« 心も体も裸に・・・? | トップページ | 七夕の夜に会報が届きました♪ »

2014年7月 6日 (日)

「カッコーの巣の上で」初日観てきました

初日から完成度の高い舞台。カーテンコールで客席がオールスタンディング。
それを見て、真治君が笑みを浮かべて、小栗くんとじゃれるみたいにしてラスト舞台のそでに入っていきました。なんだか千秋楽を観たような気持ちになってしまった。


すっごくすっごく良かった。静かな感動。とにかく見応えありました。好きなシーンがたくさん。すごく美しいと思ったシーンがいくつも。何喋ってもネタバレになっちゃうから、もうちょっと後に書きたいけど。
美しかったんですよね。彼らの姿。彼らの動きや表情からうまれる空気が。
ときどき空恐ろしいくらいに美しいせつない瞬間を舞台の上につくっていて。
台詞のない静まった瞬間に、ぞっとするくらいの何かが心に迫ってくるみたいな。
そんな感情を持たされるっていう、なんか、そういう。
って、なんかなんかばっか言ってますけど。
どんどん引き込まれていって、、たまらなかった。
今思い出して、ひしひしと静かな感動に浸っています。
今この時代に、この上演をみていて・・・考えさせられることもあったり・・・。


われらが真治君は、ロックンロール以来の長台詞ものともせず・・・。
私、本を読んでいるとき、あのグループセラピーのシーンで真治君がどんなお芝居みせてくれるのか、すっごくドキドキしながら読んでたのだけど・・・。圧倒されました。長い長い台詞の中に感情の激しい起伏というかそういうのがもうなんていうか・・・迫力で。想像をやっぱり超えてて。真治君だからこそ、ってやっぱり思いました。

また、ゆっくり感想書きます。くすっと笑えるとこもあったり、ちょっと面白いシーンとか、ハーディングの仕草で好きなとことかも、、またおいおい。。。
また観に行きますし。。。

余談ですが、「アランドロンに、ジェームスディーンに、武田真治」って小堺さんにいわれてたけど、この舞台の真治君には「ウッデイ・アレンに・ジョニー・デップに、武田真治」でノープロブレムかなって、ちょっと思っちゃった。メガネ男子、インテリジェンスなハーディングは、外国の映画の中の人みたいだった。額のラインの美しさに魅入ってしまった。あ、浅いこと書き始めてる(笑)また、ゆっくり感想書きます。
また何度も観に行きます。初日にこの完成度。あとは、だんだんハーデイングもはじらいなくして、体操着の時ガウン脱ぎ捨てる日がくることをちょっと期待しつつ(笑)って、あれ?静かな感動の余韻に浸るつもりが、さっき,ついめちゃイケみちゃった。ちょっと混ざってきちゃったかな(笑)別の意味でこちらも感動でございます。めちゃイケ・・・本音、心配してたけど、ちゃんとかっこよかった(笑)っていうか、めちゃめちゃかっこよかった。おもしろいし。やっぱ真治君、最高!

|

« 心も体も裸に・・・? | トップページ | 七夕の夜に会報が届きました♪ »

コメント

私も昨日と今日観て来ました!
台詞に込められた深い意味を一つずつ理解するのは難しいかもしれないけど ちょっと笑える部分もあったりして重いだけじゃなく面白い作品だと思いました!
真治君の表情や仕草…芸が細かくて…今日は貧乏ゆすりに気が付いた(笑)…長い台詞の中で感情が変化して行くところは胸に迫るものがあり今日は泣きそうになったくらい!このシーン観て真治君にこの役が来たわけがわかった気がして改めて真治君の俳優としての素晴らしさを感じた瞬間でした!


って…真面目に真治君を堪能した帰り道ですが 早く帰って昨日のめちゃイケ見よっと(笑)

投稿: mikko | 2014年7月 6日 (日) 20時21分

mikkoさん
真治くんにこの役がきたわけ…。本当に。舞台全体を繋げていく…引っ張っていく力みたいなものも感じて。見ごたえありましたね。いろんな細部もこれから見るたびに楽しめそうですね。また上京のおりはご一緒に♪

めちゃイケも…。案外、真面目に堪能できたかと(笑)真治くんにこの役がきたわけ…これも納得かな(笑)

投稿: rein | 2014年7月 8日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心も体も裸に・・・? | トップページ | 七夕の夜に会報が届きました♪ »