« めちゃイケ 郷に入っては郷に従ったシンディdoll | トップページ | カッコーの巣の上で 7月14日マチネ感想 »

2014年7月12日 (土)

真治グループセラピー

毎日、繰り広げられているだろう舞台を想像しながら、家というまた一つの巣の中で、パンフ熟読してました。なかなか巣を超えてそちら側に行けてないです。今週できたら追加で行きたかったのに、最初のチケット通りでしか、いまのとこ行けてないですね。でも、次回、もうすぐなんです!楽しみです。

パンフのこの写真、すごいですね。発してくるアンニュイな色気といいますか・・・もう、写真、すごいですね。さすがだなあ・・・・って。
舞台のハーディングとはまったく違うビジュアル・・・。真治君自身がそこに患者として存在しているようなイメージといいますか。会報でも別ショット紹介してくれていたけど、・・・パンフの写真かっこいいです。ありのままもかっこいいですが、こんな風に作りこまれた写真の発表はわくわくします。。
あと稽古中の写真はいつもとても嬉しいです。小栗くんの横たわるショットに覆いかぶさる真治君・・・とか(笑)それだけでお宝パンフかと(笑)・・・って違うか(笑)美しいんだな、これが。
稽古中の瞬間瞬間、真剣な面差しにもドキドキします。かと思うと無邪気に笑う真治君がいたり・・・。

インタビューも、おひとりおひとり読んでいて、あらためて感じるところがあり、早くもう一度観たくなった。このお芝居は、それぞれが感じ方違って、受け取り方も違って、きっと観た人だけの違う感想あるんでしょうね。アンケート読むの、おもしろいだろうなって。ほかの方のアンケート読んでみたくなります。

自由についての質問の答えも、ひとりひとりの答え方にその人が出ていて、興味深かったです。なんか・・・真治君は、自由という概念すら、そこからまずストイックだなって。

そんなインタビューに考えさせながら、対談記事読んだら、笑ってしまいました。
「パンっここまで」って、稽古やめにしちゃう真治君は、まったく不自由ではない(笑)相当自由な人だって、大東君くらいからは思われてるんじゃないでしょうか(笑)
そんな真治君の話に合の手うつ小栗君の返答が、なんかすっごくまっすぐで。私達が真治君にうける印象にすごく近い言葉で真治君を語っていて。きっと居心地のいい稽古場ではないかなって。小栗くんの自宅で酔いつぶれちゃうっていうのも、なんか真治君がきっと安心していられる場所なんだろうなって。って、それもこれもチャーミングな真治君のひととなりが周りを巻きこんじゃうんだろうな~って。

?・・・冒頭の小栗くんの首筋に頬寄せての写真喜んでたり、こんなこと書いてたら、ちょっと何かをものすごく期待して舞台観に行ったのがわかってしまいますね(笑)・・・だって期待させるような宣伝だったものですから(笑)

で、舞台思い出しながら、ふと真治君がほかの役もやってたら、どうなったかなってちょっと想像していました。たとえばビリーは、僕たちのドラマシリーズ「じゃじゃ馬ならし」で真治君が演じていたあの子、思い出しました。金髪でおどおどしていて。真治君が演じたらどんなだったかなって。若い時に・・・ていうのではないですね。真治君って舞台では年齢8歳から80歳までふり幅あるから。あとマクマフィーも。真治君だったら、また別のアプローチな気もして・・・また違う独特の空間の制圧観もみてみたいかなって。
小栗くんや大東くんの好演みていたら、真治君だったらどうだろうって、よくばりなファンはすぐ思います(笑)
で・・・そんなこと考えていたら、ふと、いつか、真治君の一人芝居が観てみたいって思いました。どの演目って・・・演目あんまり知らないから、これって言えないけど(笑)
ひとりで何人も演じわけちゃうような・・・なんか、そういうのいつか観てみたいなって。
大勢でつくりあげていくだろう空間を、真治君がひとりで作ってみせるようなそんな・・・。自由であり、ものすごく不自由な・・・そんな舞台が観てみたいって、ふと思いました。
って、どこまでも、願いごとが尽きない・・・・欲張りなファンですね。

またもうすぐ二回目観に行きます。そしたら、今度は、表情とか台詞まわしとか、またじっくり楽しむんだあ~。楽しみだなあ。

私の自由は、真治君にあるのかもしれません。真治君は舞台に出ることがセラピーみたいに対談で話してたけど、舞台をみることで自分の中のいろんな感情を発見して、それについて遊んでみるようなそんな時間を真治君がくれてるんだと思います。そんな時間に、私は心の無限大の自由を感じてます・・・って、あくまで他者依存な、まったくストイックではない自由の考え方ですが。それが、このストレス社会で普通に狂わずに生きていく為の、セラピーである人も・・・案外多いかもですね。
真治グループセラピーに・・・また参加するのが楽しみです(笑)

|

« めちゃイケ 郷に入っては郷に従ったシンディdoll | トップページ | カッコーの巣の上で 7月14日マチネ感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« めちゃイケ 郷に入っては郷に従ったシンディdoll | トップページ | カッコーの巣の上で 7月14日マチネ感想 »