カテゴリー「映画」の65件の投稿

2020年7月26日 (日)

ランボーラストブラッド 感想 吹き替え版 ネタバレあり

感想すっごく遅くなりました!
なんせ観たのが6月30日。あれからいろいろありすぎ!
6月と7月では私には世界の見え方が違ってます。

6月観た時の記憶、思い出して感想書きます。

まず真治君の初吹替え、すごく良かった!!

よく兄弟逆のほうがイメージに合うのではといった前評判ききましたけど


弟役は向こう見ずな乱暴者。ドスきかせたケンコバさんの声があってたと思うし。兄役は、すこし落ち着きもある知能派、世渡り分かってて悪知恵も働く感じなのが真治君の声にあっていて。真治君のイケメン声、インテリマフィアぴったりなんですよね~。

怒鳴らなくても、底知れぬ怖さ、いやらしさも出してくるし(褒めてます)

役柄の対比があうんだなあ〜って。
やはり真治君がラスボスで配役、成功だと思いました。

配役ぴったりだと思いました。

真治君の解釈、ビジネスもできる感。感じました。
時代にあったラスボスっぷりだったとも思います。

(って何様感想ですけど・・そこいったん置いて何様忘れて書きます)

ただ実際の役よりも、声に色気あるかも。
もしかしたら字幕版よりイケメンに感じちゃうかも。
声にときめいてしまうのはどんなものなのかとも思いましたが(字幕版みてないので比較はできません)

いちいち声にときめくのは私のファン度が邪魔してしまったかもしれない😂そうなんです、真治君の声。やっぱ色気あるんですよね~。
普段の会話もだけど痛み堪える声すらなんだその色気って時々…^^;あ、すいません。感想に邪念が^ ^

 


そして映画全体の感想。

感慨深かったですね。


冒頭、あのランボーが、すっかり落ち着いて。森林で遭難した人たちの救出ボランティアをしていて。家族を持っている。娘がいる(実際には娘のように思っている子なんですけどね)


年月を感じちゃって。ちょっと寂しかったんですよね。

スタローンはやはり歳を重ねてもかっこいいんですけどね。娘が大学に進もうとしていて「お前がいなくなったらほんとうに何もなくなるよ。さみしくなるよ」なんて台詞が冒頭にあるものですから。つい寂しくなっちゃった。

気持ちがランボーに重なっちゃって。私の場合、息子ですが(笑)「ほんと大学行ってさみしくなるよ(´;ω;`)ウッ…でもお前が望むなら」

ってとこから感情移入始まっちゃってますから。もうランボーに気持ち乗り移ってますから。そのあとの展開がやばい。


怒るランボー。まだまだ暴れるランボー。

そりゃあもう。私もハンドル握って国境超えて突進していく気持ちで観ました(笑)


「ぶっ潰す!!!」みたいな(キャラにあいませんが)すぐ主人公と同化します(笑)


また真治君が最高に腹立つ役で出てくるんです(褒めてます)洋画吹き替え初にして、あのランボーと闘うラスボス!


大勢で寄ってたかってぼこぼこにして。動けなくなったスタローンの痛めつけられた顔。その顔をのぞき込んで最後通告言いわたすのが真治君の声!

これめっちゃぞくぞくするでしょ〜!!(どんな癖)


そして最後の決戦。大掛かりな爆破シーン。迫力!西部劇のようでもあり。70年代の映画を観ているような独特の暗さもあり。

洞窟迷路で犬神家思い出したり。。暗くて残酷な殺戮シーンなのにどこか叙情的でもあるんですよね。

 

洞穴の中で、いきなりThe Doorsが流れるんですよ。

それがめっちゃ痺れましたね。ベトナム戦争の頃を思い出させる演出なのかな。

すごく良かったなあ。。最初娘たちがクラブミュージックで盛り上がってるのを遠くに見つめるランボーとの対比もあって。

ここでランボーがドアーズ流すの良かったなあ。

ランボーが若かった頃の遠い記憶。それが今に蘇って来て。やはりランボーはランボー。

自分で掘った洞窟の中で変わらない暴力性を爆発させる老いてもなおランボー。

ぞっとするけど感傷的にもなるというか。


そして真治君が演じるラスボス。真治君の声がランボーに追い詰められていく。

ぞくぞくしました。。好きな役者さんが吹き替えをする醍醐味感じました。

 

ドアーズもベトナム戦争も私は流石に世代ではないのですが。舞台ロックンロールでヤンが教えてくれたから。ベトナム帰還兵の役は別の舞台でも真治君演じてたし。だから不思議に時代の空気を共有できたというか。

日本の役者さんなのに真治君を追いかけてると、たまに不思議なところでデジャブ感じさせてもらえちゃいます。

 

ラストの断末魔は役とわかってても声だけでトラウマになりますね。目を半目にして観てても痛みが声から伝わってくるからキツイ。

こんな死に方だけはしたくない。感覚として受け取っちゃう。キツかった……

けど見事でした。

 

映画のエンドロール最後まで観るの好きなんですけど。最後に「声の出演」武田真治ってエンドロール流れるの超快感でした。

なんか胸いっぱいになりました。嬉しかった。今後何度もこういう思い味わいたいです。

 

映画館は感染対策きちんとしてあって客席広々。人少ないのは寂しんですけどね。お客さんすごく静かに見ていて安心でした。

この時期公開の映画きっと苦戦なんでしょうね。そんな時にランボーのラストブラッドがまず公開になってること。スタローンのこれも凄さかと。最後のランボー。ラストブラッドは多くの人に観てほしいと思いました。

 

真治君の吹き替えで、これからもいろんな洋画見たくなった!!悪役もヒーローも色気もずるさも正義感もなんでも
声のお芝居、役者真治君の解釈を楽しみたいです!

あと音楽がこんなに響くんだ!って思えたから。いつか世界公開の映画音楽でもサックス聴きたい!!
今の時代を描いた映画に真治君の曲がかかるとか!そういう未来の映画も楽しみにしたい。

そんな未来の夢にも燃えてます!!

ワクワクしてます!

世界のShinji 展開、幅広く期待しています!

 

2e29fc0e4800423d81ed6168ed7f945a

 

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

映画ランボー吹替が嬉しくて!期待値いっぱいに声のお仕事振り返ってミル!

嬉しいニュースきましたね!

https://twitter.com/cinematoday/status/1265810025219420161?s=20

なんと!真治君が「ランボー」の吹き替えに参加!!!

彼のことを話し出すとヒートアップ。
暑くて帽子まで脱いじゃうくらい
(注・ロッキー)
スタローンと共演ってことですよね。


しかもファイナル!!

真治君間に合った~!!!

なんだかめちゃ嬉しかった!!!

スタローン語るときの真治君の熱っぽさ思い出して尚更嬉しくなっちゃいました!


「これも筋肉のおかげ」って自分で言ってたけど。やっぱり役者力もあっての起用かと思います!

不思議に前の夜、真治君の声のお仕事思い出し、急にデビルマン観直したりしてたんですよね。


真治デビルマン!青年の声が爽やかで。
変身して闘う声がめちゃセクシーで。
色気が凄いんですよね。

痛みに耐える声。怒りに震える声。哀しみの絶叫すら。。
ぞくぞくする色気。声にもあふれ出るフェロモン。。
それなのに純真。

原作の漫画「デビルマン」も読んだんですけど。
やっぱり漫画の世界観をはずさないって思いました。
純真な心を持つ悪魔。そのままなんですよね。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00005ULIB/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_gQF1EbNXH5EWD

原作物に対しての真治君のアプローチにがっかりしたことがあまりないかも。。


あと、ラジオドラマの声をやってたのも凄く好きで。

毎週短編でやってくれたラジオドラマだったかと思うのですが。
たぶん15年くらい前???

人魚姫とアバンチュール。寝ぐせの面白い男の子のお話とか。鯉のぼりの声もやってましたね(^.^)
女子レスラーさんと熱心なファンのハートフルな物語もだいすきだった。

真治君の声でいろんな世界に行けたの。

今でも好きな真治君の忘れられないお仕事です。
昨今の再放送ブーム。ラジオドラマも再放送やってほしいくらい。
素敵なストーリー、素敵な真治君の声の宝庫でした。

アニメではTAMALAにも出てましたよね。
朴訥としたその頃の真治君を重ねちゃったり。

ラジオ朗読では「世界の中心で愛を叫ぶ」
「アンヴィル夢をあきらめない男達」スラッシュの声。etc…

あとオーディオドラマの「マネーロード」

役柄とかお芝居が私はこの作品が物凄く好きで。
ほんとうにもの凄く好きで。

お金をさわるとそのお金の声をきいてしまう男の話。
ナイトヘッドも彷彿とさせて。
真治君、こういう繊細な人の役をやると真骨頂というか。
声だけで苦悩も葛藤も癒しも全部表現してて。。

今だにこれが大好きなんですよね。

ヘッドフォンつけて目を閉じると映画を観た気分に。
泣きました。素晴らしかった。

D3a88780713347a8bbef9694d6f47883

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B002ZCVBMM/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_cuF1EbR4R14XF

 

 

あと私は観ていないんですけど。
ラブレターって朗読劇にも出てたんですよね。
観に行きたかった。また朗読劇出てほしい。

ナレーションのお仕事も多々。
声のお仕事はけっしてはじめてではない真治君だと思うのですが。



今回「ランボー」

上映規模が違いますね。
大作ですね。

大役おめでとうございます!
これまでの実績も評価されてのことと思います。


ビジネスライクで神経質な兄のウーゴ役!
神経質な役ときいて俄然⤴⤴⤴

真治君の神経質シリーズ。すごく好き。

イラつく声とか大好物でぞくぞくする(どんな癖の暴露)

両手あげて万歳なのです!

なにせランボーの最後の敵ですから!

ぜったい苛々させる役ですね。酷い末路も予想されますね。

こんな死に方はしたくないが詰まってるって?

 

楽しみです😅


盛り上げるイベントもいっぱいあってほしいです。


今後、真治君の声のお仕事も増えてほしいな。
洋画でもアニメでもいっぱい吹替を観たいです。

ご本人らしい優しいハンサムな役も、もちろん演じてほしいですね。
知性と忍耐力優しさ。声に滲ませるとそのままだし。

王子様でも8歳の子供でも老人でもママでもなんでもいけます!
声でもいけます!


と、真治君の声のお仕事振り返ってみましたが。

タレントの武田真治が吹替初挑戦ってテレビニュースで報道されてて、
本人も否定しないんですけど。
楽しくニュース盛り上げてて映画盛り上げてて
みんなの人気者でとても嬉しいんですけど。


それでもつい

「もともと役者ですから。。」ってテレビに突っ込んじゃいます(笑)


これもそれも多方面で大活躍な真治君だからですね。
人気者、才能ありすぎる人の宿命なのかも。
どれが本業かって?どれも本業ですって言うしかない?


でもまず役者で好きですから!!!

いろんなキャラクターも人間性も大好きなんですけど。
それを知る前から。どんな人か知る前から。

それどころか例えダメな人だったとしても


好きな役者さんだということに変わらない。

真治君のお芝居がまず大好きなんですよね。
だからそこは強く言いたいのであります。

役者武田真治の吹き替えにわくわくします!


「おい!ハードルをあげるな!」

って声が聴こえたような気もしますが(笑)

期待値いっぱいにハードルあげまくって映画館行きますからね(笑)

 

https://twitter.com/RamboMovie_jp/status/1265840454311899136?s=20

ってこの優しげな良い人そのものな笑顔コメント😂

ふわああ〜と気が抜けますね^ ^かわいいしかない…🥰

本当に極悪非道の役できるの?って思われちゃっても仕方ないかな^ ^

でも化けるんですよね〜。不思議な役者さんですから。

どんな風に吹き替え演じてるのか楽しみです!

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

ダイナー初日おめでとうございます!!!

初日舞台挨拶午後回行ってきました!!

舞台挨拶、楽しかったです!発券して驚いたんです!
ダイナーのD!シンディーの13!テンション上がりました!座席自慢ははしたないとは知りながら嬉しくてはしゃいじゃいました!

真治君すっごく楽しそうで登場からハイテンション!なんていうか元気な真治君でした!
高尾のふんわりした感じとも、名古屋ブルーノートの渋かっこいい真治君とはまた違う人。
バラエティーの気合いも纏って、会場盛り上げるテンション高めの真治君でした!


舞台挨拶…私が観たのはカメラ入ってない回。皆さんリラックスされてて、オフレコ感も!カメラないから言っちゃおう的な😅

とりあえずシンディ〜はニッコニコ♪
突っ込み担当?横で窪田君が真治君のリアクションの真似したりわちゃわちゃ😆
なんかパーソナルスペース内?窪田君、真治君に懐いてちゃってる子犬みたいでした(笑)


真「撮影中刺青が取れちゃうから、服着ちゃダメってずっと裸でウロウロしたからか、玉城さんに距離置かれてしまいました」
玉城さん「そんなことないです」
真「ネットでも『武田の膝の上を我慢って』記事がいっぱい…あの時、我慢されてた?・・嫌だったんですね?」
玉城さん「そんなことないです…あの記事びっくりしちゃって誤解です」
真「ですって。あの記事拡散しないでくださいね」って(笑)
笑い起きてました!

真「嫌じゃなかったっていうなら、じゃあ・・初日記念して、今、またここに座ってみる?」って真治君、「膝の上用意しました」みたいなポーズ。「ないね」って即自分で突っ込んでました(笑)「また誤解を訂正できずになってしまいました」みたいな(笑)

初回のスクワットもそうだけど(笑)真治君、自分でノリ突っ込みで笑わせちゃうの。テクニックはもはや芸人さんレベルかも(笑)

ちょっと盛り上がらないお題の質問とか面白い方に変えてったり…空気読みシンディ〜司会進行っぷり会場楽しませようとさすがでした〜♪


あと藤原君の予告のセリフ3パターンくらい、会話の流れで真治君が真似する感じで叫んでくれて…何気にそれがかっこよすぎて…!
「おおっ」って小さく拍手してしまいました😏


初回の方の舞台挨拶はニュースにもいっぱいなってますね!

 
https://twitter.com/oricon/status/1147091363697004544?s=21

https://entertainmentstation.jp/news/480154

楽しそうなこの写真大好き~♪

窪田君や玉城さん真治君に話題ふってくれて、またそこを真治君すっごく面白く切り返すから広がる広がる。
ニュースになる男ですね~。

「真治君の肉体に玉城さんの魂が宿って窪田君と恋愛するドラマ」

それが観たいって思ちゃった。どこか実現してくれないですかね😂


映画本編もすごく面白かったです!


極彩色の艶やかな殺し合いの映画。かと思ってたらほんと真治君の言う通りでしたね。文学的だと思いました。

私、序盤からの昭和ノスタルジー感じるようなテイスト、アングラ感凄く好きです。日本の古い御伽話。民話思い出すような。

そこからカナコがダイナーにやってくるくだりあの奇天烈感、ちょっとロッキーホラーショー的だとも思ったり。不思議の国のアリスみたいでもあったり。西洋的なもの和風なもの南米的なもの、古今東西の文化混ざっててむせかえるようなのに画面に収まってしまう面白い世界観でした。殺し合いだけど、やっぱりボーイミーツガール的な恋愛のロマンチックもあるし。どこか浪漫チックでもあり。

「想像力がない奴は死ね!」凄く刺さりました。

玉城ティナさん、手足長くてスタイルは欧米的なのに、なんとも日本的な東北のこけしみたいな雰囲気もあるんですよね。。
大場かなこの役柄、すごく素敵でした!彼女と窪田君のやり取り泣けました。楽しいだけじゃなく気付きがあるというのもまた素敵です。

ブロ!登場ワンシーンで凄い存在感!美しい!妖艶!奇天烈でセクシー!
殺し屋が集まる食堂っていうあり得ない設定に、説得感もたせててさすがでした!

筋肉美とスペイン語の組み合わせが最強にエロい。
そして大画面で観る筋肉美迫力でした。
ものすごい好きな表情があるんですよ。今、スローで再生したい要求が芽生えてます。


殺し屋グループ!いくつかグループあるんですけど‼
ブロのグループすごい魅力的なんですよ。何気にイケメン揃えてて(笑)

グラムロック奏でてほしい感じ!ロックグループって呼んじゃいます。個人的には真矢さん率いる宝塚グループと闘ってるとこ観たいなと(笑)

パート2!メキシコロケがあるときには、ぜひさらなる活躍してほしいです!
ブロ、メキシコめちゃめちゃ似合うと思う。キャラが立ちまくってるので、サイドストーリーもお願いしたい。

ロックバンドのコンサートシーンもお願いしたいくらいです(妄想)


って映画の感想書いてる自分。いつもどこかで「何様だよ、何目線だよ」って自分で失笑しちゃうんですけど(笑)

すいません。感想書きました!面白かったです!私は序盤が特に^ ^


真治君舞台挨拶お疲れさまでした!!!真治君のファンって名札掲げて(団扇^^)初日の勇姿拝めて幸せでした(笑)

 

さてさて、いつも頑張ってる、頑張りすぎてるシンディ〜!今日はおもてなしされるシンディ〜楽しみたいです!

今夜の有田Pおもてなし!めっちゃ楽しにしてます!

 

Img_7101 Img_7093

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

ダイナージャパンプレミア!記事がいっぱい!取材もいっぱい!レッドカーペットイベント行ってきました☆

レッドカーペットイベント行ってきました☆

楽しかった!めっちゃ華やかでした!

ホリプロ公式Twitterさんがダイジェスト映像にしてくれてます!

https://twitter.com/horiprosquare/status/1137646085210435584?s=21

真治くんはホリプロが誇るスターですよね。
なんか改めて感じちゃいますね!ホリプロの宝かと・・。この30年近くトップスターでいて何度もブレイクしていて、ホリプロさんのビルの一階部分くらいは真治君が建ててるんじゃないかって思うんですけど・・(なんて書いたら謙虚な真治君嫌がりそうね・・・)でもほんと凄いと思います!藤原君が見いだされて演劇界に名を馳せるきっかけとなった身毒丸だって、もともとは武田真治で何かできないか?ってとこからの真治ありきの企画だったて当時の記事で読んだことあるし・・今男性の役者さん達がホリプロたくさん活躍してらっしゃるけど、もともとは女性アイドルが多い事務所のイメージでしたよね。アイドル的な人気で若手男性俳優人気爆発させたのはホリプロでは真治君が最初だと思うし、そのあたり・・覚えてるファンも多いと思います。真治君が道を作っていったって・・・なんかそのあたりの誇らしさをまた感じさせてくれるイベントでした!真治君めっちゃスター感、大事にされてる感ありました。。

ってファンの個人の感想です(謙虚な真治君が・・・そんなことはないない!・・・って困っちゃいそうですけど・・マジそう思ってます)


当日私もこの場にいたんです!
試写会はどこの募集も落ちまくったんですけど。FCさんの救済募集?落ちた人の中からレッドカーペットイベント観覧最募集に上手く引っかかって♪
イベント行くことができました!嬉しかった~!雄姿を観ることができて!
最近のFCさんはエキストラ募集してくださったりとか、いろいろイベントも企画してくださって盛りだくさんで楽しいです!やっぱりFCにも筋肉ブレイクの余波がサービス向上嬉しいです!これからもいろんな企画楽しみに!いっぱい応募したいと思います!

そんなわけで都内某所・・。向かいました!

高い高いエスカレーターからキャストさんが登場!あのすぐ下で待ち構えてました!その感じの華やかさといったら!興奮しました!


私ね!レッドカーペットみたいなイベント行くのはじめてだったんですよね!待ってる時からもうドキドキしちゃった!

たぶんライブ生配信とかもあったから、ご覧になってた方もいらっしゃると思うんですけど
高いエスカレーターからキャストさん達、順番に降りてきたんですよね!それはそれは華やかなエスカレーターでした!

着地点から見上げてました!

真治君のシルエットが遥か上のフロア横切ってエスカレータにのるときから目ざとくみつけて「きゃあああ~」でした(笑)

どんな風に現れるかと思ったら、最初からポケットからスマホ取り出して、振り向いて共演者さん撮影したり、階下バックに自撮りしたり・・背中向けてたりね(笑)それがまたオサレな感じで!こなれてて・・・モデル感あってめっちゃカッコよかったです!
真治君がカメラ向けると、斎藤さんとか金子さんとか本郷君とか手をにっこり振って返してくれてたりね。その空気感がなんかまたよくって!

とても殺し合いの映画撮ってたと思えないような・・雰囲気良かったです!


でエスカレータだんだん近づいてきたら、蝶ネクタイにダブルボタンのベスト!正装真治君がほんっとにイケてて!歓喜でした!
蝶ネクタイ姿!生で観たかったんです!!!目の前で観られて感動です!!
前に立った時のワクワク感たるや♪ほんっと嬉しかった!!!

うっすら髭称えてて、先日の札幌とはまた違う人みたいでした!
なんていうか渋み出してきてて。ハリウッドスター感!
レッドバトラー、アルパチーノ、ゲイリーオールドマン、武田真治か?・・・みたいな・・

どこか王道なシネマスター感があって!惚れ惚れしましたね~。

雰囲気がらっと変えちゃうんですよね・・見事なシネマスターっぷりでした!
渋谷でほわんと酔っぱらってたりお天気お兄さんやってる真治君とのギャップがまた凄いです(笑)
どちらも大好きです(笑)

私ねレッドカーペットってイベントをまったくよくわかってなくて・・・。
赤い絨毯の上で会見する姿を遥か遠くから見学するのかな・・ってくらいに思ってたんですよね。

まさかあんな近くをキャストさんが立ってるとは歩くとは・・。

だから失敗したんですよ。手ぶらで行ったんですよ。周りちゃんと手作りの応援カード持ってたり、応援してる人の写真集もって上に掲げてたり、サイン色紙サインペン持っていっぱいアピールしたり・・・ちゃんとレッドカーペットな応援準備万端で!

「窪田く~ん!!!」「たつや~!!」とかって黄色い声もあげてるんですよ。

私も「真治~!!!」って声あげたかったんですけど、「し、し、し・・・し・・・・(言えない・・・)」場所だけで緊張してるのに・・・
静かにニタニタ手を振るだけで・・・どうしても勇気も声も出ず(笑)

真治君の応援グッズも写真集も色紙もサインペンも何も持たず・・手ぶら・・・。
いたたまれず、ちょっとお借りして色紙もってるふりだけさせてもらったんですけど(笑)ここは蜷川さんが撮ったあの真治君の写真集を掲げるとか、マラソンの時みたいに「武田真治」団扇持つとか・・ブロの写真掲げるとか、もっと応援の仕方があったかと(笑)

え?違う・・それはまた違う?・・・逆に恥ずかしい?

わかんない・・レッドカーペットの正解が私には(笑)どうにも世間知らずですみません(笑)
でも次もし機会に恵まれることがあるのなら・・勉強しておきます。練習しておきます


なんせ圧倒されてて。とにかく物凄い綺麗な人たちなんですよ。
本来綺麗な人たちが、レッドカーペット用のドレスとか着てスーツとか着て完璧なスタイリングで臨むととんでもないことになるんですね~。

ずらっと前に立たれたら「うわああ!」みたいな迫力美。華が凄くて!びっくりしちゃった~・
ここまで近く、なかなかこのフルメンバー一度に観れないですよね。

真治君追っかけてるとほんといろんなところに連れてって貰えます!

数日前は北の国から・・。
と思えばめっちゃ華やかなTHE・芸能界・・・レッドカーペット!

ほんと楽しいです☆

インタビュー受けてる真治君ずっと観てました!綺麗にセットされてる後頭部がまた綺麗なんですよ(笑)
なにかずっと話してるの・・その内容もできれば知りたかったですね~。
テレビ朝からチェックしてすっごい面白いんですけど・・オンエアに載ってないとこも知りたいですよね、
もっといっぱいインタビュー受けてました!!!

DVD発売の時は特典映像にいっぱいこの時のインタビューも入れてほしいです!
真治君と斎藤さんと金子さんの三人でZIPにインタビューされてるときの会話も聴きたくて聴きたくて聴きたくて!
なんかほわっとした空気感のお二人に包まれて真ん中でリリカルな様子の真治君が遠目にもよかったんですよね。。
窪田くんとか本郷さん若い方にも舞台挨拶では名前出してもらえて記事にもなってたし!

嬉しかった!

あ、そうそう!私は役立たずの応援隊で呼びかけもできなかったんですけど・・
「武田さん~!シンディー!!!」とか叫んでサインも求めてる人もたくさんいて!・・・真治君大人気でした!

やっぱり最近の真治君人気がここにも出てる感じで!サイン対応も真治君も求められてたくさんしてましたね。

時間もあって対応できない方側にも、時々、くるっと振り返ってニコってしたり、ちょっとおどけた顔して手を振ってくれたり、最後行っちゃうときは、ゴメンねポーズ(もう行っちゃうね~)みたいな動作してくれたりで。こちらサイドも「きゃっ!きゃ!」ってなってましたよ♪

この後のプレミア上映会の方に行ってたファン友さんも、揃って「映画も真治くんかっこいい!」「楽しみにしてて」って!
教えてくださって嬉しかったです!帰りの電車で実況観てました!ほんっと真治君ってどんな会場も盛り上げちゃいますよね!
話が面白いし、サービス精神いっぱいで!

上映が楽しみです!!!初日に観たいです!!!!

記事にもいっぱいなってますね!この写真!ほんっとハリウッドスターみたい♪
めっちゃカッコイイですよね!

武田真治、蜷川実花監督に感謝 筋肉に「いち早く注目してくださった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000368-oric-ent

動画も真治君フューチャー編集のニュースもいっぱいで嬉しい!!

武田真治、窪田正孝から“エロい目”で見られときめく「そんな目で見てたのね」映画『Diner ダイナー』ジャパンプレミア
https://www.cinematoday.jp/video/VIYw1encHXKG_Y


武田真治:“ラテン筋肉系”役オファーに感謝 「筋肉体操より前に注目してくださって…」
https://mantan-web.jp/article/20190606dog00m200079000c.html

藤原竜也 窪田正孝のネタバレしかけをワチャワチャでごまかす!武田真治は“エロい”に「トキメキを感じました」
http://www.edgeline-tokyo.com/entertainment/31805

【写真31枚】真矢ミキ「早すぎて戦いながら藤原竜也を見失った」。窪田正孝、本郷奏多、斎藤 工ら豪華キャスト陣が映画『ダイナー』ジャパンプレミアに集結
https://entertainmentstation.jp/news/452930

「エロいし、美がすごい(笑)」窪田正孝がべた褒めで武田真治『ちょっとしたトキメキ…』
http://movieeturan.blog.jp/archives/18911316.html

『Diner #ダイナー』藤原竜也、蜷川実花監督との初タッグに感慨「断る理由は何一つ見つからない」 🔻フォトギャラリー/写真48枚🔻
https://eigaland.com/topics/?p=102731


もっといっぱい!どんどんニュースに溢れてます!!

あとこの写真好きなんです。真治君がスマホ掲げてみんなを撮ってる写真!
なんかいいですよね。
藤原君と真治君!身毒丸の二人がこんな風にお客さんと仲良く記念撮影って・・マニアにも堪らないショットなのでは。凄いですよね。
みんな笑顔で真治君キャストさんからもお客さんからも愛されてる感じで!真治君がその雰囲気を作ってくれてる感じもあって♪

https://eigaland.com/topics/?p=102731&page=9
https://eigaland.com/topics/?p=102731&page=10

一番ぶっ飛んでた!
共演者の若い方達にも言われてて嬉しい!
窪田君のそんな目も・・・嬉しい!!

そうそうガキパラのケイティーとあの名物プロデューサーさんがいらっしゃってました!
真治君ケイティーみつけて嬉しそうだった!よそ行きの顔がちょっとhome見つけたみたいに柔らかくなってて・・。

ガキパラでも来週特集してくれそうですね!他のキャストさんのインタビューも流してくれるかな?楽しみです!!!

ダイナーのキャストさん達からゲストも呼んでほしいですよね!7月上映に向けての今後のPR活動も楽しみです!!!

Img_6983 

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

映画 ダイナー 特報公開 めっちゃ格好いい!! #武田真治

映画ダイナー公式!真治君特報キタ!

https://twitter.com/dinermovie/status/1119752859397033985?s=21

昨日からいつ来るかいつ来るかって!焦らされてて!

朝イチ真治特報きて、めっちゃ興奮😍

 

ニュースにも早速!!

武田真治、筋肉自慢の荒れ狂う殺し屋に 映画『Diner ダイナー』で魅せた“珍境地”

https://www.oricon.co.jp/news/2134008/full/

 

ビジュアル解禁写真、めっちゃかっこいいですね!

このオーラ。漂わす雰囲気。

なにかもう画面から出る迫力凄まじい。

日本のジョニ〜ディップかゲイリーオールドマンかって?

いやそれ超えてきますね!

 

日本にSHINJITAKEDAあり!!

この堂々たる美しい筋肉美も、役者としての魅力も、世界に紹介されてほしい!!

 

"武田が演じる殺し屋のコードネームはブロ。筋肉自慢の荒くれ者で、4人組で行動する集団のリーダー的存在。肉や酒と同じくらい女も大好きな、ハイテンションの奇人。ダイナー(食堂)で働くヒロイン・カナコの前任者に対しても、かまった挙げ句に殺してしまうなど、他の殺し屋とも比べ、傍若無人ぶりが際立つキャラクター。 "

 

筋肉自慢の荒くれ者!

リーダー!

肉や酒に女好き!

ハイテンションの奇人!

 

はまり役間違いない!

セクシーにクレイジーにその姿スクリーンに刻み付けてくれますね!

 

ダイナー撮影は筋肉体操の前ですもんね!筋トレトレバブル関係ないです。

その前に撮影されてる!そしてこのタイミングの公開!時の運も風感じる!!

映画ヒット間違いなし!!楽しみすぎます!!!

 

 

 

| | コメント (0)

2019年2月 5日 (火)

映画出演情報!「Diner ダイナー」にご出演です!!!

朝、映画出演情報入ってきました!

ゲストキャスト公開になってます!

そうそうたる豪華キャスト殺し屋の中に我らがシンディーの名前も!

http://twitter.com/dinermovie/status/1092528471388106752?s=21


http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/sp/


藤原君と共演・殺し屋といえばつい「インシテミル」の真治君思い出しちゃいますね!
あの真治君の狂気。色気。美しさ。
テレビの特報で映し出されるたびに歓声あげちゃたの思い出しちゃいます✨

今回は写真集でもお世話になってる蜷川さんが監督!
真治君の美しさ。また余すことなくスクリーンに映し出してくれるかと♪

去年確か・・・ずっとほぼ裸で撮影してるって言ってたのは・・これ?
また別の映画なのかなあ~。。
どうしよう・・・この映画だったら・・💓
あの色っぽかった写真集の真治君が・・・動き出す?大スクリーンで・・・
">

一瞬めまいが・・・くらっ😍
想像しただけでもうすでに殺されてる💘笑)

同じシリーズの「月刊MEN写真集」金子ノブアキさんも出演されてますね!

蜷川さん目線のいい男大集合ですかね?

怖そうな内容な映画ですけど・・多分目の保養笑)
美しさが怖さを凌駕するかと・・・・
ダブルなドキドキで心拍数あげられちゃいそうで。
大変だあ笑) ・・・・スクワットで心臓鍛えておかないと・・・笑)

楽しみです!

映画にあわせてイベントもあるかな~。またチケット争奪戦かなあ~。

インシテミルは私、舞台挨拶ぜん~ぶ外れちゃったんですよね!そう凄い人気ですぐソールドアウトで!

でもテレビでいっぱい宣伝番組もあって。報道追いかけるの楽しかったこと覚えてます!毎日ワクワクしてた!また映画に合わせていろんなイベントにも真治君出てくれるといいな~!

夏も楽しみになってきました!!!

役者真治君の真骨頂!本業の魅力も存分に魅せてくれそうですね!

舞台もドラマも出演情報どんどん増えてほしいな~♪

これからますます楽しみにしています!

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

色悪な重蔵さんの火ぶくれの手と口元にため息・・・

久しぶりに「駆け込み女と駆け出し男」観ました。
重蔵さんのシーンを繰り返し・・・巻き戻し、一時停止し、スローモーションかけ・・・何度も何度も(笑)きりがない(笑)色悪な役演じる真治君の色気・・・半端ないですねえ。。。



冒頭のDVのシーン。真治史上最高?・・・最低最悪のDVシーンかと。最低の旦那様の役です(笑)それがまた嵌ってるっていうか・・・。

これトビーと同じ人が演じてるのがいまだげせないですね(笑)まったく重ならない。あの天使が演じてるんですよねえ。まさに悪魔のような男。

DVのシーンの修羅場の迫力。何度観ても息のみます。怖っ。
でも台詞聞き返すと面白いですね。すっごい早口なんだけど、DVシーンでも台詞に洒落感いっぱいで。。「ぶんぶんぶんむくれ面」とか早口言葉みたいなの混ざるの。この洒脱な台詞まくしたてながら蹴り飛ばしの一方で押し倒し~の。このシーンすごいです。・・・役者だなあ~ってあらためて。

あと、やっぱ色っぽい。酌を口に運びながら・・・「その火ぶくれの顏・・・夜道で追いはぎも逃げ出すぜえ」・・・の「ぜえ~」の言い方がたまんない・・・とか。「俺におまえはいらないが~」って言いながら一瞬俯く顔の色男ぶりに・・・・見とれちゃうなあ~って・・・つい・・・。DVなシーンまでかっこいいっていう。。。
・・・・ダメな女代表(笑)



あと例のラップ対決のシーン。観かえして面白かった。

映画の時から観かえしたかったんだけど・・・最後に鼻歌で小唄歌うのがね。また良くて。何気に歌声が聴けるのが嬉しくってね。しかも小唄。粋でね。繰り返し観ちゃいます。

小唄うたいながら振り向いて・・・ちょっと信次郎を見据えるの・・・。
ちょっと芸者さんっぽいんですよね。。
赤い鼻緒して・・・着物の裾も赤・・・色っぽくって。。色男演出にも余念なくて・・・。

生粋の遊び人・・・・色気すごいんですよね。。。
あらためて、ぞくっとしちゃった。
って私、朝から何度色気色気言ってるんだろ(笑)

あと、やっぱりあのシーン。
真治君がこだわってたって言ってった・・・手元の火ぶくれの痕。一時停止で再確認しました。かなりひどく焼けただれていて・・・。手をつく土下座の手元・・・ワンカット。あのワンカットは真治君のこだわりから映像になったんだな~って。ぐっときますね。やっぱり印象的ですよね。重蔵の変化が。

あと、口元のほくろのような出き物。火傷の後かなあ・・。それとも日々の疲れ?重蔵の月日を感じます。疲れた元遊び人の姿は・・・また色っぽいんだなあ。。。
そのホクロのような出来物のある口元の・・・色っぽい事っていったら・・・。なんかため息ついちゃった(笑)あ、いや…ここは泣くとこ(笑)その涙にもってかれながらも・・・やっぱり色気にやられてるっていう(笑)色っぽい口元で・・・涙拭って謝られたら…。
許しちゃうなあ・・・。・・・・・・ダメ女代表(笑)
って、また色気色気・・・私、朝から・・・煩いなあ(笑)

で、ふと、真治君このまえラジオで言ってた「吹き出物」せっかくその次の日、ライブだったのに、私・・・チェックし忘れちゃった。ってなんか思い出しちゃった(笑)

今度真治君が吹き出物出た時は・・・ちゃんとしっかりガンミしようってなんか思った(笑)できれば口元に吹き出物できてほしいかなって(笑)口の横にほくろありも・・・ありだなあ~って(笑)って・・・吹き出物すらも萌えに変換しようとするってどうなんだ(笑)

「もったいないじゃな~い。吹き出物も無駄にしない!」(ラヴェット風)(笑)

・・・・すいません冗談です(笑)半分は(笑)

そうそう!ひさびさに駆け込みの感想読みたくて・・検索かけたら・・・共演者の松岡さんのブログに撮影時の様子が・・。
この二人の和やかなショットは・・・希少ですね。撮影裏では共演者笑わせて楽しい真治君♪優しげな松岡さん。。。やっぱ役者ってすごい。
http://pojangmacha.blog38.fc2.com/blog-entry-676.html?sp

でも松岡さんをして飲みの席で緊張させちゃうそのイケメンぶり・・・。
カッコよすぎてさもありなん・・・。
きっと真治君共演あるあるだと想像します。役者さん達・・・みんな真治君のカッコよさに緊張しちゃうんじゃないかなあ。。。

やっぱ色男キャステイングにはかかせない人だと思います。
いい意味で。
宗太郎もね・・・色男で、けっこうな遊び人でもありました。

真摯さと色悪・・・それが上手く両立してるっていうか・・・なんていうか真治君のなせる技というか。どっちの面にも嘘がなくて魅力的にみせちゃうっていう。。。重蔵さんにしろ宗太郎にしろ呉井にしろ。色悪なんだけど、どこかまっすぐな芯が感じられて・・・やっぱり素敵なんです。優しいだけでも惹かれない・・。どこか危なげで・・・エキセントリックさも持ち合わせてて。どんなに悪でもどこかに純真さが感じられて・・・ナイーブで複雑で・・・。そんな魅力が出ちゃうんですよね。。
「素晴らしくて敵わないや」
こういう役やらせたら、、、右に出る人いないんじゃあ・・・素晴らしくって敵がいない(笑)
じょごにとっては信次郎さんが素敵な人ですが、やっぱり重蔵さんも素敵な人ですね(笑)


可愛いトビーも大好きですけど・・・色悪な魅力もたまんないですね。
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=reinkoro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B012N2WB72&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr"



| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

JAPAN SINGS!日本のミュージカル映画の特集PR映像が「カタクリ家」ベースで嬉しすぎる件!!

「カタクリ家の人々」が4月8日からニューヨークで上映ですって!
ニューヨークのジャパン・ソサエティで日本のミュージカル映画の特集上映が行われるんだそうです!そのラインナップの中には真治君出演作が二本もあります!「嫌われ松子」も上映されるみたいです。凄い!

そしてそしてそのPR映像?編集が凄いです!最高です!
めっちゃ「カタクリ家!」ベースです!


http://https://www.youtube.com/embed/3gY8kNqh_nQ


すっごく嬉しい!嬉しい!


真治君のしてきたお仕事って、パンチあるなあ~って。
そして残ってく!100年後もファンを獲得していく!あらためて思っちゃった!最高!
今日もばんざ~い!カタクリ家の大好きな皆と一緒にばんざ~い!!!

http://www.japansociety.org/page/programs/film/japan-sings-the-japanese-musical-film

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

「大いなる幻影」にひきづられて。

映画館で観てきました。
良かったんですよね~。
自分でもびっくりするくらいのめり込んだんですよね。
こんなに今、自分がこの映画に惹かれると思わなかったくらい。

遅れてきたファンゆえに、スクリーンで観たことのない映画を、どうしてもスクリーンで観ておきたいって思ったっていう・・・・なんかミーハーな軽い気持ちで出かけたんですけど・・・。観ておいて良かったって。


フイルムに汚れが出てるんですよ。
古い映画によくある傷のようなしみのような。
15年たってるんだな~って。それが不思議とまた味になってるというか。。
真治君が存在しているそのシネマが、すでに古典になってる不思議も感じました。
002


このチラシが貼ってあったんですけど。もうこれだけで飾りたい感じ。。。
ほしかった(笑)

ちょっと引きずっちゃってるんですよね。
今この映画にはまるっていうのも、いまさら感あると思うのですが。
10年前観た時より、ずっと入り込んだんですよね。たまらなくなった。

世紀末にミライを描いた映画。
その設定の2005年もとうに過ぎてしまってるんだけど。
なんか不思議なんですよね。世紀末の東京を思い出しながら、今まさにここに行きついてしまってるようなそんな感覚。なんだか昨日からずっと影響されちゃってて。大いなる幻影にひきづられたかなあ(笑)

ハルとミチ。美しかった。
この愛の形に、なんだか今すごく憧れちゃってる自分がいるんですよね。
壁ドンとか・・・流行ってる昨今ですが・・・。
すっと消えてしまいそうなハルがふと微笑む瞬間の方が・・・よほどぐっとくると・・。
スクリーンの恋人達の美しさに・・・憧れてしまいました。

真治君の存在感。あらためて。。


CINEMA VERAという映画館で観たのですが。一階が映画美学校で。
あ、ここの生徒さんで作ったんだ・・・って、なんかちょっとマニアック的に嬉しかった(笑)
黒沢映画人気なのか、平日なのに人いっぱいでした。
この映画は、これからもずっと何度も上映されて、
映画を作ろうとしている人達の古典にもなっていくんでしょうね。
そこにいる真治君の確かな存在感が嬉しい。
真治君・・・古臭くならないの・・・。それはきっと100年たっても。
なんだか実感できました。

外に出たら渋谷の道玄坂。たぶんWOMBの近く。なんだか不思議。あそこで見た真治君は映画の中のハルとは別人で・・・。

東京って、歩いてるだけで、60年代、70年代、80年代、90年代、世紀末、今。
なんだか時代がいっぱい視覚に迫ってくる街なんだな~って。
最近それにあらためて気が付かされて。

ふと今日は2000年のハルが歩いてないかなっ~て気持ちになりました(笑)
そんなわけで、今、世紀末のハルに恋をしています。

でもその反面。

今の真治君の筋肉美は、存在のはかなさなんてまるで感じさせず・・・。
でもやっぱり時代の先を、不安な時代への一つの救いをみせてくれてるのかもしれないなって。なんだか考えちゃった。
この映画の世界観とは、まったく違う方向の答えだなって。

なんだか二つの真治君が、今自分に話しかけてくるような気持ちがします。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00009WL0Y/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B00009WL0Y&linkCode=as2&tag=reinkoro-22

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

駆け込みマッドマックス

というわけで、「駆け込み女と駆け出し男」「マッドマックス」二本立て観てきました!
「マッドマックス」前情報何も知らなくって見たから、なんか驚いちゃった。
ある意味、こちらも「駆け込み女で、駆け出し男」っていうか。派手な駆け込み方ですけど。
かっこよかった。

こっちにも、真治君でててほしかったかも。タンクローリーの前面に立って、火を噴くサックス鳴らしちゃうの。かっこいいと思う!あの太鼓の音聞いてたらサックス入ってほしいって。あの赤の刺繡のベストスーツ着てさあ。前髪立てて・・・って違うか(笑)ついつい幻想みちゃました(笑)

で、本題。
「駆け込み」二度目みてきました!1度目はストーリー追って精一杯なとこもあっったのか、二度観てもっと面白い映画ですね。気がついてなかった伏線に気がつけたり。

ネタバレです

ネタバレです。


何だか二度目、最初の江戸時代のこの頃の粛清の雰囲気。そういうのに最初からぐっときちゃって。信次郎さんが江戸の雑踏、役人なじって叫ぶとこ、女囚人の映像だけでなんか泣けちゃうっていう。なんだか時代の空気に敏感になっちゃってるのかなあ。センチになっちゃって。

だからこそ、女達がどんどん強くなるのが気持ちよかった。登場人物の頭の回転の良さ、小気味いい台詞の応酬、啖呵すら気持ちよくって。スッキリして。

あと、「八犬伝」の完成に感情移入しちゃって。お吟さんがなんか羨ましくなりました。物語のラスト、願いどおりに読んでもらって逝けるなんてある意味理想だなって。
どんな状況でも、物語の続きを楽しみに生きていける・・・そういうのって幸せだなって。楽しみにさせてくれる物語の作り手を大事に思う登場人物達にも感情移入できて。八犬伝読みたくなっちゃったもんね^ ^

ふと思っちゃいましたね。私もおばあちゃんになったら、真治君の連ドラ最終回をちょうど見届けるころに死にたいかなって。

「願わくば、真治のもとにて春死なん、その連ドラの最終回の頃」

五回目くらいで途中気になりながら死んじゃったら、死にきれないもんね(笑)続き気になって。ほら、真治君ってラスボス多いし。・・・って違うか(笑)

重蔵さんですが、やっぱね。DVのシーンの迫力。凍るんですけど。
殺陣としてみたら、動きに見惚れちゃうんですね。
妻蹴り上げた後、かえすその背中で愛人にむかうでしょ。DVとラブシーン入り混じり。ものすごい修羅場。キレまくりで、長台詞、酷い台詞を放ちまくる。。。
なんかね見惚れちゃった(笑)
エキセントリックで、でも艶があって。このキツさがまたいいなって。やっぱ電流入った楽器みたいだなって。エッジ効いてて。

ラップ対決は。、ボデイーブローかけていきたい挑戦的な重蔵と、ジャブでかわす信次郎?みたいな対比が面白くって。これもリズム感。

重蔵の衣装。赤い鼻緒に赤い着物の裏地。画面に映えて綺麗だった。歌声も、江戸の遊び人風がなじんじゃってて。浪人最強派でしたが、この感じもいいなって、あらためて再確認。それにしても、どこの時代にいてもお洒落な人です(笑)

足元悪そうな石の階段降りながら、高下駄とか、しかも袖持った独特の歩き方、で台詞の応酬・・・撮影大変じゃなかったかな~。すごいなって。あらためて。

ラストの涙は、やっぱりあの美しさ。物語のクライマックス盛り上げますね。
あのまっすぐ見た瞳。涙。美しすぎ。土下座の所作の美しさ。迷わせますよね。重蔵・・・真治君だからこそ。。。


で、余談ですが、なぜかこの日、近くに、真治君がでてくるたびに、「これは武田真治なのよ」って隣の人ひっぱって教えるお客さんいて・・・・他の人出てきても黙ってるのに(笑)なぜ?よっぽど普段持つ真治イメージと違うって思ったんでしょうか??なんかなぜ?って聴いてみたくなっちゃった(笑)

って、また脱線(笑)今日もまとまんないですね(笑)

さ、夜は「とんねるずのみなさんのおかげでした」ご出演です!
今日はどんな顔見せてくれるのか?キレキレ?な水落?それとも?
楽しみですね♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ