿

2013年2月23日 (土)

ツールド鹿児島2001とか、蜷川さんの写真展とか。

清志郎さんのファンのお友達に、清志郎さんの公式HP『地味変』の中に、『LSD』(long slow distance)というカテゴリがあって、ラフィータフィーが鹿児島までツーリングした時の記録があるから、ぜひ読んでみてね。って教えていただいて。
http://www.kiyoshiro.co.jp/lsd/history-2001.html

通った国道。休憩した場所やコンビニやいろんなアクシデントまで・・・。
一日の食事内容、食事の細かいメニューまで(笑)真治君の食事の趣味までわかる感じ(笑)・・・分刻みに、出発日から到着まで、克明な記録が残っています。記念写真ものってたり・・・。歌う鼻歌とか・・・・・考え事してる・・・とか、もう、すごく詳しく残っていて、2001年9月15日から24日の清志郎さんや真治君達に会えたみたいな気持ちになりました。嬉しいです。ちょっと、同じ道たどりたくなりますよね(笑)自転車は無理でも・・・。同じバス停とかで立ち止まってみたくなりますね。で、同じ場所でメロンパンとか食べてみたくなる(笑)。。
・・・到着前5日間、真治君が自分の自転車丁寧に拭いてる様子とか、やっぱり今も真摯にいろんなこと取り組む真治君らしさ・・・それがすごく出ていて・・・嬉しかったので、真治ルーツ研になるかなって。ご紹介しますね。

真治君が自転車乗りながら鼻歌歌ってたっていうエアロスミスのJadedも張ってみたりします。http://www.youtube.com/watch?v=Rw5C63blrMg
鼻歌歌いながら、しまなみ海道目に浮かべて・・・自転車漕いでみたいです。ママチャリで(笑)

そうだ!蜷川さんの写真展に行かれた方にお聞きしたのですが、真治君の写真・・・あの刺繡入りの赤いベストで、上から撮ったような顔のアップの、すっごく色っぽい写真あったでしょ・・・あの写真だったそうです。
蜷川さん・・・やっぱり女子目線わかってらっしゃるなあ~って・・・その写真見返して、ドキドキしてしまいました。真治君、色悪な顔してるかも。。。抑え込まれてるのに、誘惑してるみたいな顔・・・とか書いちゃったら、書きすぎでしょうか(笑)私、その写真に吹き出しもつけてたんだった。確か「縛られてるのは俺じゃない・・・あんたのほうだよ・・・」って、どんだけ~(笑)・・・昼下がりの呟き、このくらいにしておきます(笑)

そして、真治君の写真、清志郎さんの写真のすぐ近くに飾ってくださってたそうです。なんか、嬉しいです。

あとシンデイdoll,お待たせしちゃってごめんなさい。今日、午後にもアップって予告したのに、、写真がどうしても文字化けしてしまうので、ちょっと再チャレンジで、後日になります。dollファンの皆様、すいません。
sp番組、ちょっとまだ真治君は登場してませんね。前の放送とか、来週の予告とかやってますね。再放送かな~。あと、今日は、夜、めちゃイケ、なつかしのヨモギダ君ですね!真治君もひさびさ登場かな?楽しみです!

| | コメント (3)

2013年2月18日 (月)

真治ルーツもルーツ(笑)

昔からのファンの方の切り抜き、またお借りしてるのですが・・・
今回は、ちょっと衝撃の切り抜き。。。。

93~94年ごろかな?週刊誌の記事なんですけど・・・。

真治君の子供時代をスクープみたいな記事で、先生から同級生からコメントとってて、なぜか中学校の卒業文集の真治作文まで写真つきで載ってるっていう・・・。

この前スライドショーで見たかもっていうような、中学校のチェッカーズな髪型の真治君や、小学校のプールで遊ぶかわいい真治君がいて・・・。で、作文の文字がいまより幼くて、文字すらかわいくて、そして、なんか、やっぱりそこはかとなく作文にもユーモアが溢れていて・・・真治君だあ~って、喜んでます。

掘り出してはいけないものでしたでしょうか(笑)?
真治君もこの作文、覚えてないかもしれないですね。。。とにかく、「面倒だ。面倒だ」を連呼(笑)
放課後学校に残るのが面倒だから役につきたくない~とか、運動するのが面倒だから、陸上競技大会では適当に走り~とか言ってる14歳の彼が・・・・25年後には、週に2回、15キロ走るのが習慣で、体鍛える体育会系に変貌して、・・・人ってこんなに変わるのかって、びっくりであります。
なんか、私、子育てに光が見えてきました。。。
今は、ほんとに面倒くさがりの我が家の息子たちの将来を思うと、たまに夜中に心配のあまり目が覚めてしまう悩める母な私なのですが、この真治君の作文は、もしかしたら、なんかのきっかけで、人って変わるかもしれないな・・・と(笑)一筋の光が・・・。
真治君、ありがとう(笑)

でも、そんな作文は、14歳真治君のネタだったのかもしれず・・・同級生や先生の真治評はものすごく良くて。弱いものいじめが大嫌いで、いじめられてる子の盾となってかばったりするのに、でも、自分のことでは我慢強くて、・・・勉強もできて、考え方もしっかりして、なんでもきっちりこなし、クラスのムードメーカーで、男女ともに人気があったって、小学校、中学校、高校の、どの先生もべた褒めで・・・読んでて、ちょっとうれしくなってしまった。真治君は、ほんとに、いい子だった(笑)作文はかわいいし(笑)

で、デビュー当時に言っていた女性の好みも書いてありました。
「やせてて、か細くて、病気がちそうな顔した人」が好みだと書いてあります。あと「ジーンズのジッパーが開いてるのに気が付かないような子と付き合うことに価値があるとは思わない」とも・・・。

クリエでは、「僕より体重が重くても~」なんて、言ってましたね。
94年頃の高橋さんがMCの番組でも、好きなタイプ聞かれて、即答で「痩せた人」って答えてたり、研さんのインタビュー番組では「優しい人」って答えてたり。
でも、その時の高橋さんの横のMCの女性がすごく痩せた人で・・・研さんは優しそうな人だし・・・その人に合わせてそういうこと言っちゃう小悪魔真治君だったかもしれないんですけど。。。ん?・・・・ということは、クリエの客席、太った人多かったってこと?だから、、思わずそういうセリフが出たの?なんでも深読みしちゃう私は、「失敬ね」って、ちょっと思ったりして(笑)冗談です(笑)

僕の中の牛を「も~も~」言わせちゃう人。
痩せててか細くて、病気がちそうな顔した人
優しくて、着衣等だらしなくない、きちんとした人

今のとこ、好みのタイプ、三つ書き出してみましたね。90年代前半の真治談です。
どんどん増やしていこうと思います。それ並べて今更どうするってわけでもないのですが・・・(笑)
真治君的には、自己分析に役立つのでは・・・・と(笑)大きなお世話ですね(笑)
書き出してて、楽しいだけです(笑)
真治研・おまけ編ですね(笑)

| | コメント (5)

2012年5月15日 (火)

ルックス的に甘いのに、男っぽさと共存する感じ

以前、紹介した、サザンの会報で、真治君と松田さんが対談の中で、髪型について触れているところがありました。とても面白かったので、またちらっと要約と部分抜粋で、紹介しますね。

真治君は学生の時、チェッカーズのギザギザカットをしていたそうです。学校では、「もみあげをそり落としてはいけない」とか、「髪の毛の一部だけを伸ばすのもいけない」とか、新しく校則ができるくらいブームだったからと。でも、田舎だったせいか・・・美容室とかなくて、お世話になっていた床屋さんには悪いけど・・・全然ギザギザにならなかったんですって(笑)それで、短い髪の時に、パーマを柔らかくあててくださいって、頼んだら、パンチパーマになってしまったこともあるそうです(笑)高校の時(笑)

で、ちょっとだけ会話抜き出しますね。Tが真治君。Hが松田弘さん

T「僕はもう決められた髪型がイヤでイヤでしょうがなくて、”音楽とかを仕事にすれば髪型も自由なんだ!とかそういう憧れがありましたね」
H「音楽とファッションって結びついているからね」
T「今、その夢が叶った生活をしているのに、僕、なんて地味なんでしょう?(去年の夏くらいのインタビューです・・・インタビューの写真は黒髪です)」
H「ハッハッハッ!そんなことないよ!武田君のスタイルがちゃんとあるじゃないですか」
T「髪型とか変えようかな?」
H「髪型は変えられる時に変えたほうがいいよ」

~スタイルを一気に劇的に変えるほうですか?それとも少しずつ変えていくほうですか?

T「劇的に変えたいですよね。ただ、めちゃイケの連中がああだこうだ言うんですよねえ~」
H「武田くんのイメージは、ルックスがソフトなわりに、男っぽいファッションとか、黒い髪とか、男っぽい感じだよね」
T「ああ、ホントですか?・・・・迷いますね・・・今、茶髪にしようと思ってたところなんですけど」(一同爆笑)
H「茶髪のイメージはないね」
T「あ、そうですよねぇ・・・」
H「まあ、俺のイメージだからね。でも、それはCharさんとか、カッコいいミュージシャンのイメージだから、ポイント高いと思うよ!」
T「それは、畏れ多いですよ」
H「ルックス的に甘いから、男っぽさと共存している感じは、絶対にカッコいいよ。ジュリーもそうで、中世的なイメージなんだけど不良っぽいところがカッコ良かったんだよね」


と、少し、引用しました。
もうね、松田さんの真治君を評する言葉が、たまんなくツボっていうか、もう、「そうそう!そうだよね~」って、なる感じ。
「ルックス的に甘いのに、男っぽさと共存する感じ」「中世的なイメージなんだけど、不良っぽいところがかっこいい」
「そうそう!お見事っ」て、思わず、雑誌持つ手に力入ってしまいました(笑)

だから、どうしてもみんなに、紹介したくって(笑)
私達のヒーロー真治君は、やっぱ大人のロックスターから見ても、こんな風にかっこよく見えてるのよって(笑)また、世界中に自慢したくなっちゃったんで。
ちょっと、引用・・・長かったかな?・・・・・見逃しておくんなまし(笑)

で、この後、髪伸ばして、茶色にしたり、金髪にしたり、結ったり、メッシュにしたり、すっごいいっぱい劇的に変えてくれましたよね~。楽しかった!なにやっても、結局、かっこいいんですよね~!

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

境界線をなくす人

昨日、ATSUOさんの対談のタイトル、「越境するアーテイスト」っていう題字をみていて・・・つくづく真治君のことだな~って、思ってしまって。

ジャンルフリーっていうか。。。越境するっていうか、境界をそもそも作らない人なのかなって・・・。役者、バラエティー、音楽、司会に、モデルに、なんでもこなすけど・・・、そういうとこの境界もはずしちゃってるっていう・・・そもそも立ち位置からそうなんだけど。
国際フォーラムの大きい会場から、街のクラブから、そういう活動の場にも境界つくらないし、それに、ロックだろうと、ハウスだろうと、ミュージカルナンバーだろうと、時には昭和歌謡だろうと、どんな曲でも前のめりで、真治君な音聞かせてくれるし。
共演相手だって、カリスマロッカーからアイドルからブルースの女王から、宝塚スターさんから、時には、高校生のアマチュアバンドとだって・・・どんなとこでも、真治君は真剣にセッションしてて、全力で。

境界を超える人っていうか、境界線をなくす人なのかな~って。そもそも境界がみえてないのか(あ・・・それは失礼か(笑))・・・あえて、見ないふりするのか、よく分からないけど、そこに真治君がいる限り、いろんな境界を消してくれるんだって、ちょっと、思ったりするこの頃であります。。。
エリザベートだって・・・真治君はある意味、境界線を壊していった人じゃないかなって、私は思っていて。トートライブに始まって・・・とうこさんのコンサートとか、ピンスパとか、なんか、ミュージカル的なとこに、真治君が歌とサックスとお芝居引っさげて入ってきちゃう感じって、そんなこと、真治君が出てくる前に、誰かしてた?って、思っていて。真治君が、いろんなとこに、風穴開けてるって、思えて。。
境界を超える人っていうか、境界を壊してなくしてしまう人って、私は思うのであります。
最初に壊していく人って、大変なんだろうな~って想像しちゃうし・・・境界つくりたがる受け手もいるだろうし・・・すぐに、受け入れてくれる場合だけじゃないだろうな~なんて、うっすらと思ったりしながらも・・・突き進んでいく、シンディ―は、かっこいいって。なんか、ほんと、リスペクトなんです。

やっぱり、今度ライブ行ったら、真治君の側で(笑)。できれば、黄色い声の練習して(笑)
「リスペクト!シンディー!」って、叫んでみたい(笑)
・・・また、本当は、絶対できないこと書いてみる(笑)・・・しないから安心してください(笑)
誰か、かわりにしてきてください。当分、おとなしく家で音源聞いてます。って、私は、自分で境界線引いてますね(苦笑)

で、あの、境界線を越えるっていえば、もうひとつ越えてほしいとこあって。
今度、着物来て、篳篥風に、サックス吹いてくれませんか?清志郎さんがよく描いてた武士の漫画みたいに・・・。
映画とかで、かっこいいフィギュアみたいな武士。篳篥さして、弓とか背中にしょって、できれば上腕筋露出で、お願いします(笑)。。ちょっとメッシュ入った宗太郎風に高く髪結って、でもって、篳篥風の縦笛いつも吹いてて、でも音はしっかりサックスでロック(笑)・・・時代もジャンルも超える武士みたいなの、観たい。かっこいいと思うんだな~。どこか二次元的な気もするけど(笑)ここの境界線も外してほしい。

なんか、途中まで、いいこと書いてたような気がするんだけど、希望書いてたら、とんでもになっちゃった。まっいっか(笑)・・・いつものことだし(笑)

とりあえず、週末は、金髪のアーテイスト、自分で曲も出してるカリスマみたいだから、演奏シーンもあってほしいなっていう、ドラマの真治君を楽しみにしてます。
リスぺクト!シンディー!

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

吹き出しつけて遊んでみました⑤~孤高の美男子ジョニー編

ちらっと書いた孤高の美男子ジョニーが、一部マニアック受けしたので(笑)、続けます。
もう、本放送時、ジョニーがどんな台詞言ってたか、曖昧になってしまってるので、創作です(笑)こんな感じじゃなかったっけ(笑)・・・あ・・・でも、これ、私の願望じゃありませんからね。お嫁に行けなくなっちゃうよ(笑)あくまで、写真のジョニー(ジョニーにしちゃってるし)が、言いそうな台詞を、考えてみただけです。一部マニアックにお楽しみください(笑)




まずは表紙
「奥さん・・・。これから食事行くの?・・・・友達と映画?ふっ・・・今日はやめときなよ・・・。そんなことより・・・恥ずかしがってないで、ページ開いてみなよ・・・ほんとは見たいんだろ・・・ねえ・・・奥さん」

12p~13p
「奥さん・・・今日は、スーツ着てこいって?俺、首詰まってんの嫌いなんだよな・・・。面倒な女だね・・・」
14p
「ていうかさ・・・俺スーツなら、奥さんも、清楚なオフィススーツとか着てきてもいんじゃない?・・・そういうとこ大事だよね、・・・とりあえずそのサングラスはずさせてくれる?」
8p~9p
「・・・ふっ・・・着なれないからさ・・・ネクタイほどくの苦手なんだ・・・」
11p~12p
「なに?着たまま?バスタブにスーツのまま寝てろって?奥さん・・・マニアックな女だな・・・」
15p
「あれ・・・何処いったのかな?」
16p~17p
「先、帰ったのかよ?・・・わかんない女だよな・・・」
18p
「でも・・・」
19p
「っていうか、クローゼットの中入ってるのバレバレだよ。覗き見?ほんと、マニアックな女だよな・・・奥さん・・・」
21p~23p
「奥さん・・・。日曜日の午後、家族とショッピング。街を幸せそうに歩いてるんですね・・・。でも、自分の心に正直になってみなよ・・・。考えてるのは、俺のことなんじゃない?・・・ねえ・・・奥さん・・・」
42p
「言えないよ・・・好きだなんて・・・。誰よりも、君が近すぎて・・・。」
43p
「悲しいよ・・・夢だなんて・・・。君に届きそうな・・・唇がほら、空回り・・・」
21p
「っていうか、カラオケ?ヒロミ・ゴー好きなんだ。どうでもいいけど、別料金だからね」
58p
「俺に化粧してみたかったって?いいよ。どう?・・・・ちょっと待って。。。うん?…うん?」
59p
「奥さん・・・それ、枝毛じゃない?だめだよ・・・そういうとこ気抜いちゃあ・・・ヘッドスパ予約してあげるよ・・・」

76P 「なに?俺の肺活量知りたいって?…なめんじゃねえよ…そうだな…一曲分3分はフラジオかけまくれる男だぜ…見てろよ」
77P 息とめて… 「1、2、3…」
82P 「300…」・・・・ 「きつっ…どう?すごい?」
83P 「って帰ったのかよ…奥さん…」
88P 「また会おうな…とりあえず…今度会う時は…ハイタッチして別れようぜ…」
         …by孤高の美男子ジョニー

ジョニーシリーズは…私、いくらでも作れるかも(笑)…需要ないって?(笑)大変失礼いたしました(笑)・・・まあ・・・ブログ内、袋とじコーナーみたいなものです(笑)

| | コメント (2)

2011年1月12日 (水)

吹き出しつけて癒されましょう♪

ウカフェさんに、真治君ご来店のご様子♪
http://jig132.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/1211RZRTPPiJhgbT/pa?_jig_=http%3A%2F%2Fameblo.jp%2Fukafe%2Fentry-10765015676.html&guid=on&_jig_xargs_=R

美味しそうな、幸せそうな、で、もう、この写真がたまんなくないですか?

朝から、私、この写真の横に、吹き出しつけて、遊んでしまいました。

一枚目のスプーン口に含んでる写真はですね。自分の手がスプーンの先を持ってると、妄想すると、異常に楽しい(笑)

「はい。真ちゃんのだ~い好きなukakeご飯でちゅよ。美味しいでちゅか?あ~ん(なぜか幼児語)」て、食べさせてあげちゃったって思うと、もうメロメロですよ(笑)

2枚目はですね。これは自由の幅が広いですね。
一人ご飯のさびしいときとか・・・・がいいですね。
今朝なんかだと、こんな吹き出し。
「おはよう。よく眠れた?疲れてるの?今日もがんばってね。・・・・でも朝食はしっかり食べるんだよ」
もう・・・・きゃあ~じゃありませんか?こんな目線でそんなこと言われたら(って勝手に吹き出しつけて、言わせてるんですけど)

こんなバージョンもいいかと
「お疲れ様。甘いものでも食べる?僕のほら、半分あげるよ」
と・・・あとは。自分でチーズケーキ用意して、食べてください(笑)

そんなわけで、真治君も同じ空間にいたって思うと、さらにさらに楽しみも増しますよね。
ちゃんと、劇場への道案内もHPでしてくださってて。これなら迷わず行けますね♪
真治ファンの合言葉は、オレンジ観るなら、ukafeに♪ですね。
奇跡の写真に奇跡のサインも見れそうですね♪

で、迷ってるのが・・・真治君のダイ好きなukakeご飯にするか・・・・期間限定のオレンジ弁当にするか・・・でも、スイーツも美味しそう♪全部食べると、おなかいっぱいで、観劇前に眠くなっちゃうじゃないか(笑)とか・・・。楽しい悩みもうまれてます♪

| | コメント (9)

2009年2月14日 (土)

チェックして遊んでみました

お友達に、「めちゃイケの光SHINJI、好きなんですよね~っ何度も見返しちゃうっ」て言ったら・・・

「Sですね」って、言われました(笑)

光ゲンジの真似してローラースケート転がしながらかっこよくサックスを吹く真治君。
それはいいにせよ、・・・、最後サックス吹きながら階段の上から落とされるのは、危なすぎて・・・しかも穴に落ちた真治君の上に、発砲スチロールの雪が大量に降って・・・酸欠状態に。。。ローラースケートの靴が片方だけ先に見つかって、テロップに「遺品・・・って」すんごいブラック(後、雪崩にあったときはこんな感じなのかと思うくらい苦しかったって、雑誌かなんかで言ってたし)
こんなのが好きって・・・堂々と言ってはいけません
・・・・あまり真治君思いのファンとはいえないな~(笑)でも、あたし・・・Sなのかい?そうでもないよな~と、妙に自分を弁護したくなったけど、確証がないので、チェックテストをつくって判定してみることにしました。

ここで言い訳するまでも無く・・・非常にくだらないです。。。
風が強くて、目が覚めて、眠れないから夜中に書いてるんで・・・そういう時は、決まって、本当にくだらないのです。(って先に謝っておきます)

やり方は簡単、自分にあてはまる番号の後ろについている()の中の数字をたしていくだけ。暇な方は、一緒にやってみましょう。

1、トート閣下のナンバーでは「最後のダンス」が好き(-2)
2、ホタルのひかりで、優華ちゃんに「要さんではだめなんです」ってふられるシーンを五回以上巻き戻してみてしまった(+2)
3、トート閣下は好きだけど、本当はルドルフで見たかった。(+2)
4、宗太郎がお気に入りキャラ・・・お銀さんが羨ましい(+1)
5、宗太郎がお気に入りキャラ・・・でもポジション的に、なりたいのは梅弥(-1)
6、若者のすべての圭介がベストキャラ(+1)
7、いやナイトヘッドの直也だ(+2)
8、いや、身毒丸だ(+3)
9、氷壁のトモユキは、けっこうツボだったし、離婚弁護士の大我みたいな役が好き(-1)
10、濱マイクでの真治が実は凄く好き。(-2)
11、真治君が殺される役や殴られる役をやるのが嫌い。殴った相手役にまでマイナス感情を抱いてしまう。(-3)
12、高笑いが好き。狂ってれば狂ってるほど、それがいい(-2)
13、一度でいいから思いきり、叱られてみたい(-2)
14、デマチで別の人のファンのふりをして無視したことがある(+2)
15、、デマチで、通路の邪魔しないようにって注意されると嬉しい(-2)
16、トート閣下のキーホルダーを、家の鍵につけた(+1)
17、いや、車のキーだ(+2)
18、いやいや自転車のキーだ(+3)
19、とんでもない大事に箪笥の中、もしくは部屋に飾っている(-1)
20、専用の椅子、またはお家をつくってあげた(-2)
21、キーホルダーになることさえ許せないから買わなかった(-3)
22、めちゃいけは嫌いだ(-2)
23、いや大好き。めちゃいけの杉田企画をまたやってほしいと思っている(+2)
24、シシイに追い払われるトートがたまんない(+1)
25、エーヤンの歌いだしが一番好きだ(-2)
26、シシイとのラストのキスより、ルドルフとのが(+2)
27、歴史ドラマで、信長を演じてほしい(-1)
28、信長より、実は、光秀をみたい(+1)
29、寝起きの五郎に腕をつかまれるサワコが羨ましかった(-1)
30、むしろ「あなたとは喋りたくない」と五郎の口を塞ぐサワコになりたい(+2)

 

 

 

 

 

 

どうでした?総合得点+が高いほど、Sど高しです。

私はね・・・・・ほぼ真ん中よりの-。(ほら、やっぱSじゃないし)
でも、真ん中がノーマルかというとそうでもないです。
チェックがいっぱい入った結果、プラスマイナス0になった方は、とっても欲張りな人です。

 

 

 

(もちろん心理学的になんの根拠もないので、+10以上でも心配無用)

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

ポニョな妄想

先日の堂本兄弟。
ポニョだから、吹かないかもって思ってたら、ソプラノサックスで参加。なんかアニメの中の王子様が吹くバグパイプみたいだった(キャンディーキャンディー)。森に隠れている王子様♪(って、それじゃあ、アージス)。
最近よくある王子様ファッション、私、あれ、大好き。素肌に革のベストみたいなのも良く着るけど、どちらかというと白ブラウスにベスト・・・ファンタジーな王子様みたいなのが、すっごく好き。、他の人着ててもなんか違うって思っちゃう。

サックスも、よかった~。三谷さんだろうがねずみさんだろうが、誰の曲でもどんな曲でも、しら~っと、かっこよく吹いちゃう真治くん。ポニョみたいな童謡でも、なんかおしゃれに感じちゃった。パンパカパーンみたいなほんとファンタジーの挿入音みたいなのが、でも軽くておしゃれなんだ~

3分で、簡単に妄想の世界に運んでくれるんで、最近は堂本見るのが一番の楽しみなんです。なので、妄想ついでに、こんな曲でこんなゲストで吹いて欲しい。っていうさらなる妄想を。

まずミスチルの「トゥモローネバーノウズ」だっけ?若者のすべての主題歌。ゲストは、ほら、やっぱこれで真治君のファンになったっていう玉木くんで♪あれ、サックスがサビ入ってましたよね・・・(ウル覚えのくせに一番にあげちゃう図々しさ)サビで、真治君ドアップでね。出来れば冬にピーコートか、チェックのシャツ着て吹いてほしいの。そしたら、妄想大展開しちゃいます♪お願い!

次は、やっぱ管野さんかな~。ひさびさに並んでみてほしい。曲はやっぱ「心の愛?」でも、あれ、歌うの無理かな~。管野さんがCM出て「愛情一本」とか言ってたりすると、横にいる人が幻のように真治君に見えてくるんですよね。だから、管野さんゲストで真治君サックスってみてみたい。(もはや、ただのミーハー根性)

それから、やっぱ、チェッカーズ!ゲストは真治君で。一問一答もやってほしいし。私は、何を隠そう、真治くんよりたぶん早くにチェッカーズファンだった。(はじめて行ったコンサートはチェッカーズ)でも、真治君と違って、あっという間に冷めてしまったんだけど。あの、「ジュリアに傷心」の時、メンバーが着てた青ベースのチェックのハギレ繋いだような衣装、あれを真治君に着てほしいの!(今、読んでる人が、ひいていくのが見えるような気がする)。
でも、デビュー仕立ての真治君は、めちゃめちゃ似合ったと思う。今はどうなるか想像つかないけど、光shinjiだって行けたんだから、きっと大丈夫だ。そのまま「oh~my~ジューリア」って、歌ってほしい。(サックスじゃなくて、歌ってほしいの。これは、あえて)これは、めちゃイケの企画のような気もしてきたけど(笑)

もう、暴走してきたので、無理目ばっか、書いちゃう。
次は、トヨエツで。曲は闇広(この時点で無理!)
トート閣下パートはトヨエツに歌わせて(歌えるのか)、真治君はルドルフっすよ。エンターティーメントの追求を是非。もう、ぜんぜん堂本兄弟じゃなくなってきた。ていうか・・・怒られそうな気もしてきた・・・ので、・・・これくらいにしておきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

髪型選手権

しょっちゅう変えてる髪形について。一番好きなのはどんな髪形?

これ、すごい迷うんですよね。こんなに髪型、いっぱい変えてきた人、珍しいんじゃないかな。大体、これが似合うって思うと、まったく変えずに同じ髪型でずっと過ごしてる俳優さんって、多いじゃないですか。どんな役でも同じだったりすると(分け目まで)、ちょっと突っ込みたくなっちゃう意地悪な私ですが・・・。

真治君は、バリエーション、多いですよね。

基本、黒髪、前髪下ろして、のびかけっていうのが大好きかな。tokyo eyes とか、二冊目の写真集の頃・・・最近では、堂本で15の夜歌ってた時とか、あの感じがすっごい好きです。
おでこも眉毛の形も大好きだけど、上げると大人っぽく少しきつくなって、それはそれで出来る男って感じでかっこいいんだけど、前髪さげた少年っぽいちょっと甘えん坊な感じがもうたまらない(笑)。目にかかる前髪を邪魔そうに、唇ちょっと突き出して、ふっと息で飛ばすしぐさなんか見たときには、「うわぁ~今のもう一度お願いします」ってなっちゃいます。(笑)

あと次のエントリーは(勝手に髪型選手権)金髪!
嫌われ松子のために、一瞬、金髪にした時ありましたよね。同じ色で離婚弁護士にも出てたけど、その時ではなくて、電車男の番宣で、いいとものお習字のコーナーに出たとき!(スイマセン。ピンポイントで)
同じ、金髪なんだけど、整髪料使ってない感じでさらさらで、前髪下ろして、でもって、ブルーのTシャツ着てるのが髪の色によく似合ってて。そのままスケボー乗って西海岸に現れれば現地の少年みたいに見えちゃう感じだったのが・・・忘れられないのです。
いいとものラストで、流れたアップには、もう「ホエええ~」って感じで。
すいません、変な声ばっか出してて。

で、次のエントリーは、
短髪黒髪・・・27時間のスマップライブの時のサングラスかけて黒のつなぎきてサックス吹いてた時。もう、めっちゃかっこよくって、「髪切った~切った~!かっこいい~♪」と心で叫んだのを覚えてます。(さっき長めが好きって言ったくせに)
短髪黒髪で、こういう格好してる時って、硬質なオーラみたいなのまとった感じの真治君になる気がして。甘い感じが見事に消えて、直線でのみデッサンできそうな真治くんの男っぽさが、また、魅力なんだなあ。この感じも武田真治の真骨頂っていうか。多分男受けは(真似したいという意味で)、こっちの方があるんじゃないかなあ。。。子猫の涙では、これが見えそうな予感がして、すっごく楽しみ♪

そして次のエントリーは、髪型って言うのかな。なんて言うのか分かんないんですが、鉄兜!(笑) はちまき風の。
御法度の総司。土方の寝室に入ってきて、「あなたが悪いのです」の名台詞のシーン。あれは、反則です。兜のラインが、真治君の眉毛の形に合わせたかのような出来。瞳の光を余計際立たせて、もうお見事としか言いようがない。中世の騎士みたい。はじめて見たとき、私は、多分、口が半開き(笑)。なんど見返したかしれないわ(笑)。

そして、総司がくれば、やっぱりはずせない。転がしお銀の宗太郎!
メッシュ入った前髪で、ゆるく結んだ浪人風の結い方がね。役柄の影にとても似合って、・・・ああ、もう一度、浪人役、演じてほしい・・・。

ほとけのいがぐり頭も・・・そういえばドレッドヘアもあったなあ。って、ちょこっと書くつもりだったのに、あれもこれも思い出して、収集つかなくなってきたので、この辺りで・・・。

結局、NO.1は、決められない。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

骨までかっこいい

武田くんのファンになったのは、彼の演技力に惚れてって、
こう、優等生ファンぶりたい私は、言い切りたいところですが・・・
お利口ではない私は正直に・・・やっぱビジュアルは大事(笑)

武田真治・筋肉で、検索されてこられる方も多いので、
もう皆様、彼の体型の魅力は、充分ご存知のことと思いますが、

私が好きなのは、筋肉より、骨(笑)

ラブデスの原作者の高橋ツトムさんが、「武田くんの骨格が好きで、写真集を二冊も買った」って、雑誌のインタビューで、話してらして、やっぱ分かる人は分かるのねって(笑)私も~♪って聞かれてもいないのに、ガッツポーズ(笑)

細い腰に、背中のライン、肩幅と首の長さのバランス、もう彫刻にして飾っておきたいほどの完璧な体型なのです。だから着物姿にはじまり、どんな洋服でもかっこよく着こなしちゃう。

165センチの小柄な体型で、ファッション誌のモデルとして活躍できちゃう・・・それもトップモデルとして。ブランドのイメージキャラまで出来ちゃう人、他にはいないよなあ。。。ってうっとり。
小柄だからこそ、フェミニンな服もいやらしく見えないし、かといってひょろひょろでもないから、男っぽい服も着こなせちゃう。変幻自在っていうのは、彼みたいな人のことを言うんだ。

で、あの完璧な顔が付いてきちゃう。世のイケメンと言われる人達の顔をじっと見てみても、武田くんの顔を見慣れてる私(メデイアを通して)は、ついダメだししてしまう。鼻のラインがね。武田君ほど、きれいな人がいないのだよ(笑)。高くて鼻筋ぴしっと通ってるのに、大きくはないし変なくせもない。眼も目力強いのに、二重のラインが狭いので甘すぎることがない。
眉毛の角度も、きれいな額も・・・完璧だあ(爆)

そんでもって、音楽センス、ファッションセンス、言葉のセンス、演技のセンス、全部ついてくる~♪

ほんとかっこいいのは、骨からはじまっているのです!

って、こんな時間に、私、なに書いてんだろ(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ