カテゴリー「映画・今日からヒットマン」の11件の投稿

2009年11月 4日 (水)

祝☆☆☆今日からヒットマン、DVD発売決定☆☆☆

来年早々、「今日からヒットマン」発売決定です!
武田真治、主演、っていうだけでも買いなんですけど・・・脚本段階から参加してて、しかもテーマ曲作曲、編曲、演奏っていう、もう、めっちゃめちゃ、真治濃度高い・・・映画♪
なんとなく、予約率上げたほうが、テンションあがりそうなので、
早々に私も予約しちゃいます♪生産数が増加しますように

DVD 今日からヒットマン プレミアム・エディション [DVD]

販売元:キングレコード
発売日:2010/01/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱ、ファンなら、こちら、初回限定生産のプレミアムエディション版がおすすめかと。
試写会では、ヒットマン生で演奏してくれたから、それは、ぜったい入っててほしいなあ~♪もう、めちゃめちゃかっこよかったんで、
それだけでも、DVD購入の価値あり♪

あと、メイキング60分っていうのは、嬉しい~。個人的にはガチでぼこぼこにされて、ちょっとな真治君が見たいっていうのは、・・・・S度高すぎでしょうか・・・

DVDもヒットして、是非是非、パート2つくってほしいです♪
真治ファンじゃなくても映画面白いから、お友達にもお勧めして・・・
(その際、購入したDVDを貸してはいけません。レンタル屋サンでレンタルしたら面白かったから借りてみたら的に薦めましょう(笑))

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

今日からヒットマン 10月15日トークショー

トークショー行ってきました♪

レポします♪でも真治君登場で、ドキドキして記憶吹っ飛んだんで、順番ばらばらかもしれません。
あと言葉遣いとか、真治君が言った内容、司会者さんの言葉、質問者さんの言葉・・・・いったん私の頭の中で保存してるせいで、私の言葉遣いになっちゃうことあるかなって、そのあたり、どうかご容赦ください。。。ニュアンスはなるべく変えずに伝えたいとは思っているのですが・・・この流れのときにこの発言だったか・・・等、あやふやなとこ出てきてて・・・すみません。で、前置きは終わりにして。

試写会の時と同じ綺麗な司会者さんが、呼び込んでくれて、真治君と森下さん登場!
なんかスカッとしてる真治君!かっこいい~♪♪♪
真治君は黒のベストスーツ(細かいストライプが入ってたかな)シャツも黒、靴も黒。腰のポケットから大きめの黒いバンダナ。アクセはよく見てなかったけど・・・指先キラキラ、ベルトあたりキラキラしてたかな?とにかく、素がキラキラした真治君だから・そのキラキラがアクセだったかオーラだったか判別不能(笑)
髪は前髪かっこよくちょっと立たせてる感じで、キラキラした顔、瞳・・・もうとにかく綺麗な真治君。(キラキラって何度書くんだろう~・・・でも、昨日の真治君は、まさにキラキラ~)
森下さんは黒のタンクトップに金のミニスカート。ちょっと大人っぽいちなつって感じ。二人合わせたのかな?ッて感じのコーディネートでした。

真「今日は、平日の遅い時間に、こんなに集まってくださってありがとうございます!」
こんな感じで挨拶してたら、客席から大声で「武田君!シネパトスへようこそ!!」っと、男の人の声がかかりました。
真「あっ・・・ありがとうございます。で・・・あなたは、劇場の関係者の方・・・支配人?・・・あ、・・・違うんですね」みたいに。
最初から客席とステージの垣根がない感じで。この人のこと、その後真治君は、ずっと支配人って呼んでました(笑)

で、映画の裏話みたいなこと話してくださいって言われて・・
真「ここに来てる人は、皆、もう一回は観てくれた人なのかな?」
って聞いて、司会者さんが「今日、はじめて観られる方、手を揚げてください」って客席に挙手を求めたところ・・けっこういて、先ほどの「シネパトスへようこそ」の男の人も手を揚げてたみたいで、真治君、「え?支配人・・・観てないの?」って突っ込んで(笑)、
支配人クン(ってもう呼んじゃう)「あっ。でも漫画は読んでるよ!」
真「あ・・・そう・・・それは、どうも・・・」みたいな・・・なんだか直に掛け合いしてました。後ろの方の席の人だったから、掛け合ってる感じが、けっこう大きな声で・・・頭の上会話が行き交う不思議な感じ(笑)。会場全体参加型って感じかな(笑)

突然、客席の一人をジット観て、カメラ目線な感じで手をふりはじめたりして・・・お知り合いかなと思ったら、前方にも関わらず、オペラグラスで真治君を観てる人に向けてだったらしく、
司会者さんが、「その位置で、オペラグラス・・・しっかり見てくださいね」みたいなこと言ったら、真治君「あっ、汗ふいとこ」って、バンダナで汗をぬぐう真似してました。

司会者さんが、「ゴラクの表紙飾られましたね~」ってその感想を真治君に求めたら、
真「そうなんですよ。ゴラクって、コンビニにでも、なんていうか、いかがわしい方のコーナーに置いてあるじゃないですか~。。その表紙の、自分がこう、ぐっと力入れてる顔が、その、いかがわしい方のスペースに、ば~んって置いてあるの・・・なんかびっくりするっていうか・・・ちょっと近付けないっていうか・・・手にとれなかった」って(笑)
あと、フラッシュの袋とじコーナーに映画の宣伝が入ってたことに触れて、「あれ、読みました?普通みなさんフラッシュとか買わないでしょ?・・・買った???って見回して・・・でも袋とじに映画の宣伝ってなんで?みたいな・・・。宣伝・・・考えたほうがいいんじゃあって思った(って言ってから宣伝スタッフの方に、ごめんねポーズしてました)で、袋閉じで紹介しなくちゃいけないようなシーンあったかな~って、もしかしたら自分の出てないシーンで、こっそり、そういう撮影あったのかな?って、ドキドキした」って(笑)

漫画原作ということについての話だったかな~。漫画そのままではないみたいな話で、森下さんが、「漫画そのままだったら、たいへんっていうか、ちなつは最初から脱いでますよね・・・それに、すごいえぐい・・・」って続けようとするのを、真治君じっと見てプレッシャーを。
(真治君は森下さんが自分でシモネタに行こうとするのは嫌なのかな?・・・って、自分が言うのは平気だけど・・・って。前回も感じたんだけど。)

真治君「漫画原作ということで、ありえないことも多くて、普通あんなことあって会社行かないよね。・・・でも、そういうとこも含めて、大人のファンタジーみたいな映画です」って言ってました。

それから、質問コーナー。
真「今日は記者さんとかいないから、何でも答えます!」みたいなこと言ってて・・・司会の方も、「映画のことから、プライベートのことまで、何でも聞いていいですよ!」って。
男性客の方がまず手をあげて。
マイクを運ぶ係りの方が「ではマイク~をどうぞ・・・あっ届かない・・・」ってやってて、場内がなんとなく笑いに包まれたら、真治君「なんで、マイク運ぶ人がしゃべるかな~。普通、黙って運ぶでしょ。で、なんで笑いまで取ろうとするかな~」って、いつになく突っ込むって思って振り向いたら、マネージャーの宮川さんでした(笑)
で、
「人生の中で、映画のように、画期的に変化した!ってことありましたか?」みたいな質問。
真「う~ん。・・・・昔、ナイトヘッドっていう作品に出て・・・最初はなんでもなかったのに・・・終わる頃にはすごく騒がれるようになって・・・とりあえず帽子をいっぱい買いました。目深にかぶって歩くようになって・・・」

次も若い声の男性の質問。
「テーマ曲をCD化する予定はないのですか?」
真「あ~。今、映画で、そういうサントラとかって連動していくのって、ハリウッドのおっきな映画くらいで・・・なかなか・・・難しかったりして・・・。でも、パート2、3と続けば・・・演奏する機会もまた増えていくかな~と・・・・ぶっちゃけ、どうでした?曲?」
会場、拍手で沸きました!
真「あ~、ありがとう。自分でもすごく気に入ってる曲なんで、自分の演奏の時にもセットリストには入れたいって思ってるし・・・パート2とかできれば、またそういうチャンスも・・・・(みたいな感じのこと)」
質問者さん「武田さん個人のアルバムに入れるみたいなことはできないんですか?」
真「あ~。。。・・・そういうのも、やれれば・・・そういう時には入れたいとは思いますね。。。リミックスとかも自分でやってみたいし・・」
質問者「・・・すごくいいと思ったのでCDがほしいなあって(みたいな感じのことを)」
真「う~ん。ダウンロードとかで配信とかは、やれるかなって・・・」

で、次の質問、森下さんに。
どんな質問だったか、なぜか答えだけ覚えていて、
それで、森下さんが一歩後ろにいるので、前へ来るよう真治君がいいながら、
真「いつも写真撮るとき、一歩後ろにいさせるんですよ」
森「あ・・・武田さんがちい…」
真「そう小さいから、遠近法で!、って、やかましい!!!」
って、どやして、・・・まるで、夫婦漫才みたいでした(笑)

で、森下さんが質問に答えて、
森「こんな映画みたいに、ハラハラする生活は嫌ですね。私、平穏が好きなので・・・ちなつみたいな生活は嫌です。」
で、司会者さんが、意外ですね~みたいなこと受けてて、
森「はい、驚いたりするの嫌いで、平穏がすきなんです・・」みたいに言ってたら、突然
「わあっ!!!(大音量で森下さんに突然叫ぶみたいな)」
森下さん、「!!!」って、本当にびっくりして、っていうか、会場みんなびっくりしました(笑)
司会者さん、「武田さんは・・・本当に面白い方で・・」
森「・・・ほんっと、最初会った時、イメージとあまりに違うんで・・・」
真治君、なぜか前に出てきて、
真「だって、俺!めちゃイケメンバーだぜ!」って、きめポーズ。
会場、拍手が起きてました♪

また、次は女性の方の質問
「森下さんが、撮影で水をかけられるシーンが辛かったっておっしゃってましたが、武田さんは今回の撮影で一番辛かったことは?」
真「・・・・う~ん。あの、冒頭のトンネルのシーン。あっ、まだ観てない人いるのか・・・う~ん、あんまり言っちゃうとあれかな・・・あのトンネル・・・とにかく遠いんですよ。山道を3時間半もかかるの。僕のマスタングですら!3時間半って半端ないですよ。それかな~」
って言ってる最中から会場笑いが・・・あたしも笑っちゃった(そんなことでいいの・・・みたいな笑い)
本人も空気察知したみたいで、
真「や、でも、撮影でたいへんなことって、案外そんなことだったりするんですよ。待ちとか・・・。あ、でも、最初、ちなつを助けに行くシーン。あそこで、殴られたりするシーン。若手がね。なんかクローズとかルーキーズとか、映画でてるノッテル人達・・・。いつも広い校庭とかで、半ばガチで闘ってるんでしょうね。。。ここでも、それ。撮影で殴るシーンってね。ちょっとやってみましょうか。森下さん」
で、森下さんを殴る設定で、ぜんぜん当ててないのに、当たってみえるっていうのを実際二人でやってみせてくれました。
「こういうふうに、カメラにかぶってしまえば、本当に殴らなくてもオッケーなんですよ。殺陣師の方とかが教えてくれるんですが・・・でも、あいつら、『俺がフイルムに残したいのは、そんな姿じゃねえ』とか、うんちく言っちゃって・・・。だから、あのシーンは、本当にガチでボコボコです(笑)」
森下さん「怪我はなくて、良かったですよね」
真「そう、怪我はなくて。・・・いや、あいつら、いい奴らなんですよ。だから、僕も大人の対応で(笑)本当はこうすればいいって、教えてあげても良かったんだけど、あんまり教えて出世されてもこまるし(笑)。大人の対応で・・・ま、思い出にしとけよ!みたいな(笑)」

で、司会者さんが聞いたと思います(このタイミングだったか自信ないのだけど。
「パート2とか3とか、続いていくんでしょうか?」
真「それはもう・・・・皆様方にかかっている・・っていうか・・・。映画がDVDになった折には、是非レンタルしていただいて・・・更に無駄に延長していただければと・・・パート2、3と映画も続くかと・・」
と、会場で「買います!」っていう声と、拍手が。

真治君、「ほんとだな!」って、指差し、方向かえて、会場のあちこち指して、「ほんとだな!」ってきめてました。

他にもあったかな~。思い出せたら、また。
それで、プレゼントコーナー。サイン入りのプレスと、ポスターと、Tシャツ。それぞれ、くじ引きで、決定。
プレスにサインしながら、
真治君が「パンフって売ってるの?」
担当の方「はい」
真「だったら、パンフに書いてあげればその方がいいじゃん」
担「あっ、それです。プレスをパンフ代わりに売ってます」
真「・・・・・・・・(え?これ・・・)みたいな反応。」
薄いんですよね。プレス。。。次はパンフ作ってほしいなあ。。。
Tシャツも、「いいな~これ僕も持ってないんですよね。。。」って。
当たった方、それぞれ、真治君や森下さんと握手して、受け取ってました。

で、真治君、挨拶して、「今日は楽しかったです(みたいなこと)ここ来るといつも楽しいんだよね~」って、くっしゃくしゃの笑顔が、ミッキーがおやつ頬張るときの顔みたいだった。
そしたら、支配人君が「こんどは、本城裕二も連れてきて!」って突然。
真治君「・・・・また、そんな、・・・なところを(なんていったか忘れちゃった・・・マイナーとかそういう意味合いだったかなあ~)・・・。これだから、素人さんは・・・(って駄目だししながらも、支配人さんにごめんねポーズ)」
で、その後、挨拶、かっこよかったんだけど、何言ったか、なぜかさっぱり忘れちゃった・・・すいません)
で、握手に応えながら、退場。

ざ~っと、思いつくままに書いちゃったんで、
読みにくかったですね。。。とにかく楽しく、面白く、明るい、で、かっこいい真治君でした!
明日は大阪公開!札幌ももうすぐですね!
で、真治君の「ほんとだな!」に応えて、DVDもぜったい買おうって思います!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

今日からヒットマン再び舞台挨拶ですって♪

ご無沙汰してしまいました。

パソコンが調子悪いんです・・・色々問い合わせて、復旧しようとしてたんですが・・・結局リカバーしなくちゃ問題は解決されないらしく・・・バックアップの機能もだめで・・・PCにあるあんな画像・・・音とかが、ぜ~んぶ消えちゃうってことで・・・凹んでます。。。ああ。。。

でも、コメント欄にいっぱい情報ありがとうございます!
全部携帯から見てきました~。なんか、各方面で愛されてるシンディがわかって、なんか、嬉しいですよね~。

で、嬉しいので、画面チラチラして、見づらくって、更新さぼってたんですけど、書きます。

「今日からヒットマン」、じわじわと、その面白さが、ネットの評判等で伝わってると思うのですが、テレビとかでは宣伝しないですからね。。。知らない人もいるんだろうなあ~。。。

週末から、上映が夜の2回になっちゃうって知って、慌てて、昨日、、ラスト!って思って、映画見てきました。
スクリーンも移動になってて・・・さみしいなあ~って思ってたけど、お客さんは、冷たい雨、台風前の割にはそこそこ入っていて・・・きっと口コミで気になった人が、今見ておかなきゃって雨を押して来たのかな・・・だったら、じわじわとこれから増えてくんだろうから・・・もう少し、昼間も上映してほしいのにな~・・・って、、ちょっとしょんぼり帰ってきたら・・・

なんと、来週、15日、真治君がまた舞台挨拶に立つと!!!
え~っと。。。すごいなあ~。再び、盛り上がってきますね。
レビューとか、すべて評判いいし。これから、観にいこうって人多いと思うから、シネパトスさんには、ゆっくり長く上映していてもらいたいな~って思います。それにしても、企画段階から参加して、出荷から宣伝から販売から、テコ入れから、全部しちゃうスーパー社会人だわって・・・思ってしまった。企業家でも成功したんじゃないかな。。。まさにありあまる才能と、行動力。

行きたいんですけどね。。。。木曜、19時50分。。。。。
主婦にはキツイ時間ですね。どうしよかっな~・・・。ああ・・・ドラエモンのドコデモドアがほしい。。。

でも、上映時間、ターゲットは、サラリーマンだろうから、会社帰りにちょうどいい時間の上映かもしれませんね。。。でも、観てみたら、意外に、女子にもぜったい受ける映画なんですけどね・・・女性誌にも宣伝してほしい・・とか思ってしまうほど。

なんかね~観たあとに、街を行くサラリーマンがすべて3割増しかっこよく見えるっていう、マジックが働きます(笑)。
そう、見慣れた旦那様さえ、3割増しに(笑)

だから、サラリーマンさん達は、ひとりでこっそり見に行かないで、彼女連れていけばいいんですよ~そしたら、きっと帰り道は、優しくしてもらえると思います。
真治ファンの女の子も、これは彼氏連れてっても大丈夫な映画ですよ。ラブデスはデートにはどうかと思う映画だったけど・・・これは、めちゃめちゃデート向きだと思う!男の子も、ちょっと自分が二丁になった気分で、なんかスカッとすると思うし。
だから、上映、もうちょっと週末の昼間とかもやってほしい・・・それで、雑誌には「デートにお勧めの映画特集」とかにも載せてほしい・・・と思うのでありました!

で、昨日は、真治君、チラチラ出てましたね~。ベストハウス特番!
あれ、カンペ落としたの、わざとだな~上手いなあ~さすがめちゃイケで鍛えられてるって笑っちゃいました。間が絶妙。。。黙ってると、怖いくらいの二枚目なのに、ついサービスで、とぼけた顔しちゃうんですよね(笑)
後ろで、だれか「サックス吹けよ」とかガヤが聞こえたんですが・・・ほんと、ビスバルさんたちと、サックス吹いてほしかったかな~。
あと、思いがけず、ラジオドラマの「天国のポスト」を思い出して、ぐっときてしまいましたが。。。あの声は、真治君の声が良かったな。。。

小さい箱の画面の中、涙はみせず堪えてる真治君。。。あと、体操はしない真治君。秋刀魚にはあんまり食いつかない真治君。お茶目な顔になる真治君。笑うとこが独特。。とぼけた顔してカメラ目線。。。なんだか楽しそうに話してる真治君。けっこう楽しめましたが、小さい箱の中の真治君ばっかり観てるから、放送の内容について、ほとんど頭に入らなかった(笑)
前に、ボクシングの試合中継の観覧席に真治君を見つけたとき、ものすごい勢いでテレビ前を陣取り、真剣に試合見てたのに、
あとで、「で、どっちが勝ったの?」って聞いたら、息子に、「なんで、あんなに真剣に見てたのに、勝ち負けすらわかんないの?」って、呆れられたのを思い出しました。
小さい画面に集中しちゃうと、頭に入ってこないんで、大きい画面占領で、お願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

漫画週刊ゴラク

明日発売の「週刊漫画ゴラク」真治二丁が表紙飾ってます♪
http://www.nihonbungeisha.co.jp/goraku/

もう、あんまりにもはまり過ぎてて、コンビニで、きゃあきゃあ騒いでしまいそう。
かっこいい!

で、昨日、「今日からヒットマン」また観てきました!
銀座三越と、歌舞伎座の間・・・こんな一等地に、映画館・・・あったけ?
って、思ってたら、なんか異空間のような、昭和な雰囲気な一角が。
「この雰囲気・・・・あ、あたし好きかも~」って、思ってしまった。
はじめて連れて行ってもらった映画「ゴジラ」が、こんな映画館でやってたな~みたいな、妙に懐かしい気分。

で、他のスクリーンで大島渚特集今日は「戦メリ」やってて、つい他のラインナップ凝視してしまった。シネパトスさん、ここはやっぱ「御法度」上映すべきでしょ~!それなら、二本立てで真治ファンは観て帰るのに~って(笑)思っちゃった。

そんなチケット売り場。真治君並びに、他キャストさんのサインが飾ってありました。

090930_125224 今日からヒットマンって書いたのもそうかな~?
筆跡から、・・・自信ないけど・・。

で、映画、二回目。
一回目に乗るジェットコースターは、ひたすらドキドキして終わるんだけど、2回目からは景色も楽しめる的な、嬉しさ。一回目より、より楽しんできました。
やっぱ、かっこいいわあ。ストーリーも飽きさせないし。
ただのガンアクションとか、謎解きとか、そういうのと、ちょっと違いますね。
主人公がずっと、及び腰っていうのは、あるようで、なかったような。
でもって、知恵のみで、一級の仕事しちゃうっていう・・・。

新しさがあります。・・・こんなヒーロー今までいなかったよねっていう・・・

映画自体のつくりもそうで、派手な爆発シーンとか、車クレーンで落とすとか、CG使って、戦闘シーンとか、そういうのないんですけどね・・・。
そういうのって、逆に見慣れちゃって、「またか・・・へ~そう、凄いね・・・で、それが何?」って思っちゃうタイプの人には、これ、「おお~。映画らしい映画だあ~」って思える映画じゃないかな~って。
たまにB級ってレビューあるけど、B級じゃないと思います。低予算かもしれないけど、
面白さと、観終わった後の満足感は自信を持ってA級。
って、ファンモードな私が語っても、説得力ないかな~。いや、ファン目線抜きにしても、
「すっごい面白い映画だ~」って思います。通っちゃうな・・・私(笑)


で、この役柄を真治君にってキャステイングした人はすごいですよね。。。
スイッチ入らないと、どこか自信なさげ。
でもって、スイッチ入ると、めちゃめちゃかっこいい。、

自信なさげっていえば・・・今度の舞台挨拶でも、「スターじゃないし・・・」発言(笑)
スターでしょ。スターじゃなきゃ、ファンのあたし達はなんですか?みたいな(笑)
めっちゃめっちゃかっこいいスターなんだから、ぶすっとしててもOKなんですけどね。

なんか、トー吉が乗り移ったかのような、営業マンみたいなトークだったみたいで(笑)
クールっていう印象で行ったお友達が、
「あんなに面白いと思わなかった!めちゃめちゃムードメーカーなんだね」って
印象がらっと変わったみたいです。ドカンドカン笑いとってて、盛り上げてて、楽しかった~って、帰ってきました!

で、行けなかったけど、真治ファンを増やせてよかったかな~と思う反面、
やっぱりさみしさもあったので・・・お留守番しながら、心で「私だけに」をちょっと歌ってた。

で、映画館で、舞台挨拶の雰囲気・・・名残をちょっと味わおうと・・・皆で記念写真の・・・真治君が立ってた場所あたりに、立ってみた(笑)
そしたら、なんだかドキドキしてきた。。

やっぱタケダシンジって人は、、映画スター
古い言葉でいえば、遠い遠い銀幕のスターって感じだあって。

デマチとかお茶会で見た真治君は夢の人で、スクリーンの中の真治君がリアルだって。
なんか、そういう風にじわじわ思ってしまいました。
いっぱいスクリーンで観たいので、今日からヒットマン、シリーズ、延々と続くこと、願っちゃいます!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

今日からヒットマン明日公開

この見出し
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090922-00000011-tkwalk-ent

「男前のルックスを武器に活躍している俳優」って・・・。
これ、本人読んだら、「へえ~そうだったのかあ~」とかって言いそう(笑)
武器のひとつではあるけれど・・・はっきりそう書かれると、なんだか(笑)

でも、続けてちゃんと、「俳優としては多彩な人物像を演じわけることで有名な演技派」って続いてて・・・ファン心としては、なんか満たされちゃう記事だったりします(笑)
いっぱい記事出てたけど、本人は、どの記事が好みなんだろ~。聞いてみたい感じ。「若手にぼっこぼこ」あたりが好きそうな気もするけれど(笑)

で、明日、いよいよ上映ですね!
テレビのワイドショーとかでは宣伝してないようだけど・・・ネットとか、あと青年漫画誌とかでは宣伝してるようなので、きっと主婦層狙いではなくて、男性客狙いなのかな~。。。元々青年誌漫画原作だし・・・。
でもキャストは、女の子好みだよな~って、映画見てて思いました。
真治君はもちろん、深水さんとか、黄川田さんとか、かっこいい人いっぱい出てたし。

ラブデスも色んな人出てたけど、なんていうか、女の子心を掴むのは、こっちな気がする(笑・・・ごめんなさいラブデス濃ゆいメンバーも、もちろん好きです)。
真治君のキャラもね、超かっこいい設定のサイよりも、トーキチみたいなちょっと母性本能くすぐるタイプの方が、キュンとさせちゃう感強いんですよね~。
どの記事でも感想でも、ほんと真治君が役にぴったり!ってありますよね。ほんっと、はまり役だと思います!ストーリーも展開早くて飽きさせないし・・・ハードボイルドなんだけど、なんだか君の手彷彿させるような甘い感じも楽しめたりして・・・良く出来た映画。ファンはもちろん、ファンでない人にも薦められる・・・新しいファンを開拓するんではないかな~って。
ヒットするといいなあ~。。。もっとテレビとかでもかっこいい映像流して、宣伝してほしいんだけどな~。。。

で、そんな晴れやかな初日に、行く気満々だった舞台挨拶だったんですが・・・
ちょっと行けなくなってしまいました(悲)
で、ご近所のお友達と一緒に行く予定だったので、私の分のチケットで、誰でもいいから友達誘ってみて・・・って、空席にしたくないし・・・「武田君生で見れるよって、釣ってみて」・・・。
ってメールした後、不安になって・・・「武田くんでだめなら、クローズとかに出てた若手イケメンいっぱい出るって釣って」って・・メールしたら、
「なに、言ってんの!武田君一人で、争奪戦でしょ。ファンのくせに」と叱られた(笑)

で、速攻で、「一発で行きた~い」って人いたよ!ってメールきたんで、ほっとして、
今度は、映画見るうえでの注意事項として、「ラストのテーマ曲、武田くん作曲演奏だから、映画終わってもエンドロール流れる間、立たないで聞いてあげてね」ってメールしたら、「なんか参観日に代わりに行ってって頼んでる母みたいだ」って笑われてしまった(苦笑)なんか、もう、ほんと、そんな感じ(笑)

あ~引取り手決まったら、さみしくなっちゃったあ。
試写会はちゃんとした映画館ではなかったので、やっぱりスクリーンの映像が荒く出てたり音響が映画館とは違ったので・・・映画館でちゃんと観たいなあ。。。

で、子供も元気になってきたし、来週月曜からは登校できるし・・・
舞台挨拶は逃しちゃったけど、スクリーンで近いうち、ちゃんと観てこようと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

今日からヒットマン試写会2

公式に紹介されてるWEBインタビュー。
いい顔してますね~。言っていることといい、ほれっぼれしちゃいますね~。
http://www.envy-j.com/interview/bk/090916/index.html

ほんと、素晴らしい仕事をする真治君に、素晴らしい評価がなされますように。

で、色々ネットで試写会の記事、読みまくって、見出しに大受けしてました。
面白かったのは、「生サックス披露も、主演7作目にして、若手にぼっこぼこに」だったかな~。あと「武田真治面白すぎ・・・相乗効果で、拍手なりやまず・・・」とか、森下さんの姿に目のやり場に困っていた的なのもありましたね~。(これ、ほんとです。水着で森下さん登場された後、ただの一度も森下さんの方、見なかった(笑)・・・中学生みたい・・・(笑))

で、私は、この日、記者席のすぐそばに座っていて・・・実はこの集団がとっても怖かったんですよね~。やっぱ仕事で来てる人と、遊びで来てる人との違いかな?発する空気がぜんぜん違っていて・・・「なんか、・・・怖いよね・・・こんな人達に囲まれる仕事って、たいへんだよね・・・」って、つい悪口言ってたんだけど(ごめんなさい)。
最初、なに言ってもくすりともしないコワモテの記者さん達も、だんだん表情がくずれて、笑いがこぼれたりして・・・真治君の空間を変える力ってすごいな~って思ったのでした。
記事もすべて、やっぱり真治君に好意的で、なんか嬉しい!真治君の宣伝力ですね。

でも、ニュアンスがちょっと違うかなっと思うとこあったんで、ちょっと書き足しておきます。

あの真治君が自分で「スタイリッシュでかっこいいんです」って言ったという台詞。最初に真治君が言い出したわけではなくて、司会者さんが、「この映画の主人公は、武田さんの普段の魅力と本当に同じで・・」みたいなことおっしゃって、映画の紹介しようとした時、真治君がさえぎって、「すいません。僕の普段の魅力ってなんですか?」みたいに聞いたんですね。
それで、司会者さんが、「え~。かっこよくって、スタイリッシュで、・・・・ちょっとドジなところもある・・・」みたいに、困りながら答えてて、それを受けて、
「そうなんです。僕、かっこよくって、スタイリッシュなんです!」って、畳み掛けて、会場の笑いをまずとって・・・

その後、森下さんが、現場で真治君が、「スタッフさんにも若手の役者さんにも、本当に優しくて、みんながファンになりました」みたいな誉め言葉続けてたら、照れ隠しに、
「そうなんです。僕、かっこよくって、スタイリッシュで、その上、優しいんです・・・(途中から、自分で笑っちゃうみたいになってました)」って、また落として、

最後、かっこよくサックス吹いた後、監督が「あらためて、武田真治ってかっこいいな~」って誉めたら、また、真治君、ぜいぜい言いながら、「そうなんです。僕、(ぜいぜい)かっこいい(ぜいぜい)んです・・・」って、言い方が、全然かっこよくなくって、吹き終わってヘロヘロ倒れそ~みたいになりながら言ってて、場内、爆笑みたいな・・・3段落ちだったんですよね。

ほんっとに、かっこいいのに、自分からあえて、落とすみたいな、ちょっと面白くなっちゃうってとこ・・・漫画の原作のヒーロとかぶって、カッコ可愛い真治君だな~って思ったのでありました。

宣伝、雑誌とか新聞とかいっぱい載りそうですね。テレビも二丁スタイルで出てほしいな!

で、ヒットマンの試写会の興奮冷めやらず・・・といいたいところですが・・・
我が家では、トーキチが二丁の正体、美沙子にばれちゃう的な事件がおこりまして(苦笑)。あっ・・・わけわかんないですねえ。。。しばらくは、家族のご機嫌取り・・・大人しくしてなきゃだめな雲行きで・・・とりあえず26日はどうやって出かけようか・・・悩んでいるところだったりします

でも、ぜったい行くんだけど・・・ね

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

今日からヒットマン試写会

帰ってきました。
また、明日、詳しくアップしたいと思いますが、(カメラ入ってました。(テレビって呼ばれてるとこと、、ムービーって呼ばれてるカメラとあったので、ワイドショー、ムービープラス、または公式の動画とかチェックすれば、どこかで映像流れると思います。

記事がアップされてました。

http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=4495


映画、まず期待以上。
スリル、迫力、なんていうか息をつく暇もない2時間。終わったら肩に力が入ってて、体痛い感じ。ダイハードな真治っていうか、ほんと、the,主役だあ~!って感じ。

ラブデスとか子猫の涙では語り部かいつのまにか別になってたりっていうジレンマが
観ていて(私にはあった)んだけど、正真正銘、真治主役。真治がかっこいい、真治の芝居がいい、もう、なんだかわけわかんないや(笑)最高。
ネタバレになるから、感想は、公開後に。でも、ほんと、漫画ファンの人にも自信もって、すすめられる出来だと思う、漫画の世界はコメデイ強かったけど・・・リアルにこんなことあったら・・・っていうシリアスさが凄い緊迫感生んでて・・・迫力の力作♪お勧めです。

トークショーは、二丁のあのスタイルで登場。サングラス姿で、
真「え~。こんな姿(サングラスで)武田とうとうそんなに偉くなったか・・・と思われてしまうかもしれませんが・・・理由があって・・・・この映画の役の衣装で・・・・」と記者席にサングラス姿を謝って登場。
現れた瞬間、めちゃめちゃかっこよかったあ~。。。

トークの内容は、明日にでも公式あがると思うのだけど、
ヒットマンのテーマ曲、一発で真治君がつくったものに決まったそうです。
監督のキーワードの中に、ルパン3世っていうのがあって、それを武田さんとも話していたんだけど、武田さんがつくってきてくれた曲を聴いて、「これだ!」って映画のいろんなことがはっきり見えたみたいなこと、監督おっしゃってました。

あと、真治君は、「クローズとかに出てるような、今流行ってる不良映画?みたいなのに出てる若手さんとかいっぱい出てくれて・・・最近の若手の芝居ってどんなかな?って、まかせてみようって思ってたら・・・殴る時とか、あいつらほんとに殴ってくるんですよ。任せてみようって思ってたら・・・(なんか言葉忘れちゃったんだけど、すっかりやられてたみたいな言い方してました・・・もっと座布団一枚あげたい言い回しだったんだけど・・・忘れちゃった。」

あと、森下さんは、「武田さんは本当に優しくて、私とかスタッフとか若手の俳優さんにも、常に『寒くない』とか気配りしてくれて、本当に優しい方で・・・」って、誉めてくれてました。
真治君は、「自分も寒いけど、もっと薄着の森下さんが頑張ってるのに寒いっていえないから、最初にこっちを気遣って、もこもこにさせて、自分も・・・・って」って、なんか照れて謙遜してました。

あと、ヒットマンのテーマ曲の演奏。

始まる前に、演奏中フラッシュとか慣れてないから、「今、お願いします」って、サックス持ってかっこいいポーズ、何パターンかカメラマンさん達の前で取ってくれました。ちょうど、サックスブラスマガジンでのポーズを2丁の衣装でやってくれてる感じで、かっこよさにクラクラやばかったです。。。
「これがこの曲の最初で最後の演奏になるかと・・・取り立てて吹く機会もないでしょうから・・・今日は全力で吹きます」みたいな挨拶で・・・(最後なんていわず・・・・演奏する機会をつくってください・・・って思いますが)

演奏も、フルバージョン。ほんとに、すごい気合はいりまくってて、とにかく圧倒。
ずっとフォルテシモって感じで息が続くのが不思議。。。

終わったあと、監督が、「あらためて、武田真治ってかっこいいって思いました!!」って、、感動してらした。私も、なんか、胸がいっぱいっていうか・・・こんなに近くで、演奏みたこともなかったんで・・・でまた曲がやたらかっこいいし・・・迫力に鳥肌立ちました。
真治、吹き終わった後、なんかぜいぜい・・・って感じで・・・汗びっしょりで、一瞬瞳がクラクラっとした感じの表情してて・・・堂本でもそういうの観た事ないから・・・なんか、色っぽかったんですけど~。。。なんていってしまったりして。
「で、予想以上に上手くいったんで・・・またこういう演奏できるように、パート2の映画があるといいな~って今、思いました。そのためにも、映画みなさん盛り上げてください!」って。

で、カメラマンさんたちの撮影会みたいのがあって、拳銃持った真治君と、水着に着替えた森下さんが登場。独特の歓声に「うん?」って感じで振り向いた真治君が、森下さんの水着姿見て、「ギョっ」って感じの表情したのが面白かったです(笑)
で、並んで撮影。森下さんが次々慣れた感じでポーズとってるのに、真治君はなんかぎこちないっていうか、写真撮影慣れてない人みたいになってて・・・
記者さんが「すいません、武田さん、森下さんの肩抱いて!」って注文がかかったら、顔こわばって・・・で、自分から肩に手をまわすことはなく・・・(できないのかな?)・・・森下さんに、「じゃあ、肩つかんで・・・」って、小声で(笑)。森下さんが、真治君の肩に手を添えて、またかっこよくポーズ色々決めてました。これは、多分、そのうち、スポーツ新聞飾るかと。。。真治君、めちゃめちゃ照れ屋さんだあ~って、確信しました(笑)
また、詳しく思い出したら、書きます。今日は、このあたりで。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

今日からヒットマン!もうじき

HPも、ポスターも、かっこいい♪♪
このかっこよさ!
MOVIE何度も繰り返してみちゃった!
曲もかっこいいですね。あの変身シーン(と言ってしまおう)に曲かぶさると、半端ないかっこよさ。ガンアクション、見せてくれそうですね~。
この前まで、おもちゃの拳銃持って「バンバン」はしゃいでた人が、本物ヒットマンですよ

ミッキーとは全然違うはずなのに・・・15歳のミッキーも白いジャケットにジーンズ、サングラスだったなあ~とか・・・・まだ、私の方が、切り替えできてなくて、まいっちゃうわけですが。

切り替えさせてくれるイベントに行ってきます!14日の試写会
月曜夜なんでね、あきらめて、応募もしてなかったんですが・・・。

くじ運強いお友達からの、お誘いメール。・・・おもいっきりよろめきました。で、その気になれば、なんとかなるものさ・・・・ってことで、行ってきます♪
ヒットマン関連記事も増えてきますね。子猫の時みたく、いいともとか、すっきりとか・・・色々宣伝も出てほしいなあ~。。。
で、共演の森下さんのサイゾーのインタビュー記事です。真治君のことは後半に出てきます。「王子」って呼ばれてたんですねえ。。。呼んでみた~い
http://www.google.co.jp/gwt/x?ei=wOakSvjBJIH6vgPL9JW0DA&source=m&u=http%3A%2F%2Fwww.cyzo.com/2009/09/post_2697.html&whp=3229&wsc=ti&wsi=b48aae1eade543e0

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

今日からヒットマン情報解禁

http://www.sanspo.com/geino/news/090801/gnj0908010502004-n1.htm

今日からヒットマン、情報解禁ですね!!

いままで、いろんなスポーツ新聞の記事みたけど、この見出しは嬉しいなあ~。

一人三役ですよ~。「テーマ曲まで、作曲編曲演奏する主演俳優もめずらしい・・・」

こういうの、待ってました♪主演で映画音楽もって、ほんっと、すっごいな~。真治濃度高いほど、嬉しいから・・・・これは、もう夢のよう・・・。サントラも出してほしいな~。久しぶりに、発売してくれたりするのも、夢じゃなさそうですね~。頬つねりたいほど、嬉しい。。。

写真がまた、かっこいい
サングラスに銃、ヒットマンなスタイルが、想像以上にきまってますね~。
缶コーヒーの写真もかわいいなあ。かっこいいとこも、コミカルなところも、楽しめますね!これは、公開がすっごく楽しみです!!!

で、応募していたゲネプロ見学ですが・・・企画が中止になってしまいました
サミー役の住谷さんが、怪我をされてしまい、降板されるそうです。。。残念です。

一週間前に、新キャストの方で、お稽古し直し・・・火曜日の公開稽古が中止なのも仕方ないですね。。。ただ、応援して祈っているしかありませんが・・・無事に初日が迎えられること、願っています。

あと、昨日、マネーロードの後編、ダウンロードが始まってます。
私も、まだ聞けてなくて・・・なんせ夏休みで・・・夜型と朝方に家族が二分する我が家は・・・・30分も静寂がない・・・静かに聴きたいから・・・・夜中3時に目覚ましかけようか・・・思案中(笑)はやく・・・聞きたいです。。。

それと、今週発売の、週刊ヤングジャンプに、めちゃイケで紹介されたメンバーの似顔絵、大きく2ページ見開きでのってます!各先生のメッセージも嬉しいですよ♪チェックしてみてください!!!

なんか、いっぱい、チェックするとこありすぎて、頭の中、容量オーバーです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

ヒットマン情報

小宮孝泰さんのプログに、今日からヒットマンに出演される記述がありました・・・。
小宮さんは、主人公(トーキチ)の会社の上司役だそうです。
秋以降、単館ロードショー。シリーズ化なるか?みたいな書き方してあって・・・是非是非シリーズ化してほしい!って祈っちゃいます。

監督:横井健司
出演:武田真治・星野真里・津田寛治ほか

と、ありました。
星野さんのプログ辿ると・・・三月にそれらしい撮影されてて・・・記述から想像すると、奥様役かな?っと。
個人的に、二人とも好きな俳優さんで。。。
津田寛治さん、・・・(旅番組とか出てると、ビデオ録画しちゃうくらい・・・)なんか、好きなんですよね(笑)ほとけとか、ラブデスにもちらっと出てらっしゃったけど・・・今度はがっつり絡んでほしいなあ~。丸眼鏡さんか、きのこ頭さんかな・・・とか想像したりして。
星野さんも、バラエテイとか出てるときの緊張っぷりが、昔の真治君に近い・・・って、ちょっと思ったりして、なんか好きで・・・。前に倖田さんのPVドラマでも恋人役でしたよね~。車に乗り込む二人・・・似合ってたなあ。。。
なんだか、キャスト知って、余計わくわくしてきました♪

あと、撮影の様子、音声さんのプログみると、少し様子が見えます。

http://ameblo.jp/egu219/entrylist.html

俺達は~の撮影の様子も五月の記事読むとみえるのですが・・・遡って3月は、作品名出されてないから、はっきりは言えませんが・・・どうみてもヒットマンかなって・・・(あくまで・・・予想ですが。)
なお、・・・漫画のトーキチとそっくりの白い革ジャンを着た、S様によく似た方が、写真にちょくちょく登場されます(笑)
3月21日とか・・・31日とかは・・・本当にS様に似てらっしゃいます(笑)・・・ので、チェックしてみてください。

明日は、マネーロード配信ですね!実は、まだ、ダウンロードの仕方、よくわかってないんだけど・・・なんとかなるかな(笑)。サイトでみた、マネーロードの表紙(表紙っていうのかな?)なんだか、文芸大作単行本の表紙みたくて、かっこいい・・・主演って大きく書いてあるのも、なんだか、うわっていう嬉しさが。。。楽しみです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ