« 真治グループセラピー | トップページ | 堂本兄弟収録に、ありのままのオフショットに »

2014年7月15日 (火)

カッコーの巣の上で 7月14日マチネ感想

二回目観てきました!舞台にとても近い席だったんですね。だから・・・普通にミーハーになっちゃった。役者さんが近いから(笑)わ~すごい~って(笑)
迫力でした。その躍動感たるや。血管の浮き具合、汗まで観えちゃうってすごいです。
舞台二階席まで届くようにお芝居されてるから、近いと、もうなんていうか凄いです。興奮してくるときの血管の浮き出てくる感じとか、顔まっかになっていくお芝居っていうか、息遣い、汗、そういうのもダイレクトに伝わってきて。ドキドキして、緊張しながら観てました。

ここからネタバレです。




ネタバレ




ネタバレ




ネタバレ




まず、近い席ってこともあって、匂いがすごく伝わってきたんです。それが印象にも作用される感じで。小栗マクマフィーや患者たちが吸っている煙草の煙が客席まで届くんです。その煙草の匂いに包まれていると、ラチェット婦人があらわれるたびに、今度はベビーパウダーと石鹸の混じったような独特の清潔感あるちょっと甘い香りがしてきて・・・。たぶんバケツの粉をまくみたいなときの粉の匂いだと思うのだけど。なんかマクマフイーの匂いをラチェット婦人の匂いがそのつど消そうとしてるみたいで面白かったんですよね。匂いすら演出効果に感じて。何か象徴的でした。

あ、でも、煙草の煙っていうとこなんですが、真治ハーディングも煙草を吸うんです。あのグループセラピーのシーン、興奮をおさめるみたいなすごく重要なシーンで。真治君の熱演に圧倒されながらも、つい真治君が煙草をすって息を吐き出した瞬間に、私、全力で鼻ぴくぴくさせて(笑)煙すってやる~モードになってしまった(笑)くんくんって(笑)
でも小栗マクマフイーの煙だったか真治ハーディングの煙だったか・・・私が吸ったのはどっちの匂いかわかりませんけど(笑)煙草の煙が、こんなにいい香りだと感じたのは、生まれてはじめてかもしれない(笑)あはは(笑)

って、そんなことばかりではなく、あのグループセラピーの真治君のお芝居、さらに迫力と、そして、なんともいえないせつなさ感じました。性的な劣等感を告白して、興奮して激高した後、崩れ落ちるようになったハーディングが小声でなにか歌うんですよね・・・・歌うって意識してないような・・・まるで幼子に戻って子守唄を口ずさむ感じで歌うの・・・。なんの歌か聞き取れなかったのだけど、「う~う~」って無心になって・・・。なんか、普段知的なハーデイングがまるで幼子のようになっていく・・・何か境界線を越えてく姿にぞくっとしました。なんだか抱きしめてあげたくなるような佇まいで・・・。
初日は歌ってなかったように思います。回数みているお友達も、初日は歌ってなくて・・・その後みたときは歌ってたそうです。その時は昨日よりは短く、別の箇所で歌っていたって。毎回、真治ハーデイングのお芝居は、すこしずつ変わっているのかもしれません。。。
やっぱり圧倒されて、茫然としちゃった。しちゃった割にはそのシーンのすぐあとに、真治君の煙で胸いっぱいにするぞって鼻ぴくぴくさせちゃってたわけですが(笑)切り替え忙しかった(笑)

あと、バスケのシーン。演者さん達があまりに近いので、もう、顔が喜ぶ喜ぶ。だって真治君、半ズボンなんだもん(笑)・・・・って、あんまり正直に感想書いてると、私いつか変態認定されちゃいますね(笑)・・・でも感想も「ありのままに~♪」ミッキー以来の半ズボンに心躍りました。ミッキーの時はすね毛そってて・・・今回はオジサン色の靴下履いてるのがちょっと違うかなって。あとあの頃とは私の観方自体がちょっと変わったかなって。おもわずキンニクの付き方観察しちゃったんですね(笑)大腿骨をまとう筋肉。膝上にのっかってる前腿筋肉っていうんですか?あれ盛り上がっててすごいんです。長距離走者の足なんじゃないかっていうくらい。細いけどしっかりした筋肉ついていて・・・贅肉ないから、人体図鑑のモデルになりそうな綺麗な足で。その足がバスケあやつるたびに緊張感みなぎらせて、筋もかっこいいっていう。あと、長いシャツ着てても、胸板厚さすっごいのわかって、だってはだけてシャツの合間からみえるし、前にせり出してくるときは、「おおっ」ってなりました。・・・・ってほんとにどこ観てんだか(笑)で、ボールお腹にいれて、くるって回るの、とってもキュートです。ハーデイングお茶目さんです。ああいうコケティッシュな動きさせると、真治君は動きに切れ味あって小気味いいから、すっごくはまるんですよね。あのシーン大好き。わくわくします。
前回少し遠くからみたとき、このバスケのシーンが、とても印象的で、美しいシーンとして感傷そそったのですが・・・近いと真治君自体の美しさになんか見惚れてしまって・・・・私、この前の感じとは違った観方しちゃった(笑)感動の質も、観る側のコンデイションによりますね(笑)どっちにしろ美しかった(笑)美しいシーンです(笑)

そして、ラストにかけて活躍のハーディングには、なんか私、クライム映画で大勢を先導して危機をのりきるヒーローみたいな雰囲気感じて、わくわくしました。真治君に言わせると、「僕がこんな格好して(老け役)」みたいな初老の雰囲気のメガネに髭なハーデイングがこのシーンメガネはずすんですよね。美しい瞳をあらわに、次なる不幸を避けようとどんどん策を出していく姿は・・・・普通にかっこよかった。かっこいい!って思っちゃった。・・・・って、舞台全体の流れとして、まったくかみ合わない感想かもしれないけど、ハーデイング萌え(笑)
かっこいいといえば、動作もね。階段に凭れる姿も、椅子に座る足の感じも・・・・やっぱり姿勢がかっこいいんですよね。一瞬も無駄なくてそこに存在していて。
あと、掃除の仕方も好き。すばやく無駄なく(笑)モップかけ得意だと思う(笑)
って、好きなとこあげたらきりがなくなっちゃうけど・・・あれ?なんか近いと細部ばっかりになっちゃった(笑)
また観に行くので、そのつど、また好きなとこいっぱい書いていきますね!

御芝居自体も、ほかの演者さん達も、初日よりなんかすごく感じました。小栗くんのあのまっすぐさは地もあってこんなに嵌るのかなとか考えたり、山内さんの存在感すごい、とか(ラストこっちにむかってくる山内さんが神々しかった)大東くんのビリーが興奮すると白い肌がどんどん真っ赤になっていって血管きれそうで痛々しくてたまらなかったり。ラチェットが私が想像する本の中の人よりはるかに色っぽくて・・・あの「ボーイズ~」っていう言い方を私も家でやってみたんだけど(子供に)だれも振り向いてもくれなくて、そんじょそこらの女子力ではあの「ボーイズ~」の言い方はマスターできないんだなって納得したり・・・とにかく役者さんの息遣いに大興奮でした。今も大興奮で、だからお喋りですね(笑)私(笑)

ラスト、カーテンコール、満面の笑顔の真治君!下から見上げていて・・・ああ・・・この笑顔、最高だな~って。ライトいっぱい浴びて笑顔いっぱいの真治君、拍手いっぱい浴びる真治君を、これからもいっぱい観たいって。いっぱい拍手送りたいって。これこそ真治セラピー。すべてがオールライト!yeah! yeah!って、なんか歌いたくなっちゃった。嬉しかった!また観に行きます!

|

« 真治グループセラピー | トップページ | 堂本兄弟収録に、ありのままのオフショットに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真治グループセラピー | トップページ | 堂本兄弟収録に、ありのままのオフショットに »