カテゴリー「舞台・時計じかけのオレンジ」の31件の投稿

2011年2月28日 (月)

シアターガイド4月号

オレンジツイッターによると、3月2日発売のシアターガイド4月号。「劇顔」に真治君登場だそうです!
一月赤坂アクトシアター公演中、終演直後に撮影とのこと。心はずみます!
どんな顔を見せてくれてるのか・・・インタビューもあるのかな?楽しみです。

シアターガイド 2011年 04月号 [雑誌] Book シアターガイド 2011年 04月号 [雑誌]

販売元:モーニングデスク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は、東京は冷たい雨がふっていて・・・寒いですね。
真治君は、今日くらいオフで、お洗濯とかして乾燥機のお洗濯物でほっこりしてるといいなっと思いながら・・・もうピンクの稽古だったりするのかな・・・と思わなくもなく。

私は、あいかわらず、新しい職場の研修中で・・・。で、いろいろ教えてくれてる先輩が、ちょっとPCの面倒な登録のこととか、教えてくれていて・・・・なんでもいいから、最初、名前を入れてみるっていう時に、いきなり、「じゃあ、まず、アレキサンダーって入れてみて」って、言うんで、ちょっとびっくりしてしまって(笑)
「アレキサンダーですか?えっ?アレキサンダー???」って、二度も聞いてしまった(笑)

で、ア・レ・キ・サ・ン・ダーって、職場のPCにカーソル打ってる不思議(笑)
私にとっては、アレキサンダーは、あのアレキサンダーでしかいないんだけど・・・
世間的には、今、ありふれた名前なんでしょうか(笑)

話もどりまして・・・
オレンジのツイッターに、真治君のサインピンポンボールの写真が映ってますね♪
shinji Tの、ピンポン。なんか、かわいい。受け取った方、うらやましいですね。

| | コメント (2)

リアクション王ですね♪

まずは、オレンジ大楽、全公演完走おめでとうございます!
大盛り上がりのカーテンコールだったって、聞きました。
カーテンコールの登場曲も、それぞれで。
桜木さんと山内さんが、柔道一直線。
若手ドルーグ三人組は、犬のおまわりさん。
パイプオルガンにのせて、石川さん、
「お熱いのがお好き」のテーマで緑子さん登場。マリリンモンローの地下鉄の風ポーズしてくれたそうです♪
吉田さんが、「また逢う日まで」
橋本さんはKISSの「Detoroit Rock city」ののせて、手にはエレキギターのつもりの箒を持ち登場!胸元開いて付け胸毛をちぎっては投げ、真治君は「あっち行け」ポーズで払ってたけど、五大さんは嬉しそうに両手で受け止めてたんですって(笑)・・・想像するだけで、爆笑な絵面ですね。橋本さん、めちゃイケゲストに、どうですか?みたいな(笑)
真治君も、いつものめちゃイケナンバーで登場。いつも以上にかっこよくアレキサンダーのマントを捌くと、前に来て、帽子を胸元に掲げてお辞儀したあとの笑顔がめちゃめちゃかわいかったそうです!
オレンジのピンポンボール、出演者の方々が、客席に向かって投げてくれたとか。
真治君も、ひろっては投げ、ひろっては投げ、客席の声援に答えてくれていたとのことです!真治君のピンポンボール受け取ったラッキーな方、きっと今年は一年、ラッキーだと♪ラストは小栗君の3本締めで、めでたく終了!
禍々しいはずの、オレンジな世界。だけど、三本締めに、ピンポンに、デトロイトロックシテイに、めちゃイケに、マリリンモンローに。なんだか、すごいですね(笑)
ほんと、にぎやかな福袋。
終わってしまうのがもったいない。大事にしまっておいて、また時々袋から取り出したら、あの「ドーン」っていうドラの音が聞こえて・・・シーンは続く・・・ってはじまってくれたらいいのに。
なんだか、舞台終わっても、どこかからくり人形がしばし休憩してる感じで・・・また、ふって、魔法がかかったら、ドルーグ達が動き出しそう。
幻想の世界に、また連れて行かれそうな・・・。思い出すと、もう、不思議な演目だったな~って、しみじみ。

で、昨日、お留守番組にも、最新の真治君が、テレビから会いに来てくれましたね。

堂本兄弟、昨日もかっこよかったですね!
北島さんの話から、「どこが違っていたと?」って、突然質問してたじゃないですか。
あれ、「あっ・・・トップランナーの時みたい!」って、嬉しかった。

あの質問とかもう少し、真治君が質問してたら、、北島さんのお話、深いとこで聞けそうな感じで。堂本トークっていうより、やっぱトップランナーな感じかな?
北島さんも、ちょっと乗り出してましたもんね。うん。聞き上手~。って

あと、北島さんが、ちょこちょこオチつけるところで、ガクガクって、わかりやすいリアクションが凄いかわいっくって・・・あそこも、何度も巻き戻しちゃった。笑顔も。

それから、それから、キャスケードっていうのかな?あの形の帽子が、もうすっごい似合ってて、あの帽子のせいで、斜めに影ができるんですよ。顔に。
それが、かっこいい!って、なぜか、昨日気がついちゃった。顔に斜めの線が入るのって、忍者の眼帯とか、漫画のキャラのお約束の顔の傷とかも、そういえば、斜めだなって。。。斜めな影はかっこいいって、忍びの役とか、どうですか?って、また、考えが遠くに飛んでしまった(笑)
あと、ペンダントが綺麗で気になるんだけど、我が家のテレビの画質では、コインなのか、あともうひとつなんか付いてるっていうのが、見えなくって、ものすごい画面に近付いてみてしまった。長さとか、襟元の開き具合とか、ジャケットのちょっと余裕ある感じなのとか、もう、ほんとに、ちょっと立ち姿、いっぱい写真とっておきたい感じで、ほんとかっこよくって
思ったんですけど・・・。ファッションブック。みたいに、真治君がテレビで着ていた衣装、全部、、会報に載せてくれたら嬉しいと(笑)
収録現場さんで、写真とってくれないかな~。でもって、会報にずらっと「今月の真治君」って、載せちゃってくれたりしたら、嬉しい。
で、ついでに、点線とか、真治君の体の縁取りにあわせて印刷してくれたら、チョキ✌切って、スクラップブックにはって、吹き出しつけて遊べるのになって。昔、そういう付録ついた、少女漫画雑誌とかありましたよね(笑)「お前は、いくつだ!大人だろ!っ」ていう、突っ込みは、なしで。真治君ごっこで、いつまでも遊んでいたいのでした(笑)

演奏も、「祭り」、堂本ブラザーズバンドで聞くと、なんか、また、かっこいいのね。
真治君が「そいやっ」って、言ってるのも、なんか新鮮。
演奏も、ラストもちゃんとカメラ来て、なんか、やっぱり幸せな30分でした。

| | コメント (2)

2011年2月26日 (土)

昨日のジョー

刈谷もいよいよ始まりましたね!
昨日の公演をご覧になった方から、こんなご報告が(笑)
真治君のジョーが蹴ったカバンが何と客席に落ちてしまったんですって!……真治君、慌てず騒がず、あのジョーの口調そのままに『そのカバン取っていただけますか?』ってお客さんに頼んだとか(笑)
昨日のお客さん…すごい美味しいですね(笑)
いよいよラスト3公演!
遠征のファンの方も多いかとラスト盛り上がって来て下さい♪

| | コメント (5)

2011年2月17日 (木)

時計じかけのオレンジ☆シーン別キャスト表☆

ハードリピーターのお友達が、それぞれのシーンの登場人物、役者さんのキャスト表を送ってくれました。
す・・・凄すぎます。。。よく、こんなに、隈なく、舞台を観ているって・・・驚愕しました。
素晴らしい・・・・。

私・・・息子の学芸会とかで、息子ばっかビデオ撮影してて・・・あとで息子に叱られたことあります。僕だけ映っててもつまんないから観ないって。。。それ以後反省して・・・全体をくまなく撮るようにしたんだけど・・・。

真治君も・・・もしかしたら、キャスト全員に目を配ってほしいって思ってるタイプな気がします。
が、しかし・・・濃ゆいファンとしては、・・・とくに回数少ない場倍・・・そんな余裕はないですよね。。。ただでさえ、真治探しで忙しいのに。。。

でも、あえて、聖徳太子のように・・・いっぱいの瞳搭載して、キャスト様達の熱演キャッチできるように・・・・、お役にたてたらいいなと思いますので、ご紹介しますね。

☆ドルーグ登場
アレックス・小栗くん、ジョージー・高良くん、ピート・矢崎くん、ディム・ムロさん

☆オープニング 
全員でドルーグソング
聖歌隊?堕天使?
真治君は2列目中央→舞台上中央→右端→中央

☆MEET THE OLD MAN
老人・吉田さん
ドルーグ・小栗くん、高良くん、矢崎くん、ムロさん

☆ビリー・ボーイズとの決闘
ビリーボーイズ・今奈良さん、五大さん、白井さん、西田さん
仕込まれた観客・中林さん
ドルーグ・小栗くん、高良くん、矢崎くん、ムロさん

☆アレキサンダー家
アレキサンダー・真治君、彼の妻・高山さん
ドルーグ・小栗くん、高良くん、矢崎くん、ムロさん

☆場面転換
カーテンを持っているのはドラッグクイーン西田さん、中林さん

☆コロバ・ミルクバーの場面
2階上方でフラフラ彷徨っているのがアレキサンダーの妻・高山さん
店員・平田さん
手前で踊っているのが、ドラッグクイーン西田さん、中林さん、今奈良さん、白井さん
ソファーで座っているのが、Mrデルトイド山内さん、オペラ栗山さん、桜木さん
その後ろで歓談しているのが、上地さん、五大さん
ドルーグ・小栗くん、高良くん、矢崎くん、ムロさん

☆MEET THE OLD WOMAN
老女・キムラ緑子さん
彫刻・吉田さん、高山さん
警官・今奈良さん、五大さん、白井さん
Mrデルトイド・山内さん
ドルーグ・小栗くん、高良くん、矢崎くん、ムロさん

☆逮捕~裁判~収監
アレックス・小栗くん
警官・今奈良さん、ムロさん
刑務官・白井さん、ムロさん

☆刑務所 礼拝堂
アレックス・小栗くん
牧師様・石川さん
聖歌隊・指揮は栗山さん、平田さん、西田さん、上地さん、中林さん
刑務官・白井さん、ムロさん

☆礼拝堂の清掃
刑務官・白井さん、ムロさん 途中からムロさんのみ
清掃班・アレックス・小栗くん、西田さん、新入り・高良くん、囚人ドクター・真治君、矢崎くん、山内さん

☆内務大臣の視察
清掃班・アレックス・小栗くん、西田さん、新入り・高良くん、囚人ドクター・真治君、矢崎くん、山内さん
刑務官長・高山さん
刑務所長・桜木さん
内務大臣・吉田さん
大臣秘書・今奈良さん、五大さん

刑務所長 桜木さんと入れ替わりに牧師様 石川さん

☆刑務所~研究所
アレックス・小栗くん
研究所の助手・今奈良さん、五大さん
牧師様・石川さん
バックコーラス&ダンサーは聖歌隊・栗山さん、平田さん、西田さん、上地さん、中林さん

☆研究所
アレックス・小栗くん
Dr.ブロドスキー・橋本さん
Dr.ブラノム・キムラ緑子
研究所の助手・今奈良さん、五大さん

全員自分のメインキャラで登場 健全にとか歌う

【二幕】
☆研究所
アレックス・小栗くん
Dr.ブロドスキー・橋本さん
Dr.ブラノム・キムラ緑子さん
研究所の助手 今奈良さん、五大さん

☆研究発表 お披露目
観客席は
上段:西田さん、マネキン(女)、真治君、栗山さん、 <通路> 矢崎くん、白井さん
中段:空席、平田さん、マネキン(女)、 <通路> 中林さん、高良くん
下段:所長・桜木さん、牧師様・石川さん、空席、 <通路> 空席、マネキン(男)
刑務官 ムロさん
内務大臣・吉田さん
大臣秘書・今奈良さん、五大さん
Dr.ブロドスキー・橋本さん
アレックス・小栗くん
ボンバーヘッド・山内さん
ダンサー・高山さん
声のみ出演・上地さん、キムラ緑子さん、山内さん

☆アレックスの実家前
アレックス・小栗くん
住人・上地さん

アレックスのマム・キムラ緑子さん、下宿人ジョー・真治君
アレックスのダダ・桜木さん
住人・上地さん(母)、山内さん(父・食事中)、平田さん(子供)、高山さん(子供)

☆路上にて
アレックス・小栗くん
老人・吉田さん
浮浪者・今奈良さん、五大さん、白井さん、西田さん、中林さん、栗山さん
警官(元ドルーグ)・高良くん、矢崎くん、ムロさん

☆路上にて 雨と落雷の嵐の中
アレックス・小栗くん
アレキサンダー・真治君

☆アレキサンダーの家
アレックス・小栗くん
アレキサンダー・真治君
さる集会の重要人物、ドリン・山内さん、ルヴィンスタイン・橋本さん
血みどろの人形・栗山さん、中林さん

☆アレキサンダーの家 2階
アレックス・小栗くん
アレキサンダーの妻、高山さん

☆病院
Dr.ブラノム・キムラ緑子さん、Dr.(?)ムロさん
アレックス・小栗くん
2階から牧師様・石川さん
助手・西田さん、看護師・平田さん、中林さん、高山さん、栗山さん
内務大臣・吉田さん
大臣秘書・今奈良さん、五大さん

☆カーテンからアレックス・小栗くんのみ登場

☆新・ドルーグ登場
アレックス・小栗くん、橋本さん、真治君、山内さん

全員でドルーグソング

☆再びコロバ・ミルクバー
店員・平田さん
アレックス・小栗くん
婚約者もしくは恋人マーティ・上地さん

☆小栗くんオンステージ~全員でエンディング

あとは、カーテンコールですよね♪
思い出しながら、キャスト表見ていても・・・あ~あの時のあの人が、あの人だったのか~って、なかなか面白いですよね。。。
もう、あと、一回くらい観たかったな~。

これから、九州、名古屋ですね!
まだまだオレンジホラーショーは、繰り広げられているので、皆様、見尽くしてきてくださいませ。

あと、レポとか、大げさなものでなくても、
「かっこいい~」とか、「すご~い」とか・・・あとは、ただ錯乱の悲鳴「きゃあ~」とか、一言でもいいので(笑)・・・ここでも、いろんな掲示板等でも、ツイッターでも、・・・ネットで、黄色い感想教えてくださいね♪
<>

<>

| | コメント (8)

2011年2月16日 (水)

オレンジ大阪千秋楽とか、「着せてみて」とか(笑)

大阪公演、千秋楽おめでとうございます!
カーテンコール五回ですって!
登場曲がめちゃイケのオープニング曲になってたんだって!真治君はアレキサンダーのガウンをマタドールみたいに操ってカッコよく登場。次の橋本さんが付け胸毛を見せながら登場。真治君の方に胸毛を投げて・・・真治君、足でけって避けるって(笑)・・・小栗君の登場のジャンプに合わせてターンしてお客さん煽ったり、バンド紹介から観客を煽りながら、退場まで、踊りながら盛り上げてたそうです。
二回目は、またまた「わしも、めっちゃ好きやねん」って、小栗君とハグ。後ろに下がって、かわいく手をふる真治君。最後は扉から、手で小栗君を立てて・・・。これは、カーテンコールの度にしてたとか。三回目はスライディング。4回目は歩いて登場、会場を見渡す瞳がきらきらしていたと。
五回目もゆっくり登場。山内さんが「アホか・・・この後、すぐにばらしせなあかんのに・・・何度も何度も・・・ありがとう。座長から挨拶があります」小栗君「ありがとうございます。次は北九州に行ってきます・・・。ここで、高良君から、挨拶があります」高良君めっちゃ照れながら「おおきに」って。
真治君は、優しい瞳でやりとりを見守り、可愛く2、3階席や、一階席に手を振って、拍手に答えてたそうです。思慮深くて・・・キュートで優しい・・・昨日の真治君を、教えてもらいました。。。目に浮かびます。。。浮かぶだけじゃヤダ。ほんとに観たかったですね♪

大阪は、やっぱ、盛り上がりが独特だそうで。
特に、平日は独特ののりがあって・・・。最初、ぜったい笑ってやるか・・・みたいなおじさんとかも座ってたりしてて、面白いんですって。でも、ジョーはそんな男子族に、超好評らしくって・・・女の子はクスクス笑いでも、男子達は、ドッカンドッカン笑うから、会場、すごいことになってたみたいで。
そして、ためてためて、出演者が出る寸前にオールスタンディングみたいな・・・かっこいいスタンディングが連日のように。独特の関西ののりの良さ。ちょっと大阪公演は、赤坂とは違う熱をもってたみたいですね。。。なんか、羨ましいですね!!!

オレンジご一行様のツアー。次はいよいよ、お待ちかねの九州ですね!大阪に負け時と、九州で待っていたファンの皆様、盛り上がってきてください!レポ待ってますね!

で、私はというと、人の粗相を待つみたいなことチラッと書いたら・・・天罰テキメンで、車擦っちゃったり(苦笑)・・・あたしがね・・・粗相しまくりで。もう、なんだか、お金が、ひらひら飛んでいくのが、雪にまじって見える気がした(涙目)


でも、なんだろ。反省はやめちゃったんですよね~。私、子供のころから、アンデルセン童話やグリム童話は好きだったけど、イソップ物語大嫌いで。狼少年とか・・・食べられちゃうなんて、酷すぎるよ。とか、ちょっとふざけただけじゃんって・・・だんだん読んでて、なんって、意地悪な話ばっか出てくるんだろ~って、大嫌いっ・・・みたいな(笑)
自分に甘い人間は・・・あの一連の話は嫌いなんじゃないかと。なので、凹むのはやめた。

アリとキリギリスだって、キリギリス、別に悪くないじゃん。みたいな(笑)
あれですよ。アリのごとく働いて、キリギリスのように遊べってことですよね~。正解は、きっと(笑)。だから、私も、2月乗り切ったら、冬がんばったら、3月は遊びまくるんだ。
って、春を楽しみにしてます。20日、マチソワする予定なんだけど。「青森と大阪から、大事な友達が来るから、あたしは一日、朝から夜まで、帰らない、探すな。」と、今から宣言してきた(笑)・・・気迫に頷いてて、オッケー取れた(笑)。車擦ったくせに、偉そうな私。でも、これは、嘘じゃないもん♪来月が、もう、すっごく楽しみ!もう、頭、ピンクですよ(笑)

で、また、真治君に、お願いしたいこと、思いついちゃったんで、書いてみます。

虹色ジーンで、鵜飼の女の子を綺麗に変身させるコーナーあったじゃないですか。
あれ、見ていて・・・・
真治君にコーディネートしてあげてほしい!って思ったんですよね~。
いつもお洒落な真治君が・・・・女の子をコーディネートしたら、どんな風なお洋服着せてあげるんだろ~。見てみたい!
自然と好みの女の子、見えてきちゃうし(笑)。デートに着てきてほしい服とか♪
そういう質問に、真治君がどんな回答をするのか・・。めちゃイケとかで、メンバーそれぞれが女子メンバーをコーディネートして、対決みたいなのも面白いかも。
いつも真治君着せ替え人形を、頭の中で楽しんでるけど・・・真治君が着せ替えしちゃうのも見てみたい的な(笑)・・・(水着とか超ミニとかで、ボケるのは、出来れば、なしで(笑))
うっかりブランド名出すと・・・・ファンがいっせいに同じ服着てて、会場客席が統一されたりするかもだけど(笑)それも面白いかと(笑)

と、また、「あんなこといいな♪」の妄想です(笑)
昔・・・・「好きだな・・・・彼女の服・・・」って、言ってましたよね~。
ああいうの、また見たい~♪


で、ここからは妄想なしで、また、真治チャージのお知らせです。

コメント欄で教えていただきました。
wowowで、ハーレーダビッドソンの真治君、再放送です。「The Brand 飛翔の瞬間」2月18日、午前11:55~
これ、相当、かっこいいんですよ。声だけじゃないですよ。真治君が旅をします。バイクにものるし、ハーレーの会長とも話しちゃったり。とにかく、映像も真治君も綺麗な一本のロードムービーみたいな仕上がり。
新しい、ファンの方には、ぜったい観てほしい~みたいな。ブルーレイ永久保存版録画、お奨めしますね!

| | コメント (5)

2011年2月11日 (金)

めっちゃ好きやねん

今日の大阪公演!
カーテンコールで、橋本さんの「好きやねん」を受けて、真治君、「めっちゃ好きやねん」って叫んだんですって
聞きたかったぁ!!!
ブンブン手をふったり、眩しそうに客席見渡したり…めちゃめちゃかわいいカーテンコールの真治君だったそうです!
想像するだけで、とろけますね
って…それだけなんですけど(笑)
広い広い会場…圧巻の盛り上がりだそうです!雪の大阪だけど、オレンジご一行様は、ますます熱いみたい!
真治君の声はコーラスの部分でもすごくよく響いてくるそうです!どんな一瞬も全力なそんな歌声が聞こえてくるそうです!すごいね!新しいステップ試すようなところも見られたり…日々新しい真治君が展開しているそうです!!!
大阪、九州、名古屋とますます盛り上がりますね!!

| | コメント (2)

2011年2月 7日 (月)

オレンジ1月30日東京楽・二幕~カーテンコール

楽のレポ続きです。
まず、眼鏡男子です。ただ、眼鏡かけてるのが、嬉しいっていう、まずそこだけで、好きなんですが。誰でも眼鏡かければいいってわけじゃなくって、やっぱあの鼻の角度とか、あごのラインとかが・・・好きで。で、リアクションが大きいとこも面白くって。隣になぜかマネキンっていうのも・・・でも、顔のラインとか、マネキンより綺麗っていう不思議(笑)
でも、それじ~っと瞬きも惜しんで見てたせいで・・・・実験がいまだによくわかってないっていう・・・酷い観客になってしまった。。。ごめんなさい。言い訳させてもらえば・・・はじにいるから、いけないんですよ。
あと・・・余談ですが・・・この真治君、誰かに似てる・・って、ずっと考えていたら・・・・・・・お父様でした(笑)。幼い真治君と一緒にうつってた、あの(笑)・・・・お母様はきっとドキっとしたに違いないと思います(笑)

それから、ジョーです(笑)
オペラグラスで観たら・・・・照れずに観たら・・・
すごいことになってますね。。。人間って、このくらい完璧になるんだっていう標本にできる。彫刻家がみたら・・・モデル依頼がぜったい来る(笑)
今までだって、筋肉美は、知ってるつもりだったけど、ジョーはほら、普段と違って、力込めてる分・・・そしてタンクトップのサイズがたぶんSサイズであるために・・・ほんと、すごいことになってて・・・。ちょっとポカンとなっちゃうっていうか・・・。もう、「すごっ」の一言で。
で、あんな髪型・・・いや、あんな髪型だから、顔の美しさも逆に際立っちゃって・・・。なんか、あのままキャラさえ変えれば、古代エジプトの王子もできそうなんですけどね(笑)・・・ツタンカーメン?あの衣装着てみて!王冠かぶってみてって、ちょっと思ったり。
でも「ジョーです」って叱られそうだけど(笑)

で、なんか、ジョーの面白さも、威力増してました。
昨日と同じでは嫌な人なのか(笑)なにかが新しい・・・(笑)
前日はとうとう自分でツボ入って吹いちゃったとか(笑)・・・それ観たかった~。
あと、仙台では、パパが訛って、それがツボだったみたいで・・・笑いこらえながら、「感染するといけない」とかって言いながら、はけたとか(笑)
これから、各地で、いろんなジョーがみられるんだろうな~。。。何が?って、説明できない面白さをうみだすのは、・・・ちょっと、これ、台本にはなんて書いてあったんだろ~気になりますね(笑)。「武田君におまかせ」とか、あったりするだけだったりして(笑)
で、毎回、毎回、いろんな攻撃に合いながら・・・
・・・けっして吹かない小栗君を尊敬します(笑)吹いたら成立しなくなっちゃうもんね。

そして、アレキサンダーなんですよね。
やっぱ、舞台の、最大の見せ場かと。。。
あんなジョーやってたあと・・・どんな気持ちで、切り替えられるのか、どこにスイッチ入ってるのかって感じで。。
出てきて、まだ顔見えない段階での後姿が発する匂いが、ちゃんと老人なのが、すごいな~って、思っちゃうんですよね。。。歩き方とか・・・ミッキーが8歳の歩き方そのものだったのも驚いたけど・・・なんでも、できるんだ~って。。。今まで、たくさんの作品を見てきて、その芝居の変幻自在ぶりは・・・知っていたつもりなんだけど・・・本当に、なんにでもなれるんだっって・・・・やっぱり驚いちゃって。。。

で、アレキサンダーソング。あれは、やっぱ、ちょっと、絶品だと思う。
妖艶な黄泉の帝王トートの歌声も好きだったけど、若き恋を歌うアージス王子も素敵だったけど・・・・この怨念もこもった愛の歌を歌うアレキサンダーの迫力たるや・・・ちょっと圧巻でしたよね。。。で、こんなにも、歌が上手くなるなんて・・・最初、予測しました?
音程は取れる人だとは思ってたけど・・・・感情を歌に載せて、そして、こんなにも大きな会場のたくさんの人たちを、その歌声で、一瞬にして虜にしてしまうような歌を歌う人になるなんて・・・。失礼だけど、想像してなかった。
一曲のうちに、なんかストーリーが浮かぶんですよね。。。それで、朗々とっていうのじゃなくて・・・なにか心に、ギザギザしたヤスリみたいなもので擦られて傷をつけられるような、そんな歌。痛みが残るけど・・・。忘れられない。そんな歌を歌う人になったんだなって・・・ほんっとに、大袈裟じゃなくって、驚いて、深く感動したんですよね。。。
私・・・この歌は、また、聴きたいです。。。本当に、真治君だけのオリジナルの、真治君の歌だと・・・・。ファンの私も、大事に大事にしたい。できれば歌えるようになりたいって思ったけど、転調難しすぎて・・・音程とれなくって、ぜんぜん無理です。(別にお前が歌わなくてもいいって感じでしょうが・・・)
最初、妻を思って、恍惚とした表情を浮かべるときは、一瞬、幸せそうなんですよね。。。・・・そして、絶望、怨念。長い歌じゃないのに、いろんな感情を、その歌から、押し出してくる。。。すごいな。。。って、ほんっとに凄いなって。。。すごいよ。真治君。君って呼んじゃいけない感じで、なんて呼べばいいの?武田様・・・真治様・・・やっぱ真爺?

そして、めちゃめちゃ感動して・・・。その後に、真爺は、一挙に50歳くらい若返って、新ドルーグとして、登場。
ここのかっこよさは、もう何度も書いたけど。東京ラストの公演は、ちょっとふりつけ変わってたように思いました。この時は、真治君のハットを横滑りみたいに手で触る仕草が、すっごい目立ってて・・・綺麗だな~って。この帽子使いは、トート?安蘭さん譲り?
動きが、すっごく滑らかで、綺麗なんですよね。。。身のこなし・・・こんなに、いつの間に綺麗になったんだろ~って、ちょっと考えちゃった。好きになったころは・・・わりと、動きは、かくかくってしてた気がしてたんだけど。。。(あ・・・それは、インタビューの時とかか~)
もう、ほんっと、ダンスも同じ振り付けでも、真治色っていうのがあって、細い腰が、やたらかっこいいんですよね~。。。身体の中に、前にも書いたけど、鋼鉄でできたバネが入ってて・・・さらにそれがエレガントになっちゃってて・・・こんなの観たことない!っていうかっこよさ。もう、踊ってるだけのショーだけでも、2時間観たいって思っちゃった。10分ないかな?っていうシーンだけど、ここだけでも、観たいっていって、リピートされてる方もいました。すっごいわかる。ここだけでも舞台の映像残しておいてほしいよね。。。
ダンス・・・また、いっぱい魅せてくださいね。いっぱい観たいよね。

で、カーテンコール。
すごかったんですよ。スタンディングで・・・。
真治くんは、やっぱりアレキサンダーのガウン着て、ドルーグみたいに踊りながら、登場。拍手も一層大きくて。
銀のテープが天井からいっぱい降りてきて、紙ふぶきもいっぱい。
「わあ~」って、顔で、嬉しそうにくるくる回ったら、真治くんにテープが巻きついちゃって、あわてて反対周りで回ってるお茶目なとこもみせたりして。。
で、何回目のカーテンコールだったかな。。。舞台のへり、ぎりぎりのところまで、出てきて、ちょっと上手側を向いて、じ~っと、ただ佇んでるような姿、見せたんですよね。。。反対側の端っこに私はいたので、表情はみえなかったんだけど・・・。誰かを見つめてたのかもしれないし・・・客席全体に笑顔送ってたのかもしれないけど・・・。なんだか、こちら側からその斜め後ろ姿みてたら、客席からくる熱気みたいなものを・・・心静かに、身体で、じっと受け止めてくれてる・・・そんな・・・そんな気がすっごくしたんですよね。。。
その姿が・・・キラキラとしたオーラに包まれたような・・・残像として、今でも私の記憶のスクリーンに、はっきりと刻まれています。。。なんだか、すっごく感動したの。。。

って、もう、終わってしまったかのように、書いてますが・・・
まだ、オレンジの舞台は、折り返し地点。。。
これから、更なる感動を呼びながら・・・真治君とオレンジカンパニーの皆様の旅が続きますね。。。
感動をありがとうございます。公演、全日程の成功祈ってます。
すばらしいもの、みせていただきました。ただ、ただ、感謝です。

今回は、私・・・酷いこと、いっぱい書いちゃって、すみません。。。怒ってませんように。。。

| | コメント (6)

2011年2月 6日 (日)

オレンジ1月30日 東京楽、一幕

1月30日東京楽、観てきました。
私の観劇初日は、1月4日の、あけて二回目という公演だったのですが、
こんなにもはじめの印象と、ラストの印象の違う舞台っていうのも、私ははじめてだったかもって思います。どんどん、すっごく面白くなった。で、あきらかに演者さんのノリみたいなものとか、客席も前のめりに乗っていく感じが変わるっていうのも、舞台ってほんっと、生ものだな~って思いました。

東京ラストは大入り。ほんと、立ち見の方が、後方の壁だけでは収まりきれず、横通路に立っているっていうのも、なんか、凄いですよね。
座ってる座席から感じる、舞台はじまりの期待観。そして、この舞台が好きっていう人が集まってる感じとか、前のめりで観て参加して来ようっていう思いが篭った人のオーラってある熱を生じていて。それが互いに感染しあうような・・・そんな空気を感じるときって・・・なにか始まる前から、わくわくしてしまいますね・・・。

で、この後は、ほんとにネタバレ…・配慮全くないので、まだ観劇されてない方は、読まないで下さいね!

「゙ド~ン」って、お腹にくる響きにいつも、びくっと始まる舞台。
後方にスモーク焚かれ4人のドルーグ達。。。で、すぐに後列のひな壇に並ぶ天使達の真ん中に、すっくと立つ人に私の焦点があうわけですが(笑)

あの、独特の振り付け。どうしても頭の上に糸がついてるような気がしちゃう。上から吊るされてる感じ。重心が綺麗だからか、操り人形みたいな。表情も、人ではない感じで。。。
けっこう怖いんです。夜に、窓から覗いてるあの天使と目があったら、悲鳴だよね(笑)

糸が付いてるっていえば・・・・私、あの「ホラーショー♪」って、みんなが口を縦に大きく開けて歌うとこ、ブログラムの写真にも掲載されてたとこ。あそこの一瞬で真治天使を固めた「てるてる坊主」ほしいですね。(さっき、窓から覗いてたら怖いって書いたばかりですが、あのまま小さくして、頭の上のとこに糸つけて吊るしてテルテル坊主みたいに窓に飾ったら、キモ可愛くて、いいかもって思う(笑)。
…どうも、私は、真治君を手のひらサイズにちっちゃくするのが好きみたい(笑)携帯したい願望でしょうか(笑)ぜひ、グッズコーナーの新品の一案にくわえてほしい(笑)
ドルーグシールに、悪天使てるてる坊主に、そして、アレキサンダーのガウンも、売ってくれたら、ちょっと羽織ってみたいかも(笑)黒いハットも被って、白いつなぎの上に羽織ってスライディングすれば…あなたもすぐに、なりきり真治…みたいな(笑)…
・・・・果てしなく脱線していきますね・・・すいません。

もどりまして、最初操り人形みたいだったのが、「ホラーショー」が合図のなのかな?急に糸がきれて魂宿ったみたいに、動き出して、激しめに踊るでしょ。横に移動したり、前歩いたりしながら踊るとこ。あそこが、また、かっこよくって♪
トートもやってた手の動き。頭の上でひらひら~もありますよね。トートの時は、実はあそこ、私、いっつも、クスっとしてしまって・・・。なんか、不思議な動きって、思ってたんだけど。なんか、どこがどう違うのか、手のひらの回転が速くなったか、慣れてこなれたのか、スマートで綺麗。そう、どこをどう切り取っても、スマートで綺麗な、キレのある動きが、かっこいい・・。でも、顔は怖い、悪天使な真治君。終わって消えちゃうのが、さみしい感じで。固めて、窓際に飾りたい…で存在忘れて、夜カーテンの隙間からのぞく、それと目が合って・・・時々悲鳴あげてみたい(まだ言うかな)

で、次は、いよいよアレキサンダー登場です。
衣装とかお部屋とか、何かポップなんですよね。映画も確か・・・もう、うすら覚えなんだけど、公開から20年くらいすでにたってるところで観たと思うんだけど、古い映画を観たという気はしなくって…すっごいスタイリッシュって思ったと思うので・・・
そのあたりは、舞台美術もやはり、おしゃれで・・・。アレキサンダーも・・・・舞台のあのガウンとか白い縁の眼鏡とか、普通のおじさんではないっていうか・・・あれは、奥様の趣味で着せられてる設定なのかな?後半は構わなくなっちゃって普通の地味なコートとかになっちゃってる感じがまた・・・悲しいんだけど。。。
最初、「へんてこな爺」と、書いてしまった私が・・・なにをいい訳しても仕方ないのですが・・・。瞳が・・・・どんなに隠しても、美しいんですよね。。。
だから、眼鏡奪われると、やっぱり、綺麗だったりする・・・。楽日は、私、オペラグラスで、真爺の表情ばっかりアップで追ってたから・・・・・舞台全体は観てなくて…。なんか・・・そうしてたら、衝撃回避できるかなって思ってたら・・・逆に、その痛そうな辛そうな顔とか、瞳の悲壮感とか、無力ゆえの絶望の浮かぶ瞬間を、はっきり受け取っちゃって・・・余計に・・・疲れてしまった。。。
シーン終わってオペラはずして・・・やっぱり深くため息ですよ。。。ぐったり…。お芝居ってことを忘れてはいけないんだけど・・・ああいう顔見せられると・・・沈みますね。。。。役でも嫌な思いしてほしくないって…おっしゃってた真治ファンの方の気持ちが、ちょっとわかるっていうか・・かなり分かるっていうか・・・・
このシーンのこと…真治君のパンフレットのインタビュー読んで…

で、真治君って、うまく説明できない感じを・・・なんか、上手く語ってくれる人だな~って。。。観劇後に、真治君とちょっとだけおしゃべりしたような・・・そんな感じがしました。。。もやもやとしたところを、晴らしてくれるっていうか・・・。こうなんじゃないかな~って提示してくれる感じの、押し付けない感じで入ってくる具合が、なにか心地よいというか・・・。。20年前に一緒に映画見た人が真治君なら、映画は好きになれなくても、やっぱ映画について話す真治君に惚れちゃったと思う(爆)・・・映画観なくても惚れてますが(笑)

なんだろ~・・・バイオレンスの表現って、なんかここからは、わくわく見れて・・・こっからは吐きたくなるような不快さを感じるっていう境界線があって・・・・。小説だとわりに受け入れやすいんだけど・・・映画とか、舞台とか、視覚も入ってくる中では…同じこと伝えるにしても、できればファンタジーで包んでほしいって思っちゃう…とことか・・・・そういう人って、わりと多いような気もするし。。。そういう人に対して、ちょっと、準備するようにっていうメッセージかなって・・・。優しいなって、ちょっと思ったりとか。。。
こういう境界線を越えられることが苦手っていうのは、芸術とかそういうとこに敏感に生きてる人には…とてもつまんない鑑賞者であることは間違いないんだろうなって…思ってはいるのですが・・・。でも、やっぱり疲れちゃう。

でも、ひとつ気付いたんです。真爺が…もし美しく若い文学者として登場してたら…それこそ耐えられなかったんだろうな~って…
パンフレットでアレキサンダーの写真みたら…特にそう思いました。
アレキサンダ-の顔…ファンタジーの住人みたいですよねー。現実の人ではない感じ…。なんか、木の上で、胡桃割って食べてそう…。ピーター・ラビットの絵本の中に住んでそう…それこそ映画のホビット族とか…種族が設定されてそうな…。
リス系・・・小動物系妖精種族。タイプ打つ音が、胡桃割ってる音にさえ聞こえそうで。。。ひまわりの種をかごにつめて、口元に置いて・・・・かりかり食べてる綺麗な生き物だわ♪って・・・ず~っと机の上に置いて、みつめていたい・・・みたいな(笑)
爺の次は…胡桃割ってるリスを想像…もはや人ですらない……許して…

なので、最初いやだったこのメイクも・・・きっと、これはオブラートのかわりだったんだって思うようになりました。。。境界越えられることが苦手な人たちのための。。。
舞台練習の時の、美しい顔の真治君が、舞台でぼっこぼこになってたら・・・トラウマ度合いが半端ないことになってたと思うし・・・。
でも、やっぱ、ここは嫌なシーンです。。。って、長々書いちゃったけど・・・当たり前か。ここ大好き!好きで好きでたまならい!っていう真治ファンは、そんなにいないよね。。。いても、公言できないか~(苦笑)つまんないことダラダラ書いちゃった。


で、沈んだ気持ちを、山内さんの「アレックス坊や。う~ん?」や、第九の美しい声とか、小栗くんの、「このダンス本当はちょっと恥ずかしいな~っ」ていうハニカミ混ざった歌が癒してくれるわけですが(笑)

で、本当に癒してくれるのは、次の登場。囚人ドクターですね。
そう、いじめっこ真治。
毛糸帽から、金髪がみえるんだけど、耳の横の髪が、ぴんっと、外側にカールしてるのが、すごい好きで。指でくるくるってしてみたいとか(笑)・・・思っちゃうわけですが(笑)
「しんじ~」って、呼ばれてるのかって、何度みても勘違いしちゃうとこで。「新人」って、高良君演じる新人囚人くんが、呼ばれてるんだけど(笑)。
これは、新宿駅(しんじく~んえき)に近づくと、心拍数あがる真治ファンが多いのによくある聞き違いです。
もう、新宿っていうと、真治くんしか浮かばない(笑)・・・・また、脱線ですね。。。

これ、もしかして、オレンジの舞台の感想読もうと検索してきた人が読んだら、なんのことかわからない感想になってるんで・・・いつも読んでくださってる真治ファンだけ、どうか、続けておつきあいください。しばらくブログ書いてなかったら、溜まってた分、もう、お喋りが止まらない(笑)

で、箒で、お掃除してるとこ、なぜかぜんぜん舞台こっち側見ないで、背を向けてるでしょ。あれ、ぜったい、ムロさん見ると吹いちゃうから、あえて見ないようにしてるんじゃないかって、ちょっと思っちゃった。千秋楽の時、背中にちょっと笑いを耐えてる感じが出てた気がして。
真治君のウィークポイントって、ゲラなとこかな?って、最近思います。つぼ入っちゃうと堪えきれないっていう(笑)これは、緑子さんもそうかな~って。舞台みていて思いました。変幻自在な人は、笑いのつぼ入るのも早い?(笑)でも、そのゲラなとこが、また好きっていう・・・(笑)
で、・・パタっと、箒放して、いじめっこモードになるとこの表情の変化が悪くて、やっぱたまんないですね~。で、あの囚人ソング・・・最近、頭から離れなくって・・・。で、けっこういっちばん率先して、いじめっこしてるのが、いいですよね。けっこう動きも激しくて・・・。
で、千秋楽、、、私、「あれ?真治くん、囚人なのに、ペンダントしてる?」って、思ったんですよ~。あの、首元開いた囚人服・・・首のラインに銀色にひかるチェーンのようなキラキラが見えて・・・。で、オペラ焦点あわせたら・・・・汗だった。
「光る汗のネックレス」フレーズ浮かんだら、めっちゃドキドキした(笑)。・・・汗まで綺麗だよって(笑)・・・・馬鹿ですね・・・私。

そんなわけで、ドキドキしながら、一幕が終わりました。
この日は、演者さんのノリ具合もすごくって、特に小栗君は、めっちゃ元気で。なんかお芝居が楽しくって嬉しくて仕方ない感じの、舞台が好きなんだろうな~っていう、熱いものが伝わってきました。
あと、橋本さんは、いっつも、面白いですね~。一幕終わりの「パンフ販売」とか、いつも緑子さんが、笑い我慢するの苦しそうです。真治君と緑子さんが、いちばんの被害者ですね(楽しそうだけど・・・)辛いシーンでも、なんだか、はじめて観た時よか、だんだん一幕の終わる時の鑑賞後の気分が、あきらかに、明るい方に変わっていってるっていうか・・・なんか見る側が慣れたっていうのとは違う気がしますね。。。なんのマジックがあったのかな~。。。

って、長いだけの、たらたらした感想になってますね。。。。二幕と、カーテンコールの感想は、また。。こんな感想書いてるより、実際舞台行って、カーテンコールで、「シンディー」って、黄色い声で騒げたら、楽しいだろうな~って、今は、思ってたりします。
仙台の楽しそうな客席の盛り上がり方聞いてたら、なんだか、ちょっとおとなしめだった鑑賞態度、反省しちゃいますね♪

| | コメント (0)

2011年1月31日 (月)

時計じかけのオレンジ 東京楽日の日記

昨日の記憶が新しいうちに・・・
お昼休み、帰ってきた間に、書ける分だけ(笑)

レポといっても、ここは、私の記憶のアルバムなんで・・・正確ではないかな?と思うし・・・脱線も、多々・・・どうも性格なのか・・私が楽しくなくちゃ書き続けられない、自分勝手なダメな人で・・・反省したと言ってみては、同じことを繰り返してるかもしれないんですが・・・。、昨日の楽しい記憶と、舞台の感想の、レポというか、日記ですね。

昨日は、真治ファン三人で、まずukafeさん、来訪。なんか、人い~っぱいでした!偶然にお会いできた真治ファンの方もいらっしゃったりで。
でもって、私は例のukake丼を頼んで(笑)。スプーンだけで感動ですよ。このスプーンだよっ!みたいな感動(笑)。お友達が「「あ~ん」してあげましょうか?」と、テンションあげてくれましたが、実際に「あ~ん」して可愛いのは、10歳以下と真治君だけなんで、遠慮しておきました(笑)
卵も濃くてしっかり味で美味しくって、あと、ご飯がほんと美味しいんですよね。私もファンになりました。
で、「シュワシュワオレンジ」を、お願いするも、そんなメニューはなかったみたいで、店員さんに「???」な顔をされて、ちょっと恥ずかしかった(笑)。あれは、真治君専用でしょうか(笑)でも、オレンジスムージをかわりに注文。すごい、面白い味でした。いろんな味がつぎつぎにあらわれるみたいな・・・まるで舞台のオレンジみたいな。ミント味が好きな私は、とっても美味しくいただきました。あ~いうの、作るの楽しいだろうな~。聞いたら、本当にいろんなもの入ってて、ココアとミントとヨーグルトと、あと、乾燥したオレンジとか・・・他にも秘密がいろいろ。でもって、黒いストローに感動してて。ほら、あの写真のストローと同じ。
またまたお友達が、「あそこに座って同じかっこうしてくれたら、シャッターきりますよ」と、もう、なんていうか、ほぼ、からかわれてましたが・・・・やはり、よく考えて・・・恥ずかしすぎるので、やめました。
でも、あの壁の横に、真治君の赤いマフラーが見えるような気がしちゃって・・・その後、まったく同じ服装の真治君に会えるしで、脳内では、一緒にご飯食べた気になっちゃいましたね~。って・・・・ここで、こんなに盛り上がってたら、なかなか舞台のレポまで行かないので、このあたりで(笑)イケめん&美女店員さんに、「行ってらっしゃい♪」と送り出されて、なんだか、このあたりで、もうハッピーな私達は、会場へ。

で、チケット取り出すも、なぜか、オレンジの舞台なのに、間違えてピンクのチケット提示してて。(さすがに、気が早い。)お友達に、「それは違います!」と、突っ込まれ・・・。このあたりで、しっかり者のお姉さま風に振舞いたかった私の目標は消えました(笑)・・・はい・・・天然です・・・私(笑)

で、会場入り。会場には、芸能人の方もいっぱいいらっしゃったみたいで・・・幕間に「~さんにサインしてもらった~」なんていう会話も耳にしました。

御法度に、めぐるに、タナゴコに、お銀に、箱舟にって、舞台を通しても、いろんな今までの共演者の方が、みなさん真治君のアレキサンダーソング聞いたんだなって思うと、妙に誇らしいですよね。
きっと、楽屋でいっぱい、いろんな賞賛の言葉、受け取ったんだろうな~。。。そういうの、誰に何を言われたのか・・・で、どんな言葉がいっちばん嬉しかったとか、あとアンケートの感想とか・・・ちょっと知りたいですよね。。。・・・ちょっとというか、かなり知りたいですよね。。。会報にぜひ。。。。

で、客席は後方下手でしたが、ずらっと一列真治ファンみたいな知った顔ばっかりで、で、みんなオペラグラスを膝にスタンバイ(笑)。端っこだから、誰も遠慮なく、掲げる角度まで、ぴったり揃った鑑賞態度で・・・ちょっと面白かったです。私もその一員で。みんな、すっかり登場シーンも覚えてるから、角度とかタイミングとか間違えない、間違えない(笑)
前の列が小栗君のファン列っぽくって、列の違いでここまで揃うかってくらい、笑っちゃって。面白かった(笑)舞台から、こういうのって分かるのかな?さすがにそこまでは見えてないかな(笑)・・・・って、脱線が長すぎて・・・・読んでくださってる優しい方に、脱落されちゃいますね(笑)

長くなっちゃったから、いったんここで切ります。前説になっちゃいましたね~。。。
で、ちょっと家のこともしなくちゃで・・・続きは、明日以降になっちゃうかもです。前説で終わってんのに、ごめんなさい。

次は、舞台の感想。
これは、あたし、ゆっくり、もう一度味わい尽くすように・・・・感想書きたいんですね。。。
ラストと思うと、感想書き終わると、すべて終わってしまうような気がするから・・・。
だから、少し、時間かかっちゃうかもしれないですけど。
いろんなとこで、ラストの盛り上がり、もうレポあがってると思うので、後追いになると思いますが、オレンジ愛いっぱい込めて、感想書きたいって思ってます。

| | コメント (20)

2011年1月30日 (日)

盛り上がってます

カーテンコール4回!ラスト銀テープが降りてきて、嬉しくてクルクル回る真治君がテープに首締められてました紙吹雪、喉に詰まらせたり!でもめっちゃ笑顔!
何度も手を振る超アイドル
アレキサンダーの迫力も…なんていうか…すごかった。。。。
今、出待ち現場…にいるわけですが…ものすごい人の山ですね…こちらも盛り上がってます。

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ