« REBORN WITH RIBBON (2) | トップページ | 歌います。 »

2010年11月12日 (金)

REBORN WITH RIBBON (3)

昨日は一日お仕事で・・・・で、帰ってきたらしばらくほったらかしにしていたせいで・・・家の中が、「秘密警察が来たのか?」って思うような散々な状態になっていたせいで・・・PCに向かえなくて・・・・お待たせしてすいません。今日は、午後出勤なので、朝なんですが・・・・書いちゃいます。朝だろうが・・・私のテンションは、もうドピンクに染まったままなので・・・・妄想も入りまくりで・・熱すぎて引いちゃうかもしれないけど・・・・そういうのお嫌いじゃない方のみ・・・・読み進んでくださいませ♪

一回舞台から去って・・・・で、当然のアンコール。
登場は、なんと、タンクトップ♪
あの、ロックンロールのとき、市村さんと真治君の2ショットのついたTシャツあったじゃないですか~。それの、タンクトップ版。ランニングの首回りに、ラメみたいなキラキラがいっぱいついてて。あんなかっこいいバージョンは売ってなかったですよね。
会場、その姿に、歓声♪
真「ポスターが、ああだからって、スタッフが、どうしてもタンクトップ着ろって・・・(笑)」
スタッフさん、グッジョブです。
真「前に、ロックンロールの舞台、最後まで一度も噛まずに台詞言えたら、もう一度、『you got me rok"n roll』を演奏する!って、約束したの覚えてる?」と。
で、また、前に出てきていいよって言ってくれるから、走りでる私たち。
眼前でのロックンロール。しかも、真治君は、タンクトップ。
やっぱ、「じっー」って、腕とか、肩とか、見ちゃう見ちゃう(笑)アルトサックス吹き上げる時とか、腕の筋肉が、かっこいいのなんのって。で、・・・・・女の子もびっくりの肌の美しさで・・・・いや、あれは、生まれたての赤ちゃんもびっくりだよ(笑)きれいすぎて(笑)
サックスの音はかっこいいわ、お顔をみると、もう何?ってくらい瞳きらきらしてて、うっとりだわ、腕は血管の出方まで、完璧で・・・(どう完璧なのかは、上手くいえない・・・)
もう、「すごいよ!真治君!すごいよ~!かっこいよ~!!!」って、なんか叫びたい感じで。たぶん、クラブとか参加してたら、こういうとこで、女の子達、くらくらしちゃうんでしょうね。。。で、飛んじゃうだろうな~。。。って、また、ちょっとそういう気持ちを味わえたりして・・・。
で、終わったら、
真「さっき、箱にちゃんと包んで、リボンをかけた状態でお届けって言ったけど・・・やっぱ、こういうのもいいよな~」って。
書き忘れてたけど。始まるとき、「いつも僕は、男の子って、『わかるやつだけ、ついて来ればいいよ』みたいなとこあって・・・そういう風だったけど・・・・今回は、ちゃんと箱にいれて、リボンも付けた状態で、お届けしたいっていう気持ちをこめて、ribbonというタイトルをつけました」って話してたんです(大事なとこ忘れてましたね。。。)
で、終わったら、また真治号令で、「着席!」と(笑)

真「次の曲は・・・・僕が13歳・・・15歳くらいかな。・・・この人がこんな曲歌うなんて・・・・不思議だなあ~って思った曲で・・・・」
ここまで聞いて、客席、みんな、手元で、準備してるものが・・・(笑)
真「聞いてください」
そして、ソプラノサックスで、尾崎豊の「Ⅰ LOVE YOU」を。
と同時に、客席のファンはいっせいに、ペンライトに点灯・・・ふりはじめました。
真治君「!!!」って、びっくりするのが見えて・・・・なんか、「やった~♪」って、嬉しかった。
席には、あらかじめ、ペンライトが置いてあって、「本日、武田さんが尾崎豊のⅠ LOVE YOUを演奏しますので、そのとき、サプライズとしてペンライトふってください。このことは、武田さんは知りません。」みたいなメモが置いてあったんですよ。
なんか、わくわくしてました。いっつも、真治君に驚かされてばかり。たまには、驚かせる方になるのって、わくわくしますよね♪
真治君が「!?」って一瞬なって・・・「うわあ~」みたいに、嬉しそうに形相くずれるのが見れて・・・・もう、すっごくHAPPYでした。スタッフさん、ありがとうです。
で、ソプラノサックスで奏でる、Ⅰ LOVE YOUが、ほんっとに素敵で・・・・で、ペンライトが揺れるのも幻想的で・・・・なんてロマンテイック。。。ずっとソプラノで通すのかと思ったけど・・・ラスト、最後、歌ってくれたんですよね。。。それが、また、声質にぴったりで。
前から、尾崎豊の曲って、なんか、真治君にぴったりきそう・・・って思ってたけど・・・・ほんっと、かっこよかった。前に「15の夜」をちらっと歌ってくれた時も、そう思ったんだけど・・・。なんか男前っ!て感じになるの。うまくいえないけど・・・・佇まいも歌も、ラブストーリーの主人公に見えるの。もっと、聞きたいって思いました。

で、真治君、今度は本当に最後の曲だと・・・・皆「ええ~!」とブーイング。
ずっと、真治君との時間が続いてほしいっ・・・って思いますものね。。。そんな気持ちを察してか、
真「12月18日は、なんの日か、知ってる?」当然、みな、拍手。
真「そう。僕の誕生日。また、ライブやります。ブラックジャックスで。・・・で、今回は、みんなの来やすいちょっと早めの時間に。夜7時から。みんなに、あんまりお金使わせたくないから・・・。渋谷の小さいクラブで。」
と・・・・。(うわあ~。。。。真治君、やさしいなあ~。。。って、ちょっと嬉しくなりました。またホテルでお祝いだとお財布厳しいし・・・深夜だと私たち主婦族は、出かけられないですものね・・・。で、土曜日っていうのが、また今年は、地方からも遠征しやすいし♪・・・皆でお祝いできそうですね。)

とおしゃべりしながらも、真治君はステージ端にかっこよくストンと座り込んで・・・・
あの、真治ファン一番人気のあの曲の前奏が・・・
「最後のダンス」
これが、また、かっこいいのなんのって。なんだろ~ステージ終わりで喉も温まってることあるんだと思うけど、迫力がさらに増してて、で、ラスト、歌い上げるとこ、「お~れえ~の~もの~」ってとこ、もう、最大限って感じに、声はってくれて・・・ガッって終わる感じのかっこいいことったら。
でも、真治君、もうちょっと最後決まらなかったね。もう一度って言って、また、ラストに「おれえ~のもの~」をもう一度、さらに迫力あげて、決めてくれて、そこで、ガッってラストの音が決まる感じが・・・「うわ~。これこれ~。たまんない~」って、テンションマックスのとこで、ショーが終わる感じが、すっごいいい!って思って。これ、定番にしてほしい!って思った。
なんなら、エリザベート再演に、もしも真治君がまた登場することがあるのなら、私、ラストの曲は、「最後のダンス」にしてほしいとさえ、思った(笑)。エリザを棺に納めた後ですね~真治トートはお行儀よく手を広げてないで、「どうだ?俺、やっただろ?」って、前にせり出してきて、「最後のダンス」歌って、「オレえ~の~も~の!」って、シャウトしてくれて、そのまま幕が下がってくれたら、痺れると思う。もう、立ち上がってジャンピングカーテンコールですよ。小池さん、いかがですか?そういうの。(・・・・私、真剣です・・・)

って、真治君「これからも、30周年、40周年とお互いに老いをさらしていきましょう~(みたいな)、皆より、ちょっとだけキラキラな僕をお届けしたいと思います!」って、閉めてくれたかと。「じゃあ、握手会しよう!」って。
出口のとこで、真治君がお見送りしてくれるので、みんな並んで、ひとりづつ、握手してから、さよならできるっていう素敵なシュチュエーション。・・・私も並びました。だんだん順番が近づいてくると、どきどきしてきて。だって、真治君、タンクトップで。お目目キラキラで、後光が差していて・・・でもって、ひとりひとり、両手で包むように握手して、目を見て、話を聞いて、ひとりずつ、それは丁寧に返答をしていて・・・質問とかされてる方もいて・・・。
そんな様子みながら、私、「どうしよ。かっこいいよ。どうしよ。かっこいいよ。」って、お友達にジタバタしながら、騒いでて(そんなこと、今更、騒がなくてもわかってることなのに)・・・・たぶん、煩かった・・・近くの人、ごめんなさい。。。

で、真治君の前に出て・・・で、握手ですよ。
握手っていうか、真治君が、手をですね。両手で包んでくれるって感じで・・・・。
みなさんはどうかしらないけど・・・・大人になると、そんな好きな人に両手で手を包んでもらえてる状態で、思いを告げられる瞬間なんて、そうそうなくないですか?
私は・・・子供のかじかんだ手を両手であっためることはあっても・・・逆はない!(笑)
たぶん、次にあるとしたら・・・・・それは、・・・・私が・・・・・御臨終の時。
孫かなんかに「おばあちゃん・・・・へそくりはどこにしまってあるの?」って、聞かれる時・・・。

だから、もう、その事態に・・・胸がいっぱいになってしまって。
すっごい考えてた、原稿の半分も言えなかったんだけど・・・
とにかく、ファンミの時すごく嬉しかったこと、書き込み読んでくださってることが、すごく嬉しかったこと、顔面ひきつらせながら、ドモっちゃったりしたけど、真治君の美しい瞳、じっと見ながら・・・言えたんですね。。。すごいですよね~・・・・それって。。。

真治君は、なにか、可哀想な病人を看取るような瞳で、じっと聞いてくれて、
最後に「これからも、時々、ブログに遊びにきてください」って私が言うと、
「いえ、あの・・・眠る前の楽しみなんです・・・・」と、仰せになったんですよね。。。
もう、舞い上がってしまって・・・・。なぜかこんなときに鼻水がつるっと。。。
でも、とっさに、謝らなくっちゃと。
「いろいろ失礼なことも書いちゃって、すいません。。。」と。
そしたら、真治君「そんなところが・・・・・」と。

もう、あの、時間オーバーする、いっちばんうざいファンになってしまってたと思うんですけど・・・。なんか、いろんな大人の部分が、すっとんじゃったんですよね。
なんかね。嬉しくって。私、中身だけ子供だから、もう、スキップしちゃって。
でも、ハットして、化粧室駆け込んだんですよ。
で、自分の顔を、確認した。
だって・・・・ツルっとしたのが、鼻水じゃなくって・・・もしかしたら、鼻血かと・・・。
もし、あの状態で、鼻血なんか出してたら、もう、すっごい間抜けじゃないですか!そのほうが面白いかもしれないけど。
真治君は、「へ~この人、ブログ書くんだ。。。そんなことやってるから鼻血でるんだよ」って、記憶に残っちゃったかもしれないって慌てたの。セーフ。鼻血じゃなかった(笑)
で、嬉しくって、くるくる回ってた。子供かよ。って、思っただろうな~。目撃した人。ごめんなさい。。。。

たぶん、真治君は、いろんなファンサイト、ちゃんと読んでくれていて・・・私のブログもその一つ。
でも、妄想しちゃうんですよ。真治君がお仕事から疲れて帰ってきて・・・でもって、お風呂入ってパジャマに着替えて・・・サックスでお気に入りの曲吹いたりした後、ウイスキーのハイボール片手に、オーちゃんを膝に抱いた状態で・・・・PCふっと立ち上げて・・・・そのスクリーンにこの青い画面があるって思ったら・・・・なんか、キューンとしてしまって。。。
そして、私の日記やみんなのコメントが・・・・真治君のベットタイムストーリの一つになっているのだとしたら・・・・もう、すっごくそれだけで、胸いっぱいになっちゃいますよね。。。

たまに酷い妄想読まされて・・・・悪夢みて、寝汗かかせちゃってるかもしれないけど・・・。
子供が喜ぶ、ベットタイムストーリーって、たまにオカルトも必要だよね。

だから、たま~に、恐ろしいのも混ぜながらも・・・私たちは、真治君への思いを、ネットに書き続けていこうって思うのでした。

|

« REBORN WITH RIBBON (2) | トップページ | 歌います。 »

コメント

長文のレポをありがとう。
「そんなところが・・・」を私も楽しみ、大好きです。これからも真治君、そしてこのブログの主reinさんを応援していきます。

投稿: アキ | 2010年11月10日 (水) 10時50分

ころがしさん、7日は大変お世話になりました(笑)

ホント夢のような時間でしたね
私はまだ現実に戻れません。
reinさんのレポ読んでまた感動してます。

真治くんの綺麗な瞳、この世のものではないかも・・と本気で思いはじめています。
あのたくましい腕にあった引っかき傷だけが現実に引き戻してくれますね。

握手してるときのreinさんホントかわいかったですよ
全部実況中継できるくらいですが、ここはreinさんのためにやめておきましょうね

当日お会いした皆様とても楽しかったです。
またご一緒させて下さいね。

投稿: ちー | 2010年11月10日 (水) 17時16分

端整な顔に 黒い大きい 吸い込まれそうな瞳 じーっと見つめて真剣に聞いてくれる真治君 強い手の力 腕と肩が こんな近くて いいの?みたいな…すっかり魔力かけられましたねそして あの日から 腑抜けです(笑)
94年頃からのファンですが知らない事も 多いしreinさんのブログは参考書のような物で 思ってる事 的確に表現してくれるバイブルのようでもあります(真治君も 読んでるんですもんねー)いろんなサプライズやときめきをくれる真治君のファンやってて良かった本当に幸せです

投稿: Mikko | 2010年11月10日 (水) 18時47分

まだ余韻の中で漂っています私。目の前に武田さんがホログラムのようにいてくれるカンジ…なんて影響力でしょう。 
楽しみにしていたRIBBONシリーズ、最終章ですね…なんか延々続いてほしい気持ちです。 
握手…いつも両手で優しく包んでくれるのに、感覚を覚えてないんですよね舞い上がってるんでしょうね今度機会があれば、しっかり武田さんがくれる優しさを受けとめるだけの冷静さがほしいものです。 
やはり皆様、瞳のキラキラに驚かれていましたね。ホントにどうしたらあんな真っ直ぐな澄んだままの瞳でいられるのか…武田さんの感性がそのままのようで、裏表のないその場その場で、できるかぎりの自分でいるからなんでしょうねぇ。見習いたいです。 
もう日常の生活にもどっていますが、もうしばらくは浸らせてもらおっかな

投稿: レイ | 2010年11月10日 (水) 20時28分

reinさん、まず「秘密警察がきた…」というのを読んで、「山内圭哉さんが坊主頭でちっちゃくなって座っているところ」を思い出しましたちがいますよね。「レコードが散乱している」方ですよね。スミマセン。
今日はreinさんのを読みながら笑ったりじ〜んときたり
二の腕すごかったですね。私は間近で見た右腕の肩から肘にかけての血管の美しさにドキドキしました。

ディナーショーではリボンということで自分のキャラにない姿になりました。reinさん、また今度お話してください。

投稿: いちはな | 2010年11月10日 (水) 21時13分

えっと・・・あまりのレポのすごさ、嬉しさ、あったかさに、どうお礼を言っていいものやら、上手く言葉にならないので・・・とにかく本当にどうもありがとう。
深く感謝しています。
きらきらの思い出、最高の一夜、そして掌で優しく包み込んでもらいながらの嬉しいお言葉、本当に良かったですね。

投稿: 睦月 | 2010年11月10日 (水) 21時45分

たっぷりのレポ・・・
余韻に浸りながら読ませていただきました♪
ありがとうございます

わたし、職場から駅までの15分、電車に乗っての15分がいろんなこと思い浮かべたり、考えたり…、つまり妄想タイムで。
きょうは、ディナーショーの終わりの方でたしか、この後何年たっても、みんなより少しキラキラしてるボクをお届けします!みたいなこと、言ってくれてたな…ということ、思い出しました。
こっちの年齢とか容姿とか関係なく、同じ思いで集まった私たちを同じに大切に思ってくれている!なんて心が広くて、温かいんだろう…と。。。
握手会では、「エリザベート、また、お願いしたいです♪」と、言っちゃいました。もし…実現の折りは、ころがしreinさんの、「ラストシーンは最後のダンスで」に、一票です。

今回は、真治☆くんファンの方々とも、いろいろお話でき、とても思い出深い一日になりました。ありがとうございました。

ディナーショーに行くことは、家族にも公言してましたが、こんなふうに書き込みしてることは、未だに秘密です
バレてるかもしれないけれど。。。

投稿: M子 | 2010年11月10日 (水) 23時32分

初めてお邪魔します。真治君に夢中になってからreinさんのブログの凄いとしか言いようのない文章力と観察力に感心しながら、ずーっと読ませて頂き楽しんでいましが、レポの詳細さに思わず吸い込まれるように書き込みしたくなってしまいました。
熱いファンになってからここ何年かですが、今回のディナーショーではあんなに近くで会えて握手してお話も出来たのに、何故かその時の状況が舞い上がっていたようで良く思い出せずいるのです。只、未だにボーット!!夢の中で、レポ何度も読ませて頂いては思い出して一人で、にやにやしたりして、とても嬉しい気分でいられるのです。真治君の魅力に捕り付かれた一人としてreinさんに感謝です。

投稿: rollins | 2010年11月10日 (水) 23時44分

詳しく感動的なレポありがとうございます
私は残念ながら留守組でしたがレポ読みながらドキドキキャーの連発です。本当にありがとうございます。真治君と握手しなから声かけなんて~私なら何を言うか…ちゃんと言えるかなぁとあれこれと今更考えてドキドキしてます忙しい真治君ですから、難しいとは分かってますがSax持って関西にも来て欲しいですね
真治君の最後のコメントも嬉しかったですね後数年待ってて下さい!キラキラした真治君を見に遠くても逢いに行きます

投稿: ミニー | 2010年11月11日 (木) 07時37分

私も、レイさんやrollins さんのように、本当に握手してもらったんだろうか、現実じゃないんじゃないかとさえ思うほど記憶というか、感覚をはっきり覚えてないんです。自分で言った言葉は覚えているんだけど。
私だけじゃないんだ、とちょっと安心してしまいました。ごめんなさい。

だから、信じられないくらい詳しいころがしreinさんのレポに助けられています。感謝♡です。

投稿: 研修生 | 2010年11月11日 (木) 18時15分

詳しいレポ、大変有難うございました。
もう握手してもらう時のreinさんの様子が想像出来て、読んでるだけでドキドキしてきました。
毎回よく真治君の言った言葉とか覚えてるんだ〜っと関心というかびっくりしています。
今回は残念ながら行けませんでしたが、詳しいレポを読めて良かったです。

投稿: チャコ | 2010年11月12日 (金) 00時54分

ほんと、夢のような時間でした。
数日たっただけで、なんだか、私も、ちょっと夢だったような気がしています。
幻?なんでだろ~。何度近くに立ってみても、現実感伴わないんですよね~(笑)全部、妄想のような気さえ・・。この世のものではないような・・・あの深い湖のような瞳のせい?
みんな・・・魔法にかけられましたね。

お留守番組さんも・・・・
真治君って、いろんなところへ現れてくれるっていうか・・・。いつでも、会いにいくチャンス作ってくれる人ですよね。また、一緒に、会いにいきましょうね。私も・・・会いにいけない年月長かったんで・・・・電車男一回見たきり・・・ラブデスライブまで、ず~っと留守番してました。その間、ずっと、いろんな方のレポを支えに、真治君を応援していたので・・・・恩返しができたらな~って思ってます。それぞれ、追いかけられない時期が、人生の中で必ず回ってくるかもしれないけど・・・みんなでリレーみたいに、レポし合っていたら・・・ずっと、真治君をみつめていられるかもしれないなって。。。ファンのお友達が、こうやってたくさん全国にいるのって、これから長い時間真治君を見つめていられるっていう安心感があるっていうか・・・・私も、みなさんを頼りにしていますね。。。。

rollinsさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
読んでくださって、嬉しいです。
rollinsさんの真治君への思い、感想、そして妄想も(たぶん本人オッケー取れたと思うんで)・・・存分に語りに来てくださいね☆
よろしくお願いします。

投稿: rein | 2010年11月12日 (金) 00時59分

reinさん、ファンの皆様、感動溢れるレポありがとうございます
真治のサックスと歌とトークを、ファンの皆様と一緒に楽しめて嬉しかったです
真治が清志郎さんの『トランジスタラジオ』という曲への想いを話しながら、サックスを吹き、歌ってくれて嬉しいかったです
清志郎さんも、お喜びでしょう
曲への想いは、私が想像してた想いではなかったので、実際に真治本人に聞いてみないと分からないなぁと思いました
『友達でいいから』を聞き、真治と友達になりたいと思いました
私が真治と出会うきっかけとなった、めちゃモテのエンディングテーマ曲『恋をしようよ』を、心地良い音色で、真治がサックスを吹いてくれて嬉しかったわ
岡村さんが体調良好で復帰されて、めちゃイケを活気づけて頂ける事を願ってます
真治の体力や様々な時間の都合の中で、誠心誠意に一生懸命にディナーショーを楽しませてくれた事に感謝してます
真治、ありがとう。
もっと真治のサックスが楽しみたいな
来年こそは、大阪でもディナーショーを、前向きに企画して頂けると幸いです
真治、どうかな?

投稿: クローバー | 2010年11月12日 (金) 01時15分

reinさん
うわ〜最高ですよ
読んでて、いつも以上に笑い、泣かされるレポです

真治くんのベッドタイムストーリー…素敵な映像思い浮かべて、微笑んじゃいました
私もこのブログは眠る前のお楽しみ
お布団に入ってケータイを開け、ファンクラブ会報のインシテミル、ショット3の岩井の扮装なのに天使の微笑みの真治くんに出迎えてもらい(待受画面のことです)、reinさんやみなさんと真治くん話をしに来るって感じです

握手会のくだり…読んでて笑ってしまいました
真治くんが可哀想な人を看とるような表情だったってところ共感してしまって

私も自分のとき、真治くんが真剣に心配そうに見つめてくれたので…きっと並んでる間のドキドキMAXな姿に「この人大丈夫かな?」って思ったんだろうなって
その瞳だけで時が止まって、後は本当に握手したのか、しゃべったのか、幻のようです…

話が前後してしまいますが、ディナーショー本編、真治くん一段と歌が上手になっていましたね

『This is the Moment』のラスト、朗々と歌い上げた後にブレスなしでさらにオクターブ高い音で伸ばしたときはびっくりしました
歌い終わった後、「うまくいった〜」ってガッツポーズだったかな?してたけど、本当に素晴らしかった
「これから歌っていきたい曲なんだ」発言も頼もしく楽しみ

そして『最後のダンス』も。
舞台下手の客席に降りるための階段にふっと腰掛けて歌い出すと、一瞬でエリザベートの舞台がよみがえりました
ラストの「勝・つ・の・は、お〜れ〜〜さ〜あ」も、今までは、あは裏声で、それはそれでカッコよかったですが、今回は地声のままオクターブ上げてましたよね
出だしの魅惑的な…まさに悪魔の囁きから…帝王の貫禄が轟く勝利宣言まで…緩急自在な表現力
あ〜カッコいい

真治くんが清志郎さんに新曲でないトランジスタラジオを聴いてるって言いにくかったように、私も真治くんは、過去ばかり話題にされるより、次回作に注目される方が嬉しいのかな、と考えることがあります。
でも、やっぱり真治くんのトート閣下に逢いたい
いつかまたこの世に現れてくださいね

いや〜毎度、長くなってすみません
眠る前のお楽しみのはずが、夜が明けてしまいそう

投稿: masami | 2010年11月12日 (金) 03時32分

私も、夜眠る前に、みんなのコメント読むのが、習慣で・・・。なんか、心キラキラになって、眠れなくなっちゃいますね。同じ時間にS様が来てたらいいのにな~なんて、思ってしまいます。。。

レポ、かなり書き直しました。
また、読んでくださると嬉しいです。

投稿: rein | 2010年11月12日 (金) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« REBORN WITH RIBBON (2) | トップページ | 歌います。 »