カテゴリー「舞台・ピーターパン」の46件の投稿

2012年8月17日 (金)

ハピくるっ!!レポ

8月3日金曜放送の「ハピくるっ!!」レポしますね!

小原さん「もう、レギュラーと言っていいでしょう。武田真治さんが遊びにきてくれました!」
真「はい。よろしくお願いします。楽しみにまいりました。」
真治君、髪軽く分けて、富士額見えてる感じ、いつもっていえばいつもなんだけど、すっごい綺麗な顔してました。グレーの光沢のある半そで開襟シャツ第3ボタンのとこでボタン締めてて、隣に国生さん。反対隣に武藤さん。スタジオ真治君以外、みんな女性でした。

小「いや、でも・・・けっこう・・・来てますよね」
真「はい。三度目くらいですよね」
小「金曜日は2回目くらいですから」
真「はい、よろしくお願いします」
小「あの衣装なんですけど、・・・ボタンの位置ね・・・その・・・上の方がいいよね・・・ってボタンを閉められたんですけど、できたら、それはずしてもらえますか?」
真「あの・・・え?(笑いながら、シャツの第三ボタンをはずす真治君。胸元深く見えて・・・なぜかカメラ寄って、アップでした。)」
小「ほら!いい!いい!」スタジオ女子、いっせいに「「いい!」「いい!」とか「もっと見えてもいいのに~!」とか、すごい騒いでました(笑)。
小「これで行きましょ。すっごい綺麗な体してますから。ありがとうございます!」
女性ばかりのゲストに囲まれて、ボタン外すのリクエストされて、なんか照れながらはずして、胸元カメラアップで、きゃあきゃあ言われてるのが、いきなり冒頭です(笑)
前に、「徹子の部屋」でも胸元だけアップにされてたけど、胸元だけテレビでアップされるっていうタレントさんは、グラドル以外、真治君くらいかと(笑)。もともと開いてるのより、ボタンをはずすっていうとこから観れるのは、ちょっとお得かと(って、おっさんか(笑))

そして、芸能ニュースのオンパレード!オリンピック開催中でしたが、そこはいっさい触れず、「ストーカー離婚裁判」とか「熱愛報道」とかオンリーで構成されてて、で、女性ゲストばかりでああだこうだ言ってる井戸端会議の真ん中に、ひとり王子様的に綺麗な真治君が混じってて、ちょっとワンテンポずれた感想言って、みんなに「可愛いわね」ていう目で見られちゃっているっていう、楽しい番組でした(笑)

で、最初は、妻のストーカー?離婚裁判の話題。今までパーティーで豪遊してたのに、急にラーメン屋通いの彼女側。裁判控えて、質素な生活アピールしてるんではないかとかいう早口のレポ―トを観終わっての真治君。感想聞かれて、
「何をしても・・・悪くとるのは・・・どうなんでしょうねえ・・・」
「はあ~」みたいな。次の話題に進むことになりました(笑)真治君は、悪口が言えないので、っていうか、もとから人の行動を悪くとる思考回路がないんじゃないかと思うので、こういう話は彼に振っても、まったく膨らまないと思いました(笑)

そして、次は「芸能界携帯事件簿」
フイリップに、いろんな芸能界における携帯にまつわる事件がまとめられていて、うのさんが、夫に携帯折られた話とか、船越さんの携帯メール奥さんチェックの話とか、いろいろ。
で、うのさんが夫に携帯折られた話に食いついた国生さん
国「いいなあ~!携帯折られるほど、嫉妬されてみたい!・・(で、真治君をみて)折ったことあります?」
真「いや・・・ないです・・・・。で、・・・(ニコニコして)とても楽しい番組ですね。」
国生さん、爆笑。みんなも爆笑。「何、言ってんの?突然」って、みんな言ってました(笑)
真「こういう情報をみんなで共有するのって。わっ?知らなかった!・・・そんなことあるんだ!って」(素で嬉しそうなの(笑))
武「(なんか、子供相手にいなすみたいに(笑))そうね、そういう新しい発見をすればいいのよね。こういうとこに来て」
真「はい(ずっと嬉しそうな真治君)・・・その下のタクシーの運転手がっていうのも、すごい気になる!」で、加護さんが、タクシーに忘れた携帯を、海に投げられちゃったっていう話題で。
国「あたし!昔、川に投げたことある!」
クワバタさん「なんで?」
国「恋人に何度も電話したら、繋がらなかったの。こんな電話いらんっ!って」
クワ「究極に、頭おかしいでしょ」
真「(国生さんみつめて優しげに)あの・・・電話のせいではないですよ・・・」
国生さん、真治君見て、二人で面白そうに笑い合ってて、仲良しっぽくって、いい図でした♪(ちょっとやんちゃな感じの女性の発言を、優しくいなすって感じの真治君、土屋アンナさんの時も思ったけど、すっごくいい感じですよね)

そして、芸能ニュース。
大物独身女優さんがフライデーされたニュース。国生さんの推理がはじまります(笑)
国「今まで(写真)撮られないように気を付けていて、きちんとガードできてたのに、緩くなってる・・・。どっちなのかな。わざと撮られたのかな?なんか理由あるのかな?・・・そう思われる?(真治君に聞いて)」
真「あの・・・・・女優さんにはミステリアスでいてほしいんで・・・・とてもいいニュース・・・どちらにしても・・・・」
真治君のコメントの間、「いい人だ・・・いい人だ・・・」って小さくつぶやいてた国生さん。
国「あたしの毒が、どっか行った」落ちこむような仕草。
真「すいません・・・悪者にしてしまいました」また、二人、楽しそうに笑ってました。
で、その独身女優さんが、結婚するのかしないのかっていう話題を北新地のママさんたちに聞くっていうVTR見ながら、ママさん達、言いたい放題・・・果ては前に噂になってた俳優さんの方が男らしくってよかった!とか言いだす始末に、、真治君呆れたって感じで噴出して笑ってました。
小「武田さんどうですか?今のVTR観ていて」
真「今のVTR3本とも、余計なお世話でしたね~」
(一同笑)
真「でも、ちょっといい事も言ってますね。・・・家庭に入る理由がなくなっていくってことですかね・・・。仕事が成功しすぎると・・・・。なんかちょっとわかる気がする・・」
アナウンサーさん「武田さん、ご自身の結婚観は?」
真「いや、もう、結婚したいですよ。それはもう。結婚願望はあるんですけどー。僕も・・・仕事場にいると、誰かしら・・・その、ちやほやしてもらったりして・・・。さみしいって気持ちがないんで・・・」
クワ「でもね・・・。今まで・・・。今年、おいくつになられる?」
真「40になります」
クワ「多分・・・結婚したいタイミングってあったって思うんだけど、何でしなかったんですか?」
真「結婚したいタイミング?」
クワ「だから、この人と結婚したいって思っても、結局しなかった理由って?・・・それもなかったってこと?」
真「自分的には、・・・最終的には、ご縁がなかったのかなって感じでおさめてるんですけど」
国「男の人って結婚が決まってさ~。結婚しなきゃって思った瞬間に尻込みするよね」
小「そうなの?」
国「責任をね」
真「あと・・・ちょっと変わってるって思われちゃうかもしれないけど・・・すごい好きな人といい関係を作っていって、ほんと好きだなって思った瞬間、この人が自分の傍で齢を取っていくのを見ていたくないって、思っちゃうこともあるっていうか・・・」
「ええっつ!」一同、びっくりの大ブーイング(笑)
クワ「なんでえや!ヨボヨボになっても俺が守ってやるって」
小「ほなっほなっ。もう最初から年取ってる方がええんちゃうか?おばちゃん、チャーンス!」
武藤さん「いかが?いかが?」真治君、笑ってました。
真「でも、そういう気持ち、ちょっとわかるでしょ」
小「でも、分かる。そのままでいてほしい。好きな人だからこそ」
武「でも、あなたも年を取っていくのよ。同じように」
真「そうなんです・・・。もちろん、そうなんですけどね・・・。もしかして、それを見せたくないっていうのも」
すご~い。お~。って、賛同の声にかわって
国「なるほどね。かっこいい~」
って、なってました。女子達、みんな真治君が笑顔で優しげに話すと、何言っても、受け入れちゃう感じな雰囲気が(笑)ほぼ、ファンモード(笑)

この台詞・・・・話す人が違うと、たとえばほんとのおじさんっぽいや、反対に遊びなれてそうなイケイケな感じの人が、このメンバーの中で話したりなんかしたら、ただではすまないと・・・もっとみんなに責められちゃいそうな発言なんだけど、なんか爽やかに優しげに、素直に話してる王子の前に、「真治君・・・あなたなら、それでよし」的な感じに・・・なっちゃうよね(笑)もう、かわいこちゃん、何話しても、かわいこちゃんみたいな(笑)・・・違うか(笑)

で、次は、また芸能ニュース。二世俳優さん同志の離婚危機の話題。
国「結婚までは猛アタック。結婚したら週三のキャバクラ通いでは、?ってなるじゃない?」
って、釣った魚には餌をやらないっていう男性のサガについての話になってたら、突然、真治君の横にいた、若いかわいらしい女性アナウンサーさんが、真治君の方を向いて、
アナウンサーさん「それは、どうやって、見分けたらいいんですか?」
真治君、ちょっと驚いたように、振り返って、ちゃんと向き直って
真「いいね~。どうしたの?」
みんなが、なんかあったの?とか聞いてて、
ア「ないですけど・・・。今後のために」
真「そうですね~」
小「でも男性はちょっとそういうことあるんじゃ・・・。釣った魚にっていう・・・」
国「くれないよ」
真「僕、思うのに・・・一度、同棲みたいな時期を、お付き合いの中で・・・一昔前では不純な印象あったかもしれないけど・・・そういう時間を設けるって、大事なことかもしれませんよね」
アナウンサーさん、「はい」って、納得してました。
真治君、うわあ~お兄さんぶってアドバイスしてる~って・・・見ていてその様子がかわいすぎて喜んじゃったんですけど(って、なんか、近所のお節介おばちゃん的な酷いこと言ってる気がする~(笑))

さあ、ここで、武田さんからの素敵なお知らせが。
で、真治君、大阪公演の告知して。1500回公演で、郁恵さんが飛んでくれたこと話して
真「ほんとに盛り上がって東京が終わったばかりで、・・・今は、こっちに乗り込んできて、意気込んでおります」
クワ「8代目のフック船長ですからね!」
真治君、指で鉤つくってくれて、笑ってくれたところで、番組終わりました。


なんていうか、芸能ニュースばっっかりなのに、意地悪さがない番組っていうか、感じるのは、出演者全員に、真治君がめちゃめちゃ好かれてるっていうこと。
仕事場・・・どこ行ってもちやほやされる・・・って、納得。

女子会にひとり、真治君が紛れちゃったって感じで、で、王子のおかげで、みんなコメントも普段より数倍可愛く優しくなっちゃってんじゃないのかな?毒も消えちゃうんじゃないかなってちょっと思いました(笑)ワイドショーには向かないって思ってたんだけど・・・・なんか、時々なら向くかも(笑)なにか、迷子が紛れてる感あるんですけど・・・ほのぼの系に、番組が変わっていくような気もするんですけど(笑)とにかく、天然やさしい真治君が、かわいかったです。
今、「女子会に1人だけ男子呼びだして飲むとするなら誰?男性タレントランキング」、この番組で集計とったら、真治君、ランクインすると思います(笑)楽しいだろうな~(笑)

| | コメント (2)

2012年8月16日 (木)

ロマンテイックな人

昨日お話ししていた関西の情報誌。アマゾンでも購入できるようなので、ご紹介しておきますね!
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=reinkoro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B008L2UV4Y&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr"
一ページだけど、保存しておきたい、そんな写真と、インタビューの言葉だったりします。

読んでて、真治君って、ロマンティストだな~って思います。
でも、ただ夢をみてるだけじゃなく、それを叶える力を獲得していける力強さを持ってて。
リアルに提示してくれる。かっこいいな。

昨日、困った人扱いしてしまった、ハぴくるの結婚観も、ロマンティストだからこその一言かな~って。ちょっと援護(笑)こういう気持ちって、ちょっとわかります。
私も、高校の時の同窓会には、もう20年出てなくて・・・。
憧れの人の変貌を観るのが怖いのと、自分の変貌をその人に見られたくないっていう気持ちの方が、会いたい気持ちにまさってしまうっていう。だから、すっごくわかります(笑)
一番いい時の思い出と景色、そのままフリーズして死ぬまで大事にとっておきたいって、ちょっと思うもの(笑)。真治君のそれも、また別の意味での相手に対する愛情の深さかと。な~んちゃって(笑)援護してみよっかな~とか(笑)

でも、真治君が年齢を重ねていくのは、ずっと観ていたいです。
そもそも、まったく覚悟なしに、アレキサンダー観せられたじゃないですか(笑)
だから、たぶん、どうなっても大丈夫(笑)お腹の出たヤンも、私は、大好きだったんだけどなあ~(笑)・・・・少年の匂いと、夢見がちな瞳は変わらないって思うなあ~。

真治君がいう無限の可能性の先をずっと観続けていたら、客席にいるファンも、ずっと夢見がちでいられそうですよね。真治君に出会ってから、ずっと心は飛んでるような気がしています。夢を想い描く素敵さを教えてくれる。それを叶える姿を見せてくれてる。現実にしてくれる。やっぱ、真治君は、私にとって、最高のロマンティックなリアリストだなって。

昔、デイナーショーで、「こうやって、時々こういう場をつくって、お互いに老いをさらしていきましょう。みんなより、ちょっとだけキラキラした僕でいたいと思います」って言ってくれた台詞は、けっこう今になって、効いてきてます。
生涯の伴侶の老いはまだ受け入れられないロマンティストな真治君も、ファンの老いは、とっくに(あきらめて?)受け入れてくれてるみたいなので、安心して、客席で笑ってます(笑)。そんな風に、ずっとときめきながら、おばあちゃんになれるのって、幸せだな~(笑)

| | コメント (3)

2012年8月 7日 (火)

ピーターパン余韻②

明日から、金沢ラスト二回ですね!真治君も、今頃向かってたりするのかな~。

今年のピーターパン。
確か、真治君がフック船長に決まったっていうのを知ったのは、高畑さんのブログだったんです。私、それ読んだとき、「???」ってなっちゃったの、覚えてます。
前作がアマデウスだったこともあり、次はシェイクスピアでもするのかな?って思ってて。フック船長役といえば、私にとって、やっぱりデイズニー映画のあのキャラクターが強烈で。友達に話しても、「?」ってピンときてなくて、まだピーターパン役でいけるよね・・・みたいな反応で。

でも、真治君が、ファミリーミュージカルと捉えてないって、あくまでブロードウェイミュージカルとして、ダークなフック船長を演じてみたいって、いろんなインタビューで答えてるのを読んでて、そして、出来上がったポスターで真治フック船長のカッコよすぎるビジュアル確認し、およそ子供向けではないシリアスティストのかっこいいポスターを確認し、原作を読み、だんだんと、これは、ピーターパンっていう大きすぎるくらい大きな演目の、フック船長に対する規制概念を、真治君が変えていくのかなって、どんな風に変えてみせるつもりなのか、期待するようになったんです。それでも、真治君が言うようなそんなダークなフック船長、ほんとに舞台上に体現できるものなのか・・・そんなことが出来うるものなのか・・・それが、また受け入れられるものなのかも心配になり・・・。ネガティブな私は、初日、ご飯が喉を通らなくて、緊張してました。別に私は、出演するわけでもなんでもなく、座って観てるだけなのに(笑)・・・超緊張。


で・・・しみじみ・・・有言実行な人だな~って。なんでもモノにする人だな~って。
デイズニー映画等で、今まですっかり定着したキャラを一度壊して、そして、原作に忠実に再構築して、真治君の持つ魅力と、キャリアいかしたうえで、舞台の上に人間としてのフック船長を、あらたに体現してくれて。ここまで、真治君が描いていたフック船長、インタビューで熱く語ってた通り、というか、それ以上のものを見せてくれるなんて、ほんと、想像してなかった。
なんて書いたら、「信用してなかったのかよ」って、思われちゃいそうですけど、・・・実は、観るまで、半分くらいに思ってました。(笑)だって、演目と、演目に対する出来上がったイメージがあまりにも大きすぎたから。けっして、簡単なことではないのが、素人にも想像できたから。
オファーを受ける時、あくまで自分のビジョンを明確に持ってそれを示して、作品に取り組む真治君と、舞台上に表してくださる演出の妙、殺陣のかっこよさ、演者さんのダンス、歌、すべてがもう、素晴らしくて、ほんと、傑作だって思った。この夏のピーターパンは、、ほんとに、見事だったって、・・・・ブロードウエイに凱旋してほしいくらいです。まじで。
そしたら、フック船長の着ぐるみ自体、かっこよくモデルチェンジしちゃうかもですよ(笑)


で、今回私、舞台「ピーターパン」自体に、心底惚れてしまって。

あの、「いばろうぜ」って曲、涙出るくらいいい曲ですよね。
子供はみんな、「いばろうぜ」歌ってれば、幸せになれる気さえしてきた。
ピーターパンも、ウエンデイも、フック船長も、迷子達も、全員、みんな自分の事「いばろうぜ!」って。そんな風に一緒に笑ってたら、なんか、もう、幸せ。最高って。

で、もう大人になってしまった私達でも、一年に一日くらい、この舞台観るときだけでも、子供に戻れるって思えるのって、、素敵なことじゃないかなって。失った時間も、簡単に取り戻せるんです。春の大掃除の季節・・・じゃなくって、夏だけど(笑)また、ネバーランドからお迎えがくるって思って過ごすのって、素敵だな~って。いつまでも飛べるウエンディでいれそうでって。・・・まあ、真治君の存在自体が、すでにネバーランドなんですけどね(笑)

なんか、感想、論理的なとこすっ飛ばしましたね(笑)いつもですが(笑)・・・私、感情で生きてるタイプなんだと思います。

でも、ほんと、夏に、ここに来れば、またネバーランドへの旅が約束されてて、かっこいいピーターパンと、怖くてダークでセクシーなフック船長に会えて、みんなで「いばろうぜ」歌えるって思えたら、人生の中で、ものすごく大きな幸せをひとつ手に入れられた気分って、思うくらい、舞台「ピーターパン」好きになりました。

って、ホリプロの面接受ける大学生が言いそうな台詞になっちゃたけど、本音です(笑)。

さて、明日あさって、いよいよ2012年ピーターパン、大楽ですね!
・・・ほんとならできることなら、観に行きたい気持ちでいっぱいなんですけど・・・いつも、遠くからなんですけど・・・心から公演のご成功、祈ってます!
この夏のたくさんのhappyに、感謝してます!大楽、盛り上がりますように!

| | コメント (6)

2012年8月 6日 (月)

ピーターパンの余韻①

まだまだ金沢を残しながら、余韻っていうのもどうかな?とは思うのですが、感想書きます。ネタバレです。今年もだけど、再演を期待の方もお気をつけください。で、上手くまとめられないんで、好きなとこ、ほんと箇条書き、脈絡もなく書きます。
難しいです。ピーターパンの感想。いままでで一番。まとまんない。以下、ネタバレ感想です。




私、フック船長もだけど、ダーリング氏も大好きで。
フック船長とダーリング氏を同じ役者がやることに意味がある・・・みたいなこと、真治君のインタビューで聞いたことあったけど、ほんと、それが効いてくるっていうか。

私ね、ダーリング氏が、迷子達を最後受け入れるとき、迷子の一人と握手するシーンが大好きで。ダーリング氏、ちょっと迷って、でも、にっこり笑って右手を差し出すでしょ。さっきまでフック船長だった役者さんが、鉤の手をはずした、あの右手で、しっかり握手する。その瞬間に、すっごくほっとする。すっごくあったかいものが流れてるのを感じるんですよね。フック船長と同じ役者さんだからこそ、っていう、象徴的なシーンだな~って。
ネバーランドから帰ってきた子供達を、大人代表のダーリング氏が、あの右手で受け入れる。観ている子供達も、この光景観てすっごく安心するんじゃないかな~って。
窓はいつも開いている。だから、冒険に出てもいいんだよっ、帰ってくるところがあるよって、思えるんじゃないかな~って。

フック船長は海に沈んじゃってるんだけど。

フック船長といえば、鉤の手が刺さった時のお芝居、観るたびに、もう子供向けのミュージカルじゃ、全然なくなっていって・・鉤を抜く時の叫び声も、最初よりぜったいロングトーンになっていったような気がします。
リアルすきるくらいで、もう、大河ドラマで討ち取られる武将だって、こんなきつい死に方なかなかしないっていう・・・あれ、子供びっくりするよね。大人だって、あまりの迫力に言葉なくしちゃいましたん。去年までは、どうだったんだろ~。鉤の手やっぱり刺さってたんですか?
でも、私、こういうのすっごい萌えてしまうんです。ほら、時代劇好きな女ですから。映画の「八ッ墓村」小学生の頃、ついテレビで観てしまった時、怖さよりも、なぜか討ち取られる悲惨な尼子武将役の夏八木さんに、惚れてしまったんですよね。あれ、初恋じゃないかな~(笑)・・・亡霊となって山の背に佇む武将の高笑い、これ、私の武将好きな趣味のはじまりになってるかも(笑)。え?悪趣味?ほっといて(笑)
テレビでも、散り方が甘いと、なんか、ダメって思っちゃうの。迫力がないと。だから、大野治長のラストの、「火をかけよ」が、めっちゃキマッテ、やっぱ真治だあ~って、思ったんだけどって、あれ?どんどん脱線していきますね(笑)すいません・・・。
あの、「来るな!」とか、助けをこばんで、自分で引き抜くとことか、まるで、観たくて観たくてしょうがなかった勇ましい武将みたいで、、超かっこ良くって、泣きたいくらいに痺れました。・・・って、また、ピーターパンの感想から、どんどん離れていってしまう。戻んなきゃ(笑)

悪役なのに、ヒーロー制が半端なくって・・・もう、あの姿、辛いんだけど、痺れるんですよね・・・。でも、あまりに殺陣がリアルで迫力あって、フック船長の断末魔のお芝居が、もう、悲惨すぎて、客席シーンってなってるとこで、一件落着、さあ、踊ろう!ってなるわけで。
すっごいダークファンタジーだわって、いつも、思うんですけど(笑)

でも、原作の雰囲気、そのままで、かえって、世の中の闇にも触れられて、私は好きですね。最近、子供の学芸会でも、桃太郎、鬼退治しないんですよ。鬼、反省して、謝ってみんな仲良く歌って終わるの。それ、どうなのよって、思っちゃうんで。これくらいが、好き。まあ、この話、はじめると、なんか、いろいろ考え方の違いで、面倒くさいことになっちゃうから、この辺りにしときます(笑)

でも、そういうダークさに触れる舞台の中にも、フォローも、細かくなされてるっていうか・・。フック船長と同じ役者さんが、ダーリング氏として、握手するとこもそうだけど。カーテンコールで、船長でてくるでしょ。あのカーテンコールも大好きで。
ピーターパンのフライング笑顔で見送って、手を取り合ってダンス。勇ましく、睨みあって、、幕が下りるほんの数秒前、ほんとのラストで、ぱっと笑って、フック船長舞台から、客席に向かって手を振るの。幕が下りる寸前まで手をふってるでしょ。ニコニコと(笑)・・・なんか、なんでだか、すべてがハッピーになってしまう(笑)

ピーターパンは、新しいウエンデイを見つけて、また旅にでる。何度でも、繰り返されるその旅の先には、やっぱりフック船長がいるんだって思える!それこそ、永遠に。かっこいい物語だなあ~って。

って長くなっちゃった。で、まだまだ好きなとこあるんです。
また、書きますね(笑)

| | コメント (3)

8月5日ピーターパン大阪千秋楽

大阪千秋楽おめでとうございます。

観劇のお友達から、レポいただいたので、ご紹介しますね。以下、お友達のメールです。



今回は舞台挨拶はなしでした。子供向けの演目だし仕方ないのかなぁ…?
でも、大阪の3公演とも最後のフック船長のアナウンスが終わるまで、ほとんどのお客様が座席について拍手を送ってました。
物販もフック船長Tシャツがまたまた売り切れでした。なぜか月刊MEN武田真治も売り切れてました(これがピーターパンの物販にある時点で……シュールだわ)
ところで、最後の最後でダーリング氏(真治君)がセリフを噛んでました(笑)
今日は朝から、my千秋楽が寂しくて仕方なかったのに吹っ飛びました。夏の思い出をありがとう。
大阪ラストのフック船長はセリフまで巻き舌気味で、セクシーで怖くて、小心者で身勝手で、ちょっと滑稽で憎めなくて、そして切ない……。
ピーターパンとフック船長のポスターが全てを表しているみたいな舞台な気がしました。おんなじなんですよね…ピーターパンとフック船長って…。

疑問がいくつもあるのですが……ネバーランドで一日を過ごしたウェンディー達と悲嘆にくれるダーリング夫妻の場面と春の大掃除にウェンディーを迎えに来たピーターパンの場面、ウェンディーの住む世界とネバーランドでは時間の流れる速度が違うんですねぇ…どれくらいの違いがあるのかな?ジェーンはいったいいつ戻るのか?見た目と反してもの凄く虚しいラストシーンだと観る度に感じるんですよね。
凄惨な最後を迎えるフック船長と喜び歌うピーターパンの仲間、インディアン、海賊達…違和感を持ってしまうのと同じなんですよね。
単純にも楽しめるし、奥深さを感じる舞台ですね。


以上、お友達のレポ感想、ご紹介しました。
台詞まで巻き舌って、どんなだったんでしょ。色っぽさ迫力全開なフック船長。で、ラストに噛むダーリング氏も、チャーミングだっただろうな~(笑)
ぞくぞくと、お友達も、ネバーランドにさよならしてくる中、今年のピーターパンも、残る公演あと2公演、金沢を残すだけとなりましたね。。。
ちょっと、周りに金沢行けるっていうお友達がいなくて・・・レポの紹介はできなくなっちゃいそうですが・・・でも、まだ、私、心はネバーランドへ行ったっきりなので(笑)・・舞台のフック船長の好きだったとこ、2012年のピーターパンの感想、相変わらず、書き続けたいと思います。しばらく、お付き合いくださいね!

真治君、大阪公演もご成功おめでとうございます!
残る、金沢公演も、遠くから成功祈ってます。
真治君が自ら呼び戻した高畑さんのラストフライ、ピーターパン史上最も強いフック船長として精一杯戦ってきてくださいね!

また、金沢公演、ご覧になれる方、よかったら、コメント等で、その様子教えていただけたら幸いです。それから、、大阪公演、東京公演ご覧になられた方、感想等、引き続き、教えて頂けたら、まだまだネバーランドの風感じていられそうなので。よろしくお願いします。
まだまだ盛り上がってラスト公演まで、ネットでも応援していたいですね。

| | コメント (6)

2012年8月 5日 (日)

8月4日ピーターパン大阪公演初日

大阪も幕を開けましたね。

お友達からメールでレポいただいたので、そのままご紹介しますね。以下、お友達のメールコピーです。


カーテンコールの後、何かイベントがあるらしく早めにフック船長の放送が流れて、舞台挨拶の期待があり…ちょっとガッカリしていましたが放送が終わった瞬間に会場から拍手が巻き起こりました。
なんだか幸せな気持ちです。

今日は、ワイヤーアクションの部分でぎいぎい不吉な音がするので物凄く緊張しながら見てました。
演者も少し緊張していたような気がします。大阪は湿度が高いせいでしょうか、ピーターパンの妖精の粉が高畑さんの顔や手に貼りついていました。

我等がフック船長は相変わらずセクシーで最低のクズ野郎を嬉々として演じてました。タンゴは巻き舌でやっぱりセクシーで、訳のわからない怖さに後ろのお子さんが泣き出してました。これって最高の反応ですよね。
あ、ちなみに3幕のダーリング氏の登場が一番子供達にウケてました( ̄∀ ̄)



とのこと。小っちゃい子泣かせて、反抗期の少年にリスペクトされて、大人女子をうっとりさせて・・・今日も客席虜にしてきてください!
大阪、早くもラストですね。来年は(って、また観れるつもりでいるし(笑))
「2日じゃ足りないだろ~。もっと観たいだろ~」って大阪の観客席に発信してきてください♪

| | コメント (2)

2012年8月 4日 (土)

我こそ、キャプテンフック♪

大好きなとこ、引き続き、書きます。
まず、フックのワルツ。大好きです。

今回、フックの曲、最後の方に、ようやくメロデイ頭に入ってきたっていうか・・・。初日観た時、三曲はじめて聞いた段階では、一曲一曲、ただ圧倒されてるだけで終わってしまいました。
だから、一回では観劇足りないと思う。はじめての衝撃に打たれる一回目と、味わう2回目、そして、観たい部分知ってて酔うために三回。上手、下手、真ん中、遠くから近くから、前から後ろから(って、それは違うか・・笑)・・・それこそ骨の髄まで、そのスイートポイズン味わいつくすためには、大阪の皆様、3回全部通ってもまだ足りないかも・・私、6回でも足りてないもん(笑)・・・・ぜひ、通いつくしてくださいませ(笑)

そんなわけで、最初、ワルツのメロディだって、2回目くらいまで全然覚えてなくて、(台詞の方から入ってきちゃうんですよね・・・私)かっこよかったけどどんな曲だっけ?みたいな・・・でも、ミッキーの方が、覚えてくれて、その鼻歌で、思い出す感じ。子供って、頭の中まだ空っぽだからか(笑)メロディ覚えるの早いですよね(笑)でも、歌詞は全然覚えてなくて超テキト~な替え歌にしてるし「我は、愛しの~キャプテンフック~」って、鼻歌なの(笑)・・・・それはぜったい違うと思う・・・

で、お友達がね、「フック船長って、実はすっごいネガテイブだよね」って言ってて。
自分で自分のこと、毒さそり、虫けら以下とか、最低最悪、この世で一番嫌な奴とか、そこまで卑下することないのにって、言ってて、ほんとだ~って、笑ってしまいました。
ワルツの歌詞、全部は覚えてないけど、相当自分のこと最低、最低って、嬉しそうに歌い上げてますよね(笑)虫けら以下とか・・・ほんとそこまで酷い例えしなくても(笑)
フック船長、気持ちよさそうに、ダイナミックにエレガントに自己陶酔しながら、最低最悪のならず者の歌詞を、まるで貴公子のような身のこなしと歌声で歌い上げるっていう(笑)
ほんと、イカレてる(笑)。でも、イカシテル
私、この曲、だいっ好きですね。最低最悪なロマンティックな屑野郎が歌う、最高のナンバー。客席を圧倒する征服感、ほんと気持ち良かった!真治フックここにあり!みたいな気持ちになれた!何度でも、聞きたい。デイナショーでは、ぜったい、もう、三回くらい歌ってください(笑)

それから、あのテディベアを手にとるフック船長のセンチなひと時。
これ、東京千秋楽、すっごく溜めて演じてくれましたよね。なんか、いつもは取り上げて見つめるだけだった気がするのだけど、あの日は、テディベアを見つめて、ちょっと匂い嗅ぐように、唇近付けたんですよね。。。そこで一瞬、なにかを思い出そうとするような表情。その横顔が、すっごい綺麗だった。たまらなく、せつなかった。あの日以来、テディベアになりたい(笑)すぐに、投げ捨てられちゃうんだけど(笑)でも、フック船長になら、投げ飛ばされても構わないって(笑)

また、熱くなってしまいました。

まだまだ、書けって言われば、いくらでも書けるフック船長の魅力。
恋しましたね~。落ちましたね~。

何度、私、真治君が演じる役に恋させられちゃうんだろ~。
賢い誠実な優しいヤンも大好きだけど、こんなエキセントリック、ロマンティックなならず者、だけど最高にイカしてるフック・・・、女心引き寄せますよね。爆弾級の萌えキャラ(笑)。実は、ネバーランドで、モテモテなんじゃないかと。たぶん究極な面食い、理想の母ウエンディを探して、失恋繰り返してんじゃないかって・・・あ、また、私、失言しようとしてますね(笑)・・・・おっと、危ない(笑)
そんなわけで、願わくば、来年も、再登板してほしい。毎年は無理でも、たとえば、4年に一度、オリンピックイヤーは、真治フック登板とか、10年に一度、「帰ってきた真治フック船長」みたいな横断幕たてて登板とか。で、25年後、3000回記念は、とうとうフック船長勝利しててフライング!そのくらいのインパクト与えられる特別なフック船長ではないかなって、思うのであります。

再演といえば、夏にロックンロールも観たくなるんです。暑い日が続くと、あの、涼しげなマックス教授宅で夕涼みしたくなるんですよね。

究極の願いは、毎日、日替わりで、ヤンとフックに挟まれて、「お前さあ・・・ほんとは、どっちがいいんだよ~」って迫られてみたい(って、相当無茶ブリ)

| | コメント (3)

7月31日ピーターパン1500回記念 特別カーテンコール

ここのサイトに、動画、あげてくれてます!舞台挨拶の興奮の様子もだけど、舞台、真治フック船長の台詞や殺陣も、長めに紹介してくれてます!嬉しいです。
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=enter&v=245313118002

もう、まだ一週間たってないのに、観て、懐かしっくって。
この時のはしゃぐ真治君。さっきまで怖かったフック船長だけど、中味はやっぱり永遠の少年みたいで。はしゃぎ方が、まるで子供(笑)かわいいなあ(笑)
でも、ほんと、こんな風にはしゃぎたくなる瞬間で。会場中の気持ち、真治君が代弁してくれてる感じです!

って、今日、ほんと、あと数時間で、大阪も初日を迎えますね!
舞台の上ではこの人が、ダークでセクシーで、エキセントリックで、一瞬も見逃せない魅力的なフック船長に変わっちゃうんですよね。

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

ありがとうございます~!

ピーターパン撮影会の写真、ダウンロードしました!
真治君、ありがとうございます!我が家のアルバムに、大事に保存しますね!
極悪フック船長っていうより・・・
なんか「この夏の真治パパっ・・・」て吹き出しシール、勝手に横につけちゃうかも(笑)
子だくさんフック船長も、頼もしくって素敵です(笑)
すっごい嬉しい!ありがとうございました!

大阪公演、成功祈ってます!

| | コメント (3)

2012年8月 2日 (木)

8月1日ピーターパン東京千秋楽

東京ラスト公演観てきました!
この日は、妖精の粉がもらえる席、一階ど真ん中、10数列目から観ました。
舞台全体が見えて、すっごく良かった!この夏のピーターパン、6回も通ってしまったけど・・・なにか、そのたびに新しい感動、心に訴えてくるとこ新しくて、ほんと飽きのこない舞台だって、実感して。

なにか、オリンピック観たりして涙が出る感じ・・・・あれと同じ感覚で、舞台観てて涙がこぼれてくるっていうか・・・。個人競技、団体競技全部混じってて・・・もう、胸いっぱいになってしまいました。
充希さんのピーターパン、ほんと、真治君が言うように、「一番ピーターパンに近いピーターパン」じゃなかったかと、思いました。オリンピックなら、ピーターパン史上、金メダルじゃないかと。ラストフライングで、まっすぐこっちに飛んでくる充希ピーターパンを観ていて、その完成された美しさに、胸がいっぱいになりました。彼女のこれからの活躍、楽しみですよね。それこそ何でもできる人なんじゃないかと。ちょっと、にわかだけど、ファンになってしまいました。20歳って聞いて、ますますびっくり。6年間、夏休みを犠牲にして、ピーターパンにかけてきて、でも思い出もたくさんできてって、最後舞台挨拶してる充希さん見ていて、こんな20歳っているんだ~って、まさに、オリンピック選手に送る拍手と同じ質の拍手を送りたくなって。この夏の私にとっての金メダル選手は、団体も、個人も、ピーターパンかな~って、ほんと、思いました。すごいもの観せてもらったな~って。。。

で、ここから、壮大なネタバレ感想です。地方公演楽しみにしてる方は、お気をつけください。



真治フック船長・・・今日も気迫すごくって。私、観たい芝居を、ぜんぶ、自分が観たいように見せてもらいました。全体も見ながら、オペラグラスも駆使して。
遠くから観ても、動き、びしびしきまって、全体での動きもほんと、綺麗にはまってるんだな~って。そしてあの衣装のキラキラが遠くからだと、ほんとに映えて、声の通り具合と衣装の煌びやかさ、華のある動きといい、フック船長、舞台から飛び出してみえました。
あの、ウエンディが子守唄を歌うとき、ピーターパンと、フック船長が舞台にいる配置とか、すっごく綺麗なのね。ダンスのフオーメーションの美しさも、このあたりから観てわかる美しさもあって、見応えあって。舞台好きな人は、この位置選ぶのかもって思ったりして。
でも、オペラもやっぱり使っちゃったけど(笑)
タンゴ、巻き舌聞こえました。色っぽかった。あの後ろ脚のダンスっていうのかな、足をはじくみたいな動き、好きなんですよね。手先も色っぽいけど、フック船長のダンスは、足遣い、腰使いがなんていうか・・・たまりません(笑)
タランテラ、今日も、「AH !」やっぱり入ってて、妖艶で、あの端っこに移動して、歌い上げる時の色っぽさがもう、たまんなくって、ついオペラグラスでがん味。
前の日は、上手の端にいたんで、目の前でこれやられて、なんていうか・・・無駄に・・・襟元が深くていらっしゃるものですから(笑)・・・・上下する胸の呼吸の動き・・・浮かぶ汗・・・そんなものまで見えてしまうものだから、「えへ・・・私、見ちゃったよ~いいの?追加料金請求されない?」・・・みたいに、でれ~ってなってしまったことは・・・ここだけの内緒ということに(・・・もはや、大人超えて、おっさんの感想ですね・・・失礼しました(笑)・・・でもやっぱり私が悪いんじゃない気がする。誰でもそうなる(笑)やっぱり、激エロなフック船長が悪いんです(笑)
で、ワルツに至っては、もう、本当に歌声の迫力に鳥肌でした。ほんとに気迫みなぎってるのに、エレガント。このワルツの雰囲気、ほんと、不思議なんですよね。台詞悪党なんだけど、なんかすっごい主役感あるでしょ。時代劇でいう見せ場、斬りあう前に、主役が啖呵切るみたいな定番の台詞の雰囲気に似てるような気もするんだけど、それをワルツに乗せちゃうと、そしてそれを真治君が言うと、ものすっごいおしゃれで、ロマンティックで、スケールの大きいドラマテイックなショーになっちゃうっていうか。もう、たまらなくかっこいいっていう。
何度も書きますが、あの、私の大好きな「ロマンテイックな屑野郎」の台詞言うとき、剣を自分の首元に滑らす時のいやらしい目線とか、言い方とか、もう、ほんっと、これだ~!フック船長だあ~!って、ときめきました!
後ろに重心置きながら自分で「イカレタ~」とかって、リズム刻んで出て来る時の色っぽさとか、ラスト、渾身の力で、「わ・れ・こ・そは・・・・キャ~プテン・フッ~ク」って歌い上げるとこ、もう、あまりにかっこよくって、震えました。なんていうの。ほんと、オリンピック競技で、着地キマッタ~って感じで。
変な話だけど、海賊スミ―は、この舞台の場合、本当にフック船長にマジ惚れしてる気がします(笑)・・・・って、またそっちの世界につなげようとしてはいけませんね(笑)
最終日は、10点満点、ほんと、「ブラボ~!」って、叫びたいくらいかっこよかった!余談ですが、このワルツ観ていて、真治君って、フュギュアスケートの選手になっても、良かったかなってちょっと。そういう道に行ってても成功したんじゃないかって・・・その場合、歌いながらも、サックス吹きながらも滑れるスケーターになってたんじゃないかと・・・(すごい無茶ブリ)

あとあと、まだまだ好きなとこあるの。舞台上で戦いが繰り広げられてるとき、舞台端でいかれた感じでリズム刻んでるときの、かっこよさ、ほんと、悪い顔してて、痺れます(笑)フック船長、戦ってるっていうより、まるでライブ楽しんで、ノリノリで踊りながら、これからナンパでもするんですか?って顔してる(笑)ここ、エリザの指揮棒振ってるとこも思い出すっていうか、イカレタ極悪ぶりがたまんないです。

で、ラスト、オペラグラスで観ようって、最初から決めてたとこあって。
それは、殺陣のシーンです。もう、6度目、だいたいの動く姿は追えるようになっていたので、ドアップでレンズ越し、観続けてました。かっこよかった。とにかく、かっこよかった。やっぱ殺陣、殺陣ですよ。宗太郎でもそこ惚れたんです。御法度の三段付き、惚れたんです。でもね、御法度よりも、かっこいいって思った!私、オペラグラス越しってこともあって、ここだけスクリーンの中の真治君の迫力の殺陣を観続けてる感じになっていて。
タイガーリリー達参戦からの、フック船長、周り固められて、次々に剣が襲ってくるのを振り払う殺陣とか、もう、「うわ、もう、かっこいいかっこいい、これが観たかったのよ」って、感じで、その映像・・・(映像じゃないんですけどね)今も頭の中にすっごく鮮明に残っていて、これ、忘れられませんね。真治殺陣史上、もっともかっこいいって思った。映像でも残してほしい。剣さばきの美しさは、ほんと、見事でした。
で、タイガーリリー達と戦う時は、ちょっと映画的な迫力の殺陣なんだけど、ピーターパンと戦う時は、またちょっと違うっていうか。それこそペアのフギュアダンスの自由演技を観ているような気持ちになるほど、ひとつひとつの剣さばきの雰囲気が、エレガントなんですよね。迫力なんだけど、剣の舞って言葉がはまるかな~。美しいって思いました。これは、不思議な気持ちだったんだけど。って、昨日は、殺陣を観ようって、アップで真治フック船長の動きのみ凝視してたので、そんな感想です。・・・って、今、夏のオリンピックやってんのに・・・なんで、スケート(笑)・・・思いついたままで、すみません。
とにかく、殺陣だけでも、見応え十分でした。惚れた~。。。また深く甘い闇の中、落された~。

って、私、延々と、書き続けてしまいそうです。

まだまだ、いっぱい感想書きたいので、ちょっと、長くなったので。まず、お待ちかねのラストの舞台挨拶簡単だけど、レポしますね。

舞台挨拶、真治君は、すごくやりきった感ある、自信に満ちた舞台挨拶で、誇らしかったです。いつも自分に厳しい真治君だけど、このピーターパンの素晴らしい舞台、、かっこよく強くダークでセクシーでイカレテて、でもロマンテイックな愛すべきフック船長に・・・、真治君自身も惚れちゃってるんじゃないかなって、勝手だけど、そんな風な雰囲気を感じた舞台のカーテンコールでした。

って、でも、話したこと・・・昨日、メモでもしておけばよかったのに、帰ってすぐ書かなかったこともあり・・・覚えきれてないんですよね。。。

ただ、客席に向かって、「どうでした?僕のフック船長」って、問いかけて、盛大な拍手をもらってました。で、高畑さんのピーターパンが、歴代の中でも、一番ピーターパンに近いピーターパンではないかと思うと、そして、僕がフック船長のオファーを受ける際、条件をひとつだけあげたことが、高畑ピーターパンを呼び戻してくれるなら!ということで、今回ピーターパンに戻ってきてくれたこと、話してくれたりで、高畑ピーターパンの東京ラストに花を添えてました。で、あと高畑ピーターパンが観れるのは、大阪と金沢だけだから、ぜひ地方にもとかなんとか話してたら、、上手い言い回しができなかったか?なんか、ここ忘れちゃったんだけど、急にまじめだった口調変えて、「ま、いっか。・・・あの・・・めちゃイケの武田真治です!」って、突然自己紹介(笑)・・・会場爆笑でした。で、「僕の、お芝居、今日、初めて観たって人、どれくらいいます?」って、客席に聞いたら、けっこうな拍手がおこってしまったんですよね。。。真治君、ちょっと、えっって思ったかな~。「あ~」みたいなため息とともに、「僕、けっこう、頑張ってるんですよ。でも、もっともっと頑張らなきゃな」って、言ってました。
でも、今日のお芝居、そして、ピーターパンの公演観た人は、武田真治っていう役者に、ここで出会って、きっと、もっともっとお芝居観たいって思わせたに違いないって、すっごく思います。これからの真治君のお芝居も、追いかけて観ていってくれるんじゃないかなって思います。って、締めたいんだけど、もっともっとまだまだ、ピーターパンの感想、フック船長の魅力、書きたりてなくて、たぶん、ほっとけば、24時間喋り続けてますね。誰か止めて(笑)まだ、しばらく感想書いていたいと思います。
私はラストフライング終えてしまったけど・・まだまだ、大阪と、金沢残してますものね。もしかして、まだ、観れてない真治ファン・・・後悔しないよう、ぜひ、というか絶対劇場へ・・・。
観たことのない真治君に、また惚れ直すと思います。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ