カテゴリー「ドラマ」の207件の投稿

2020年12月 8日 (火)

「ペット探偵の事件簿」シリーズ化で観たい件!(^^)!

ペット探偵観ました~!

なんで白髪だったのかわかりました。

実在するペット探偵の藤原さんをそのまま似せて演じてたんですね!本物の方も素敵でしたね。真治君よく似てました!

そして真治君が演じると、キャラが映像的に、一層面白くなりますね~。

すごくキャラクター面白かった~。
入念な分析で学者肌。動物愛あふれて熱意あって優しいけど。どこか淡々と嬉々として捜索没頭している感じ。
すごくピュアな感じ。ちょっとオタクっぽくて。動物の感覚がわかる特殊な能力ある感じ。

真治君が演じると面白いですね~。

特殊能力持つ人というのがナイトヘッドの頃からとても似合うんですかね。

森の中で目を瞑り推理してる綺麗な横顔に、なぜか直也を思い出しました。

推理するときに、猫ちゃんの手招きポーズがなんとも嬉しい(笑)猫ちゃんの模写してる47歳をこんなにすっと受け入れられるとは!それは真治君だからこそですね。生体模写。かわいいというか美しい……

最後お寺の茂みの中での脚の動きとかよかったなあ~。そのまま猫を擬人化してミュージカルいけるんじゃないかと(ってまたそれは別のお話)

すごく好きなキャラクターが生まれた気がして。この短い再現ドラマで終わるの勿体ないなって。続編もしくは映画化ドラマ化も観たくなりました。最後司会者の方が「映画化できそうだね~」って仰ってたけどめっちゃ頷いちゃいました!もちろん主役は真治君でお願いします!


あと二時間ドラマでも観たいです!

実在の方がモデルだから難しいかもしれないけど・・ちょっと変形して

「ペット探偵藤原の事件簿」とか冠番組で推理ドラマとかだめですかね(笑)

ペット捜索中になぜかいつも事件に遭遇してしまう藤原さん。動物の気持ちが分かるんだから人間の生物学的な帰巣本能とかも分析出来て
ペット捜索しつつ、人間の犯罪まで解決しちゃうの(笑)

めっちゃお話が浮かんでくるんですけど(笑)

捜索中の森の中、急な斜面を駈け下りる身のこなしの軽やかさとか、軒下入ってもドタバタしないスマートな感じとか。運転中のハンドル持って考えてるとことかシリアスも素敵。

探偵さんにぴったりですよね。

アクションもみせて。動物かわいい形態模写の考えるポーズも毎回よろしくお願いします。

探偵事務所にはかわいい動物いっぱいいて。動物と触れ合うお仕事がしたいっていうシンディの願望も叶って。観る方も可愛い動物とカッコいい真治君が同時に観れてなんて一石二鳥なコスパいいドラマ!!

テーマ曲はサックスでブレスオブライフから、もしくはオリジナルを作っちゃおう!
事件解決後はエンディングテーマは鴨川でサックスを鳴らす。。


めっちゃワクワクするんですけど。

真治くんはキャラ立ってますからね!いくらでも浮かんできます!!

「ペット探偵シンディの事件簿」どんどん夢が広がるんですけど。

ずっとその妄想で遊んでます。


ペット探偵の事件簿!

二時間ドラマもお願いしたいです。


シリーズ化でお願いしたいです。ぜひ!!!

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

一億円のさようなら 最終回観ました!

最終回見届けました!

何気に毎週楽しみで。わくわくさせてくれましたね!
ラストも主人公に爽快感あるいいドラマでしたね。

これはやっぱりミステリーというかファンタジーですね。

最後「夢オチだった」みたいになるのかとさえ思っちゃった。
真治君がラジオで大ドンでん返しとか言ってたから私は考えすぎてまして(笑)

「ぜんぶ主人公が観てた楽しい夢だった」

っていう大ドンでん返しがあるのかと思ちゃってた。
何十億の資産がある妻だったっていうのも全部夢とか(笑)
目が醒めたら普通に生活に疲れた嫁がいて子供が反抗して会社の立場もそのまま。

でもこんな夢みれたからなんかちょと楽しかったな。
ふっと笑ってまた日常がはじまる。
みたいなオチを想像してしまってて。。

なわけないか(笑)


ファンタジーみたいなハッピーエンド。でも後味良かったですね。


真治君は主人公の壁となる、印象的なインパクトある悪役好演!物語を素敵に転がしてくれました。

すごく面白い武田真治の使い方。。

ってファン目線離れると思っちゃいました。

なぜここにわざわざ老けメイクさせた真治君がいるのか。
普通の年相応の年齢の役者さんがやらないのか。
そこがまずファンタジー。
いちいち出てくるたびにインパクトあるのがまず面白いな~って。真治君の存在がファンタジー感出してましたね。

バックトゥザフューチャーっぽいっていうか。
若い真治君と老年真治君が入れ替わりでてくるのとか。
なんか面白いって思っちゃった(笑)

すごくスパイシーなんですよね。
わくわくするんです。真治君の悪役はワクワクするんです。

武田真治の出すアクが癖になるんです。

嫌な奴ばかりやるの真治君は嫌かもしれないですが上手いから仕方ないのかもしれない(笑)



ファン目線としては、若い頃の木内先生が最終回にまた登場!嬉しかったな~。

「好きな人がいるんです」
って言われて、まるで聞いてないかの如くスルーして
「君の気持ちはわかった。でも今日は付き合ってもらうよ」


っていう木内先生、かわいいじゃん(笑)


「お金ならいっぱい、君の望むものなら家だって車だって好きなもの全部買ってあげられるから」
って口説く木内、振られてるの、かわいいじゃん(笑)


歩道橋でニヒルに立ってるのかっこいいじゃん!オシャレだもん。昔好きだった人にオシャレして出かけてる木内かわいいじゃん(笑)


そして最後まで鉄平に向かって

「彼女にはかなわない・・と奥さんに伝えておいてください」

って自分の気持ちを伝えてほしい正胤・・未練が溢れ出てて。
もう可愛すぎるじゃん。愛しいじゃん(笑)

という感想は本当にごくごく少数かと思いますが私は全力でそう思いました(笑)

「ぜったいに伝えません」

って言われて、ちょっと寂しく微笑むんですよ。正胤。
あの微笑みが良かったな~。あれ、堪らなかったな~。。
幸せな男より、報われない男の色気って、堪らなかったりしません?

なんか最後憎めなかった。


実際、私、結局、遺産を使って会社の株を手に入れちゃう鉄平夏代カップルより、
自分の頭脳で新薬開発しようとしてる木内先生の方がちょっと肩入れしちゃうというか。

才能に、研究への熱意にかけてみるのもいいんじゃないかって。やっぱ現実でも木内先生派ですね(笑)

そんな突っ込みはドラマ観る時に必要ないのはわかってて、元も子もないですけど。
このあと木内先生は新薬無事に開発しててほしい(笑)女の子には懲り懲りって。医学で成功してください。
ノーベル賞でもとっててください!って違うか(笑)


またドラマの感想ではなくなってしまった。

正胤って名前は、有名な歴史的な明治のお医者さんの名前にもあるんですよね。
そこから来てるのかなあ~。

真治君には、またドクター役やってほしいです。


だって私の宗太郎様は、医者になるために長崎に勉強に行ったっきり帰ってこないだもん!
もう17年も帰ってこない。ころがし待ちくたびれました(笑)
そろそろ立派な医者になって戻ってきてもいいと思う。
江戸の街の貧しい市井の人を助けるために新薬開発する今度は優しいお医者さんで。
時代物のお医者さんもいいなあ~。うんいいなあ~。着流しまた観たいなあ~。

NHK様、早く宗太郎様も長崎から戻らせてください(^-^)

あ・・・宗太郎もお爺さんになってる設定だったら、どうしましょうか(笑)
もうなんでもいい。受け入れられるかと思います(たぶん・・)

さ、明日は私はまた観劇です!

一億円なんかなくてもね。絶望していてもね。生活の中に少しでも美しいものを見つけて、人は生きていくのよ。

なんて言葉を唱えながら帝劇行ってきますね♪

「ビューティフル」一週間ぶり!楽しみです

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

一億円のさようなら木内坦感想 いよいよ来週最終回です!

先週の木内怖かったですね~。

声色、ちょっとグレコメのパパの方とか、ロキホラの博士とか思い出しましたね。
白いステテコ姿でギター鳴らしたり、タイツ姿で歌ってくれたら可愛くて許せるんだけど(違うか笑)

木内先生怖いんだもん。突然のエキセントリック。長年の屈折から変な人になってる感がありました。

オレンジのアレキサンダーも思い出したりもするんですが。あの人の怒りには深い哀しみがあって。

でも木内先生は、何が彼をこんなに執念深くさせてるのか見えてこないのでただ怖い。会議室で人の目も気にせず。怒鳴り散らす怖い人。奇妙にさえ見えて。この人の深層心理、今後種明かしはあるんでしょうか。ただの嫉妬の塊な人なんでしょうか。最終回まで謎解き楽しみたいです。

エキセントリックといえば、放課後の生徒会長も思い出しましたね。鼻を膨らませて怒る生徒会長とか、チャンスのマネージャーとか。
真治君は綺麗な顔を若い時も今も変装で隠して、本人とかけ離れた役をやるのが運命なのかもしれない。

うまいですね・・そういのがまた。


上手いんですよね~。


ビューティフルの演技で評論家の方が真治君のドニーのお芝居。カリカチュアに上手く表現しているって評してらしたの読んだのですが。
成程って。木内の嫌味さにもカリカチュアな表現感じて。やっぱりワクワクするんですよね~。

ドニーとは違って嫌な奴なんだけど。なにかエッジ利いてて華があるんですね。


正直、人としてはね。物語の中では、鉄平に感情移入しちゃいますね~。気の毒なくらいのお人好しで良い人。どこか甘ったれてもいて。普通の人。大人のモラトリアム。そこが共感します。


夏代はねえ。

もとはといえばあなたが悪いんです。
って木内の元妻がドラマに出てきたら、凄いややこしくなりそうですが(笑)

そういうドラマではない(笑)そういうドラマもみたい(悪)

そうそう!慕われてた頃の木内先生も観たかったんですよね!

夏代、木内先生にもう少し最初の方は揺れてほしかった(笑)
昔は好きだったんでしょ~っ。ちょっとは揺れてよ~。
て数少ない木内先生坦としては心でいつも言ってます(笑)

というか若い頃の木内先生がもっと夏代と愛しあってた感がでてたら。どうも付き合ってた感、感じないんですよね。最初から愛されてた感じがしない。これも謎解きにあるのかなあ~。

あ・・・この感覚、どこかで近いものを感じたことがあるっといえば。

ラブアゲインですね。

あれは浮気される夫役でしたけど。あれはでも、可哀想な人でしたよね。
最終回の真治君のお芝居が素晴らしくて、私は最終回好きなんですけど。
あれも最初から愛されてた感じがまったくしない夫でしたね~。。

最後に振られるという救いがありましたけど。。
断ち切れて再生できるという救い・・。

木内先生にも救いはあるんでしょうか。

ないかああ~(笑)この流れだと。

そこはあまり期待せず。でも悪役シンディー楽しみに観ます。

そうそう。

ラストシーンの木内先生萌えでした(笑)

安田成美さんと対峙してるシーン。
わくわくしました!

一生かけて追いかけてる女性に剣もほろろに振られて。
闘い宣言されて、不敵に笑って見せるダンディー。
いいじゃん。。。


ゆっくりと一回大きくまばたきするんですよ~。笑みを浮かべて。

そのゆっくりとしたまばたき。
そのまばたきがめっちゃ萌えました。以上!

あした金曜日!
私、一週間ぶりに、観劇です!

ビューティフルの優しいドニー。会ってきます!
一週間で舞台も温まってますよね♪
かっこいいドニー!優しいドニー。愛しのドニー!

こちらも楽しみです!

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

一億円のさようなら 鉄平が凪ちゃんに重なる5話感想

これはもしかしたらミステリーではなくて
大人のファンタジーではないのかなって
思うような5話でしたね。

好きですね~。

背任の罪まできせられて会社まで追い出されたら、普通、はらわた煮えかえりますよね。
番組が番組なら、めらめらと怒りをあらわに「倍返しだ~!!」ってなるところですよね(笑)
木内は最終的に土下座させられる(って違うか笑)

でもこのドラマの主人公はとにかく優しくて。

「もういいんだ」
って田舎に帰っちゃうのね。

まあ、一億円もってるからでしょうけどね。


で田舎に帰ったら丁度いい感じに美人の幼馴染。


「初恋だったの。いい思い出」

とかめっちゃきゅんとする優しい笑顔で迎えてくれる。。

なんて大人のファンタジー。くすぐったくなっちゃうくらい(笑)


傷を抱えた人達が集まる小料理屋で、美味しい海苔巻きに出会って再スタートとかね。


世の中に疲れた大人を癒すファンタジーですかね。

いいじゃないですか~。楽しくなります。癒されます。

「凪のお暇」で凪ちゃんがお暇したみたいに、鉄平がこの回はすっかりお暇してましたね。

良いですね。お暇。ドラマの中でも癒されます。

みんな会社やめて家も捨てて田舎に帰りたくなりますね(笑)
でも隠し財産も投資もないから止めねば(って違うか)


鉄平だけじゃなくて、夏代も、そもそもファンタジーですよね。

莫大な財産相続して、普通の日常送りながら。あんないい男(木内)にエアメール貰えて(って違うか)

てかそんな大金手にして、何もなかったかのように生活普通できませんね。

どんなに自制心あってもまずミュージカル毎日行っちゃうよ(ってこれも違うか)


「スーパーの特売をチェックして少しでも安いお店探すような女が、そんな大金投資できるはずがない」

って鉄平の言葉 あれ、ちょっとずきっときましたね~。

それができる女は帝劇界隈にけっこういますよ・・と思ったり思わなかったり(笑)


脱線しました。

今回は大人のファンタジー。

幸せな回だったからか木内は出番少なかったですね。
でもやっぱり最後のシーンに武田真治出た感期待しちゃった(笑)

「海苔巻き・・・なかなか美味しいですね」
って店潰しにきたりしてとか(どんだけ悪い奴にさせたいんだか)

一瞬だけ出てた廊下のシーン。

側近引き連れて院内回診してるみたいに見えました。

大病院の院長先生みたい・・。
真治君、もうドクターX次は院長狙えるんじゃないですかね(笑)

代議士役もできそう。なんかいいわあ。老けても・・・。


吉良上野介とかできそうですよね~。

ってどんだけ嫌な奴やらせたいのか(笑)
それくらい演技力に期待しているだけです・・・・。


老け役といえば、真治君だけじゃなかったですね。
パレードでは若妻な役の堀内敬子さんがここでは上川さんのお母さん設定なんですものね。
上川さんより年下なのに。役者さん実年齢、混雑してます(笑)
役者さんって面白い・・。


来週も楽しみです。
木内もいっぱい出てきますように♪

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

1億円のさようなら 2話 感想

2話目観ました。

ドラマ、まず、すごく面白いですね。

リアリティがあって。何重にも人のドラマがあって。

華美な装飾はないけれどドラマそのものに引き込まれるというか。

2話目にして、すごくはまって観てます。

働くということ。お金と幸せ。

なんかいろいろ人生のあり方も考えさせられそうですね。

 

 

1997年から現代を行き来しながら見せる人間ドラマ。

上川隆也さんと安田成美さん

松村北斗さんと森田望智さん

世代で演じてる役者さんが違うんですけど。まったく違和感ないというか。

物語にその差を感じさせず引き込んでくれるというか。

夏代の笑い方とか、鉄平の優しげな感じとか、

役者さん変わってても、気持ち繋げてくれるっていうか。ちゃんと夏代と鉄平の年輪を感じる。

役者さん凄いなって思います。

場面も舞台が反転するみたいに1997年と2020年入れ替わるのもいいですね。

奥行きもあって、ほんと引き込まれてます。

 

その変わり目に現れる謎の男、木内医師。

あのプラントの事故のパニックな映像に、階段で立ちすくむ木内医師の映像が差し込まれるの。

印象的でした。存在感がミステリー。

木内医師が時をかけるナビゲートにもなっているようにも思えて。

 

木内医師……今後の暗躍も楽しみです。

 

そうそう真治君だけ、20年時を経ても、一人で演じるんですね。

 

役をバトンして演じる上川さんたちの工夫とはまた違う工夫が必要なんでしょうね。

時の経過を一人で演じる真治君のお芝居も今後の楽しみです。

 

舞台でも10代から70代まで一人で演じちゃう真治君。

今回もたぶんそうかなって思ってたんですけど、やはりでしたね。

安田さんや上川さんの一回り上を演じるんですね。

 

最初に老け役見たのは2011年のロックオペラ

「時計仕掛けのオレンジ」

あのアレキサンダーの老獪なお芝居は、観にきてた役者仲間さんすら真治君だと気がつかなかってくらいの伝説の舞台で。

たぶんあれからですよね。真治君に老け役多く来るようになったの。

舞台だけじゃなくドラマでもイケるだろって。GOサイン出るんでしょうね。

体型がシャープだから、衣装とメイクとそしてお芝居で、子供でも老人でもなんでもイケちゃうし。

 

安田成美さんと対峙したラストシーン。

老獪な存在感が確かに一回り上に見えてましたが。

今後どう観せてくれるのか。楽しみです。

 

 

役としては、ちょっと嫌な役ですよね〜。

鉄平に、夏代と結婚する意思伝える時の台詞。

勝手に相手の気持ちを先読んでるけど勘違いしちゃってる感っていうか。

かなり思い込み激しそうな。これはやばい人っていう感じがするというか(あ‥褒めてます。役者。)

 

でもあのスリーピースのスーツ姿は素敵で。

団地からあんな人飛び出してきたらドキドキしますね。

車のキーをポッケから取り出した時に背広の裾が翻るのが凄くカッコ良くて。

キッとした視線。黒目がちの思い詰めた瞳。

ちょっとやばい台詞言ってても…やっぱりかっこいいんですよね。

大人のジェラシーも色気ですね。

 

医局の執務チェアで黒目が深く澱んでいくのも、なんとも。

やばい人でも色っぽい。やばい人だからこそ色っぽい。

 

最後60代で老いててもやはり素敵でしたね。

「本日貸し切り」

ゴージャスなホテルのダイニングバー貸し切っちゃうのね。

その感じも違和感なくて。

木内医師〜〜!老いてもなお色気も纏ってニヒル。

24年の時を経て暗躍するブラックな存在感。

どこか時をかける悪魔っぽいですね

 

 

来週も楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

一億円のさようなら 初回観ました!湿度100%な医局長にぞわぞわ^ ^


始まりましたね。

新ドラマ。一億円のさようなら 。

 

原作読まずに観たんですけど。

ちょっといけない匂いのする、なんとも大人なドラマ。

1回目から引き込まれました。

また真治君の役どころが。存在感なんとも嫌な温度感ある人ですねえ。

 

今までみたことのない役を演じてますねえ。

なんとも湿度高くて温度は低くてぞわってする感じの人。

 

瞳の質感怖い。どこか空恐ろしくて。怖いです。やっぱりどこか狂気も感じてしまいます。

でも鯨岡とか呉井とかシェフとはまったく種類が違いますね。

なんかすっごく湿度高くて温度は低いのにいやらしい(褒めてます)

 

本当に真治君って観るたびに違う人。

ほんと面白い役者さんだなあ〜って。

演じてるたびに、やっぱりはじめて会う人って思える瞬間。
すごく嬉しくなっちゃいます。

 

料亭でビールを自分に注いで。

「妻は勘のいい人だから、色々と聞いてくるかもしれない。その時は…」

 

って間を一瞬置いて微笑む感じとか。

 

呑まれますね。

ぞくぞくしました。。

悪い男だああ。。。いやらしい(褒めてます)

 

こういうなんともいやらしい台詞も間も。

好きですね。萌えられますね。(あ…もちろん役として)

 

地下鉄で不倫旅行行く前のシーン。

まるで卒業の教会のシーンみたいで。(奪われる方ですが)

ドラマティック。

真治君がジェラシー演じるの好きなんですよね。

シェフもジェラシーを静かに燃やす感じすごく色っぽかったんですけど。

医局長のジェラシーはまた粘着な感じしますね。

本当に恋をしているのか…なんかもっと底知れぬ執念のようなものなのか。

医局長のこれからに期待です。

 

秋の夜にめっちゃ湿度高い、いやらしい医局長の色気にはまりそうであります。

 

って、いやらしいやらしい言いすぎてしまった。

いやもちろんかっこいいんです。底知れなさがまたすごくセクシーです^ ^

 

 

まず白衣姿が似合いすぎて、10年くらい医者だった感あります〜!

スーツ姿も素敵✨

お医者様役が似合いますね。かっこいい。

 

お医者様役は観たかったんですよね。

医学部三浪してるとか、医学部受からなくて殺人鬼になったとか。

医大目指す役はあれど入学した後はなくて^ ^

やっと合格して無事に医者に😂

やっと観れました医者役!白衣姿!

 

いきなり病理部医局。病理部で癌の研究とか。

イケメンで明晰でできる男なのに粘着質。恋に狂うの??

いいですね〜なんか役柄そそりますね。ワクワクです。

 

去年も「不倫食堂」ってありましたけど。セクシーかと思ったら役柄はめっちゃ明るくて。

筋肉美は美しいけどけして悪そうでもなかったし。ただ可愛いだけだったんですけど^ ^

でも今度の医局長は…いや……やばいですね。しっかり、存在感がいやらしい。

 

 

って、いやらしいやらしいって私、言いすぎてる気がする^ ^

 

すいません。褒め言葉です。

 

真治君は筋肉は裏切らない爽やかな47歳なんですよ。

リスペクトもちろんです。

 

それはもちろん重々分かった上で。

 

役ではいろんな役が観れるのやっぱり嬉しいです!

底知れなさ。湿度の濃さ。色気とやっぱり狂気も感じてしまいますねえ。

がそれも魅力です。

 

秋の夜長にいけない医局長にドキドキするの楽しみです〜😝

 

 

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

美食探偵マリアファミリーに爆裂ハマる。

好きです。マリアファミリー。

爆裂はまってます。

 

レイゾウコ、リンゴ、シェフ。

地下駐車場で落ち合うシーンがもうめちゃ好きで。

何度リピしたか。

 

志田未来さんが可愛い南部弁で

「ああ〜あの旦那さんばらばらにしたあ」

笑うのクレイジーでたまんないし。

 

仲里依紗さんが大人しそうな敬語で挨拶した後に

「昨夜眠れなくってわくわくしちゃって」

ほくそ笑むのもぞくぞく。

 

そしてシェフが「ふふふ」って笑う

ここがもう最高にたまんないですね。

「ふふふ」が耳の奥底に触ってくる感じで。

ぞわぞわする。やばいです。

 

三人共お芝居うますぎて。

イッチャってる加減がたまらなく好き。

ロッキーホラーショーみたいにワクワクする!

 

そして我らが伊藤シェフ!

毎回、七変化。全部似合う。

イケメンすぎる〜😍

 

ストライプのシャツにネクタイきゅっと締めて。

できるビジネスマン風

今回も最上級にイケメンでした。

 

目を細めてハンドルきる姿

ニヒルって言葉がまじ似合う。

煙草ふかさせても、エンジンふかせても、

ほんと絵になる男。

今更ながらカッコ良さ再確認ですっ

 

丘みつ子さん演じる貴婦人がまた凄い素敵で。

マダム、やんごとなき貴婦人って言葉がぴったり。

シンディが執事な絵もぴったりくるというか。

黒塗りの車にエスコートするの最上級にかっこいい💘

女王陛下を馬車に乗せる貴公子みたい。

ワクワクしました!

後ろ姿からすぐわかりますね〜。

姿勢の美しさ。

ボディガードも兼ねちゃいますものね。

 

車の中の会話がまたそそるんですよね。

「頭振ったらカラカラ鳴りそうなお嬢ちゃんね」

「弁当は最高にうまいんですけどね」

こういう車内の会話がキュンキュンくる〜

 

貴婦人の変装脱いだらマリアが現れるのもぞくぞくしました。

乱歩の世界。おどろおどろしさ満載。

大好物です。

 

で裏メニュー!!

 

Huluで「美食探偵 明智五郎 マリア・ファミリーの (秘) 裏メニュー」

https://www.hulu.jp/watch/100057404

 

もうねもうね。最高でした!!!

 

面白すぎて目が醒めました!

コント番組出たら優勝しちゃいそう^ ^

「マリアさんのいうことは、絶対!」

流行りそう😂

 

りんごジャムや冷蔵庫、パンドカンパーニュでこんなに笑うとは😂

もう好きすぎて毎日二度は観てます。

キレ芸大好き。お腹抱えて笑いました。

 

そして何故か田畑に心寄せてくるシェフ。

報われない思い抱える同士だから?

妙に熱いし。もうわけわかんないし😂

田畑君と肩組んでるのも。なんか後ろ姿よかったなあ。

 

 

あとキレるりんごやレイゾウコ止める時のシェフ。

ちょっと甘いんですよね。

なーんかドキドキ。ラブシーンじゃないんですけどなんかドキドキ。

御二人とも小柄だからかシェフ余計に逞しく見えるのもあるのかなあ?

力強さと保護感もあって。密です。どこかあま〜い。

それにして、か弱い弟、いつのまにか兄貴が似合うように。

兄妹設定めちゃ萌でした!

 

4人のこの撮影。舞台裏もめちゃめちゃ楽しそう。ぜったい楽しそう。

 

ステイホーム開けの撮影だったのかな?

メイキングも観たいです!

ゲラな真治君が耐えられたんでしょうか??

妙なツボにはまって吹き出してそう。それも知りたい〜

インスタの写真も仲良しそうで!ファミリー感!

フェイスシールド姿も素敵でね😍

 

 

来週はいよいよ最終回なんですね。。

完走おめでとうございます🎉

ずっと続いてほしいくらいですが^ ^。

ハイパークレイジーに魅力的なマリアファミリーよ

どうか永遠に。

30分拡大版大事に観ます!

 

 

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

美食探偵5話 給食当番編&喫煙シーンにときめくの件

今日はもう6話放送ですね!

その前に5話の感想を。

いやもうなんて言っていいか。

すっごい色気。そして闇が広がる感。

これぞShinji Takedaクオリティ😍

闇落ちしたシェフめっちゃいい💘

 

ショッピングモールに現れた影のような姿。

ワンカットで異世界に連れてかれる感。

人間離れしたオーラ纏っていて、ぞくぞくします。

CG音響関係なく闇の奥から現れた感半端ない。。

 

 

かと思えば給食配達員さん 

軽トラに白いつなぎな給食配達員の真治君が観れるなんて。

給食係になりたい。。

給食配達員さんの入り待ちで校庭大騒ぎさ。

かっこよすぎて常人に見えないんですけどね。

https://twitter.com/reinkoro/status/1259319740775845889?s=20

03e280b5a2a84e12a408d5e9c6fe7644

 

なかでも5話のラスト。

屋上のタバコ吸うシーンがもうめちゃめちゃ好きで💘

もうめちゃめちゃ好きで!めちゃ好きで!

(三度言っちゃう)

5秒くらいのこのシーンを、何度も何度もリピしてしまいました。。

 

タバコ取り出し横向いて吹かす…

ただそれだけの動作がもう絶妙にかっこいいんですよね。

大人の乾いた色気。苛立ちもジェラシーも色気。

真治君のインスタにも載ってたこの屋上のシーン

https://www.instagram.com/p/CACjceAAnls/?utm_source=ig_web_copy_link

Bed0f9ce06ed476ca91c0dd1c70bec38

ここからのタバコ吹かす姿。一瞬なんだけど永遠。。

どこかどうって言葉で言えないけど

 

やばい。やっぱ武田真治、半端ない。

このカッコ良さは唯一無二。この独特の色気は真治特許。

墜ちるわああ〜💘やっぱ逃れられないわああ〜💓

 

って唸りながらリピしてました。

 

今日は「凪のお暇」イッキョ観放送。

昼下がりは森蔵ママ観てたんですけど。

こちらの色気も凄いんですよね。

メイク映え半端ない。

ウルウルな瞳に惜しまず魅せる筋肉美。

むせかえるような湿度高い色気。

温かな滲み出るような優しさ。

 

 

同じ真治君が演じてるはずなのに

色気の温度も湿度もぜんぜん別物なんですよね。

南米から北欧行ったくらいの景色の違いというか。

 

まったく違う色気を堪能してます。

 

 

凪ちゃんが「容量、用法、回数気をつけないとやばいよ」って言われてたけど。

 

まさに容量、回数、共に摂取オーバー。

真治の色気でゾンビ落ちしそうでまじやばい😝

依存性のままシェフ待ちです😍

 

この色気は全世界でシェアしなきゃ勿体無いもの。

というわけで今夜6話の美食探偵も楽しみ!!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

美食探偵第4話 &Huluシェフの裏メニュー 子羊目線な感想 

美食探偵 シェフの裏メニュー観ました。

 

柔らかな子羊のような若いギャルソンと
孤独な狼のような謎めいたシェフ。
美しい二人の男だけで営むフランス料理店。

密室の二人劇。
ギャルソンは無条件にシェフを慕っていて。
閉店の夜、シェフは二人だけの晩餐をセッティングする。

見つめ合う二人〜



設定だけでご馳走様でした。


20年前だったらぜったい子羊ギャルソンが真治君でしたよね。今、狼が似合う。そしてぞくぞくするほどかっこいい。

あの直也がって思うと感慨深いです。渋いんだもん。大人の色気。むせるよ。。

食卓ごしの目線のやりとり。やばいです。見つめられたらもう。手のひらでもどこへでも転がせそうな…

シェフ次第ではどうにでも…(ってこれ以上は自重)

 

タバコ吸う姿がなんとも良いのですよね。

手元、口元、息遣い。
すべて完璧…真治おそるべし

吐き出す煙すらに色気感じて

狂おしい。苦しいよ。。

 

お料理する時の手元や手際良さ。本編よりクローズアップされてて魅入ってしまいました。

ピアニストもそうだったけどシェフの芝居も手元もリアリティ。手元かっこいい。

できる男のリアリティ。。

 

裏メニューも悪くない…

色気にやられて痺れてて…‥今凄く苦しいけど😜

Cd7122030fe44e84ba108dbfc0d41c13

https://twitter.com/hulu_japan/status/1254416189922607106?s=20

 

 

そして4話。アダムスファミリーならぬマリアファミリーとしての存在感。


3話までの伊藤シェフには社会性を持っていた感があったのですが。

どこか別人格生まれたかのようで。シェフ完全に闇落ち、あちら側の人。怖かった。

 

フード被って突然れいぞう子の前に現れた姿とかぞくぞくしました。

美しいけど怖すぎて。


ベニーワイズみたいな。

それが見えたら終わり。的な悪魔的な怖さ、すでにシェフにある。

 

そして「血に染まった武田真治の美しさ」


それに尽きるのではないかと。血飛沫浴びて美しい。

ぞくぞくするほど美しい。。ナイトヘッドの頃から間違いない…

二次元でしか許容できないと思っていた残酷な美しさも、真治なら3次元で叶えてしまう。

禍々しいくらいの美しさはもう罪ですね。

 

だからシリアスキラーオファー尽きないのかと。。

 

真治悪役列伝にまた新しい人物。現れました。

 

国家転覆させそうな鯨岡とか、二流小説家の呉井とか

知能指数高すぎて危ういカリスマシリアルキラーとはまた違いますね。

 

シェフという職人的な気質残しながらの殺人鬼。

マリアにあやつられてる危うさも色気で。

今後も目が離せません。

乱暴な言葉遣いもまたドキドキなのですよ〜。

「出るな」「早くしろ」「シェフその子に料理教えてあげて」「もちろん」

 

うわうわうわあ〜💓もう教えてください状態^ ^

シェフの前にずらっと並んだ子羊数えてたら夜が明けてしまいますね。

 

今までをまとめたトレーラーもかっこいい!

真治君のインスタで紹介してくれてますが。このトップ画像😍

三話の中でもすごく好きなカットで嬉しい。。

この喉元〜😍この色気〜ですよ〜やばい💓もう何回ころされちゃうんだか💘

https://www.instagram.com/p/B_4jf3tgqo2/?utm_source=ig_web_copy_link

 

Fd24556a66724a8694d79e3f7b6b4b7c

5話はもう明日ですね!

楽しみです!

 

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

美食探偵第三話 感想 色気にやられてます。

美食探偵!第3話、観ました!

面白かった。見応えありました。

待ちに待った伊藤シェフ登場!

堪能しました。そして惚れました。

 

 

やっぱりまったく会ったことのない人。

真治君、別人でしたね。

武田真治という役者を追っかけてると、これだから堪らない。

また深い沼に落ちていきます。

 

伊藤シェフの独白で始まる冒頭。それも素敵で。

原作でも屋上でタバコふかすシェフの姿が印象的で、このシーンをどんな風に演じてるのか楽しみだったんですけど。

想像以上で。すぐに引き込まれました。



髪を下ろしてタバコ咥えてる時の退廃的な魅力。なんという色気。。

かと思えば、きゅっと髪結んで、料理作るときの、細やかな手さばきに真剣な瞳。

きりりとカッコいい

 

シェフの誇りと、心の闇。

両方に説得力あって、伊藤シェフという人を演じて奥行きあって、堪らなく色っぽかった。

一つ一つ止めて観たくなるくらい美しいシーンいっぱい。

 

髪下ろして、サイトの酷評読んだ後、天井見上げるショットとか。首筋もうつくしい。

髪結ぼうとキリッとみせる富士額とか。ちょっと一時停止にしてしまうくらい。。

 

蛇と対峙した伊藤シェフの頭部浮き上がる映像とか。なんとも耽美で官能的で。

小池栄子さん演じるマリアがまた素晴らしい妖気出してて。ぞくぞくきました。

小池栄子さんって、京マチコさんが雨月物語で演じてたような妖気ある美しい役が似合う女優さんだと思っていて。

私、好きな女優さんなんですよね。顔立ちが観音様のようでもあり。ここではマグダラのマリアですけれど。

 

そして妖気といえば真治くん。やはりお顔立ちが阿修羅像のようで、博物館とかで仏像拝みながら真治君を思い出すことあって。

国立博物館のアジア館に真治くんに似た神像もいっぱい座せられたりもしていて。。

 

そんなどこかゴッド感ある魔性の二人。妖気たっぷりな競演ぞくぞくします。

 

中村倫也さんとの対峙も迫力でした。


ラストの屋上のシーン、放送前から演技対決と宣伝煽られてましたけど。

色気対決でもありましたね。中村倫也さんと真治君。男の色気対決。

いやあ。観終わってしばらく、口がぽかんとする感じで。
恍惚としてしまいました。舞台を観たような気分で。

犯行の手口明かされたあとは。どこか友情が生まれそうですらあったのに。

 

「僕が彼女を生み出してしまったんです」

って言葉に、火がついたようにシェフ笑い出すのやばかったです。

「いや多分ですが、彼女に出会ってあなたの中に未知の部分が生まれたんじゃないですか?」

 

って反論するこっからの色気。

ジェラシーにも火が付いたのか、交戦的になるシェフが急に生気得た気がして。。

タバコの煙吹きかけたりして。悪鬼現れたかのように。

 

対峙してたら魂吸い込まれそうで、心拍数上がりました。

中村倫也さんとの接近戦やばい。唇奪いそうにみえてしまうという。

美しかったものですから。。

 

あと犯行のシーン!めちゃカッコ良くて。

椅子に座ったグルメ奉行、パッと大きなナプキンでキリッと締め上げる一蓮の動き。

パンドカンパニュ、バリバリっと4頭分に即座に口に押し込む。

さすが身体能力の高さ。必殺仕事人っぷりめっちゃかっこよくて。

めっちゃかっこよくて。めちゃかっこよくて。

三度書いてしまいましたね。文字通り殺られてしまいました。

 

シェフの色気にむせてます。。

 

今後ますますこの世で最も美しい囚われの殺人鬼観れそうですね。

 

Haluのアナザーストーリーも楽しみなのです!
まずゆっくり本編繰り返して、存分に味わってから観たくて。

これからなのです。

デザートも楽しみです。

Df39e23f2a2a41fd8863949057fcffbd

真治君インスタグラムより。伊藤シェフ肖像💓

https://www.instagram.com/p/B_Y5jlJAauV/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

CM あしたばダイアリー(流人騒ぎ) めちゃイケ イベント・ライブ ギャラリー ドラマ ドラマ コードネームミラージュ ドラマ ハニートラップ ドラマ・鳴門秘帖 バラエティー・情報番組 ファッション・アクセサリ メッセージ ラジオ ヴェローナの二紳士 七尾貴志ファンクラブ 出演情報&リリース情報 大河ドラマ 江 女心がわかる男わからない男 妄想大河 治長 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・ラブデス 映画・二流小説家 映画・今日からヒットマン 映画・俺たちの明日 映画・子猫の涙 映画・御法度 書籍・雑誌 月刊MEN武田真治 真治研・music&clothes 真治研・ホームルーム科 真治研・映像・舞台科 真治研(music&clothes) 舞台 薔薇と白鳥 舞台 SONG WRITERS 舞台「パレード」 舞台・アマデウス 舞台・エリザベート 舞台・カッコーの巣の上で 舞台・カッコーの巣の上で [1] 舞台・ザ・グレート・コメット・オブ・1812 舞台・スウィーニー・トッド 舞台・スクルージ 舞台・トライアンフ オブ ラブ 舞台・パレード 舞台・ビューティフル 舞台・ピンクスパイダー 舞台・ピーターパン 舞台・ブラッドブラザーズ 舞台・ロッキーホラーショー 舞台・ロックンロール 舞台・ヴェローナの二紳士 舞台・時計じかけのオレンジ 転がしお銀 音楽 音楽・バラエティ