« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月の2件の記事

2021年2月 9日 (火)

湾岸署安積班、村雨刑事カッコよすぎ

昨日の、テレ東、湾岸署安積班!

楽しかったですね〜。

 

殺人事件とかあるストーリーなのに、いちいち村雨刑事出てくるたびに目がワクワクしちゃって。

心がいちいち歓声あげちゃって。

あんまりかっこいいから、ただニタニタして観ちゃった。

こんなに顔デレデレしながら2時間刑事ドラマ観たのは私はじめてかも😅😍😅

もう、でれんでれんですよ。ただもう村雨シンディ刑事が観れるのが嬉しくて。

かっこいい村雨刑事を愛でる2時間。ごめんなさい。でれでれしすぎてはじめ話が入ってこなくて。

終始てろんてろんなニヤケ顔で見ちゃいました。

 

たぶん通常の今野2時間ミステリファンとは違う層も運んできますね。

武田真治の刑事役をわくわくして鑑賞する層。取り込んでますね。

私、取り込まれました。なんかもうなんかもう超カッコいいんだもん。

 

ジャケット脱いで、ワイシャツとベスト姿、ホルダーベルトあれ最強ですね。

胸板腕、シャツの下からも強さみなぎるというか。姿勢よくて、こうキュッとしまった身のこなし。

道場とかで鍛えてそうな刑事っぽい。ほれぼれしちゃうんですよね〜。

 

あとやっぱり整った顔、美しい瞳がキラキラしてて。

画面出てくると、「うわっ!」ってなるの。

難点は潜伏捜査できないんじゃないですかね。暗くても瞳がキラキラ光ってたもん(笑)

オーラバリバリあるの。輝いちゃう。潜伏できない。顔が派手すぎる。

改めて、いやほんと生物として美しい。。台詞回しもただただカッコいい。

お茶の間に華くれますね。いやまじカッコ良かった。

 

車から出てきて格闘するとこ。

胸板でアクションしてる!体幹のしっかりしたアクション。綺麗。

「動くな!」ってカメラ目線でもう画面から動けませんよ。そのまま視聴者捕まえますね。

オープニングのアクションシーンめっちゃカッコ良かった!

 

役柄も凄い新鮮でした。

熱血刑事。頭も切れて班長に忠誠心あって。聡明で。真っ直ぐ。キビキビとした動きもかっこいい。ー

 

なにも企んでない役久しぶりですかね^_^

なんかこういうのはじめてすぎて、ついニタニタしちゃた。

「防犯カメラ調べとけ」とか、白い手袋で被害者宅とか、マンションの戸口で聞き込みとか

ほんとに刑事だああ〜ってはしゃぐただのファン(笑)

まじ新鮮で😃

 

 

それにしても鯨岡やシェフやバブルのママ。同じ人が演じてると思えないですよねえ。

ほんと変幻自在というか。いつも違う人で違い匂いがする。

また新しい人に会えた感あるんですけど。ちょっと最近の筋肉に真っ直ぐな真治君に近い役でもあるのかな。

 

髪型のせいかドラマ17歳の真治君も思い出しましたね〜。

この強い瞳。眼光まったく変わってないんですよね〜。

奇跡の48歳だわあ。

 

共演者の方もなんかすごく嬉しかった。

17歳にも出てらした東根作さん!元祖直也の。W直也だってワクワクしたり。JUNON袴田さんと対決してたり^_^

ナターシャの水田さんも安積班だったり。

 

あと花屋さん取調べのシーン。すごい好きなんですよ。

椅子に座って尋問はじめる所作とか惚れ惚れ。

あの座り方!取調べかっこいい。

 

あんな綺麗な真っ直ぐな瞳で尋問されたら……まず幸せですね。

捕まりたいですよ……ほんと。花屋さんが終始羨ましかった。追いかけられて捕まるとこから^_^

捕まえられたい。毎日尋問でいいよね〜(笑)長引かせちゃう^_^

黙秘してずーっと村雨刑事見つめてたい(笑)村雨ファン逮捕待ち者続出でしょ。

 

あとあの花屋さん、電車男みたいで面白くて。

で真治君ちょっとだけあのシーン楽しんでる感じみえません?

話してるのジッと聞いてる瞳の奥に「面白い」って興味覚える色が浮かんだ気がして。

いや、演技してないというわけではなく、あくまで花屋さんの話真摯に聞いてたのかもしれないけど^_^

もちろんかっこいいんですよ。あのシーン。

でもゲラ堪える時無心になる人の瞳も感じたんですよね(気のせいかもすいません失敬な)

 

って村雨刑事についてのどこか番外な感想ばっか書きましたが。

 

安積班、キャラも立ってて楽しいですね。

寺脇さんは相棒の若手刑事のイメージ強かったんですけど、人情派で優しい感じ懐深い感じぴったりですね。

真飛さんもキリッとカッコいい。ナターシャのあの決闘思い出す水田さんもアクション似合うし。

今後一人一人主役回もあるような連ドラにもなってほしい感じです♫

難事件これからもシリーズ化してほしい。

村雨刑事の活躍ももっともっと観たい♩

 

そして真治君の刑事役こんなに似合うとは!!!予想以上で驚きました。

これはもう犯人役がここ10年続いたように、次はいろんなドラマで刑事役も続いてほしくなりました。

サックス刑事、筋肉は裏切らない刑事。そのうちシンディあてがきな主演刑事ドラマシリーズも!!!

 

と夢が広がってます^_^

あの真っ直ぐな瞳と裏切らない筋肉。最高の刑事です。

まずは第二弾がある事楽しみにしています!

https://ameblo.jp/premiere8-drama/entry-12654761863.html

 

3a575f3aa2604e55890ed98abb279361

| | コメント (0)

2021年2月 2日 (火)

パレード東京千秋楽おめでとうございます!

東京無事千穐楽終わりましたね。
開催は遅れましたが千穐楽まで完走おめでとうございます!

見事な公演でした。ミュージカル演劇の最高峰を観せられていると実感しました。

最後の瞬間、足元からゾクっと痺れが走りました。
「パレード」という演目はやはり特別だと思います。

われらが真治君も23日に見事に復活してくれました。
いろんな意味で忘れられないパレードになりました。


千穐楽、感動的でした。

終わって一瞬静寂。そして割れんばかりの拍手。
今回ばかりは客電ついても拍手しばらくやまなかった。


カテコ挨拶では石丸さんがマイクをとられ挨拶してくださって。
今回は来られなかった方への感謝も込められていて。
そして通常時の再演も願ってらっしゃいました。

後ろで堀内さんが泣いていらしたのが印象的でした。
隣に寄り添うように真治君がいて、きりっと前を見据えていて美しかった。

胸いっぱいでしたね。
こうやって舞台のカーテンコールで真治君に拍手送ることは実は当たり前ではない。
奇跡的な時間なのだということも改めて思いました。
今回はチケットを取っていても、いろいろな事情で断念せざる負えない方々もいて、観れたことにまず私は感謝しなければいけないですね。

 

と、ここからは少し、ここだけの砕けたクレイグの感想を。
お許しください(笑)

ネタバレです。

 

クレイグ髪型イケメンに変えました?前からなのに気が付いてなかったのか。

今回、ビッグニュースの時、ハットを取った瞬間、ストレートの前髪がはらりと目にかかって。
めっちゃカッコよかったんですよね。前方にいたのに思わず慌ててオペラグラスでも観てしまった(笑)
めっちゃドストライクの美しい面構えで!前髪はらりの横顔は国宝です。

すいません千穐楽なのにこんなで(笑)渾身のお芝居してるのに、前髪前髪、言ってて(笑)
本当にお芝居集中してたのか?って疑念抱かれそうですけど。でもすごい好きな外見だったんですよ。かっこいい!心が叫んでしまいました(笑)
・・・・もちろんそれだけじゃないのよ(笑)でも美しいものに人は吸い寄せられてしまうのでした。国民的横顔ですから~。

「ビックニュース」やっぱり初演よりパワフルに感じます。あと色気あるんですよね。
いつもより歌のタメも長かったのかな。よりダイナミックに感じました。パワフルでした。
街の人たちを引き連れて前寄せてくるときも好きですね!クレイグの声がかき消されていく。

自分が歌い始めた歌に巻き込まれた人たちの声が大きくなって自分の声がかき消されていく。印象的なシーンでもあるのだけど。THE musical 楽しい!って思わせてくれる時間でもあって。すごく満足感があるの。あの瞬間。
ビックニュースだけでも10回エンドレスで聴きたいくらい。

紙吹雪のステージで、これだけのステップ踏むナンバーこなしてるの凄いと思います。トークショーでも一番のお芝居の難しい点を、みなさん紙吹雪と、回る舞台、バミリと仰ってて。立ち位置に立つだけでも大変なのに、真治君そこで紙吹雪けりながらダンスするっていうの。これも難しいことなんでしょうね。
もし滑っても、それをかっこいい振りにしちゃう余裕もありそうで。もうただわくわく観てるんですよね。

そういえばマイ初日。帽子を床に投げて拾いながら膝まずくバージョンで踊って。振付だと思ったんですけど。次からは見なかったから、たぶんハプニングでかっこよく変えちゃったんだろうな~。それもまた動きがかっこ良かったんですよ~。舞台は生ものだから。毎回ちょっとづつカッコよさにも変化あって何度も観たくなっちゃいますね。イケメンの所作ってあるんですねえ。なにげない動きが全部カッコよくて。

あと初演の時はばったり寝てる時間があったんですけど。あれなくなったんですね。あの寝てる姿を上から見下ろしたくて、わざわざ二階席のサイドシート取って観たこともあったなあ~とか(笑)

いろいろ初演とも変わりましたね。小道具ウイスキー瓶なくなってたり。何かの意味があるんですかね。

あ!登場の旗振り。他の人より倍速回転で振ってる瞬間あって(笑)また旗振りで笑ってしまった。運動会で子供見つける感じの楽しさがあって(笑)ベレー帽姿遠くからだとただただ可愛いんですよね~。(って48歳のベテラン役者である真治君に失敬ですみません)

ってそんなとこだけじゃなく。

ここぞっていうシーンで前に出てきて締める言葉のクレイグの台詞もかっこよくて。洪水のシーンとかゾクゾクします。


あと「お気の毒なことでした」の千穐楽の言い方が、私、この日が一番しっくり心に入ってきたんですよね。初演、再演を含めて一番。
ってえらそうな感想をスルーしてほしいんですが。私は、あの台詞は、ほんと東京千穐楽が一番好きでしたね。

また大阪、名古屋、富山と変化も出てくるんでしょうね。ますます役が深まって。

なにか遠征できないことが淋しいですね。すでに後悔なのです。


でもできれば東京にまた戻ってきてほしい。
次は何年後になるのかな。

その時は平常時に戻って。今度は当日券もいっぱい列が並んで立ち見もいっぱい。
ブラボーの声が満ちた東京芸術劇場でこのカンパニーにまた会いたいです!


本当に明るくなった空の下でまた観たいです。
何年かおきに、定期的に、観たい舞台です。

コスプレ話題だし、筋肉も素晴らしくて、素晴らしいsax奏者でいつも話題の真治君ですが

やっぱり素晴らしい「役者」ですよねえ。

このミュージカル最高峰な作品に、オールマイティな分野でテレビでも活躍する真治君が入っているって実は凄いことだと思います。
はじめてミュージカルに挑戦的な若さと人気で、脇をベテランで固めてもらって、っていう段階ではないんですよね。
ネームバリュー以上に、ここに居られるほどの実力を獲得してきて、そこに立っている人だって改めて思いました。
ファンの欲目抜きに。身に着いた華と実力、個性、演技力。それはもう揺るがない力ですね。
そしていまだにアイドル的な「カッコよさ」ときめき感じさせてくれるっていう。


多方面の御活躍しながらも、これからも素晴らしい舞台に参加してほしいと。
これからも凄い作品に連れてきてほしいと思いました。


まずは大阪、名古屋。富山。全公演の成功を祈ってます!

 

736beec29dde47088c8d90c93a846def

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »